fbpx

サイト購入の注意点とは?成功のために知っておくべきコツを大公開

サイト購入注意点イメージ

「サイト購入を検討しているけれどなんとなく不安だなぁ」と、考えたことはありませんか?

「騙されたり詐欺にあったりすることってないの?」と心配の方もいるでしょう。

たしかに公になっていないだけで、詐欺まがいのサイト売買取引は実際に行われていると思います。

悲しいことですが私たちサイトマにも、「こんなことがあって…」と、どう聞いてもフェアじゃない取引をしてしまった方から相談をいただくことがあります。

そこで今回は、サイトを購入する際に、ぜひとも知っておきたい注意点について解説していきます。

私たちプロの仲介業者は怪しい人は排除しているので安心して取引ができますが、特に個人で直接購入される場合は十分に気をつけてください。

参考情報として、サイト購入でよくある詐欺被害もいくつか紹介するので、合わせて読んでいただければと思います。

この記事があなたのサイト売買に少しでもお役に立てれば幸いです。

サイトを購入する際の注意点

サイト購入注意点イメージ2

サイト購入はいくつかのステップを踏みますが、すごく大まかに説明すると
[1]売却されているサイトから欲しいサイトを決める
[2]売り手と売買契約に合意する
[3]サーバーとドメインを買い手に移転する
という流れで完了となります。

それぞれの工程がどんなものなのか、もう少し詳しく知りたい方は下記記事を参考にしてください。

【関連記事】サイト売買でブログを購入する方法!3億円以上を対面で仲介したプロが教えます

本記事では、そのうち特に初心者の方に気をつけておいて欲しいポイントについて述べます。

それは、
・「サイトの情報を正確に入手してどんなサイトかを熟知すること」

・「契約が決まれば、信頼できるプロの業者に移転をお願いすること」
の二点です。

それぞれ詳しく解説します。

1.サイトの情報を正確に入手する

サイト売買はビジネスの譲渡という側面があるため、数値データは非常に重要な意味を持ちます。

「なんとなくこういうサイトが欲しい」というざっくりしたイメージでは失敗する可能性があるため、冷静に見極める判断力を持っておきましょう。

ここでは中でも大きな要素を占める、収益データ及びアクセスデータの分析についてご紹介します。

(1)収益が出ているか、収益が出る見込みがあるか分析する

アフィリエイトサイト、ECサイト、Amazonセラーアカウントに至るまで、あらゆるサイトにおいて「どれくらい稼げるか?」はそのサイトの最大の特徴となります。

ここで重要なのが、「売上金額」ではなく「収益(営業利益)」に着目するべきという点です。

例えば、同じ「2021年3月に50万円を売り上げたアフィリエイトサイト」でも、

・サイトA:リスティング広告を積極的に運営し、広告宣伝費として20万円を計上した。また、新たに専属ライターを雇い月に10万円の人件費が必要。
・サイトB:サイトへの流入は自社で運営するSNSと、コンテンツSEOで対策。記事作成はフォーマットを作ることで仕組み化し、月に90時間の作業時間で運営。

という二つのサイトがあればどうでしょうか?

月当たりの営業利益を比較すると、
・サイトA:売上50万円-販管費(20万円+10万円)=20万円
・サイトB:売上50万円-販管費9万円=41万円
※自分で更新している場合、時給1,000円にて算出。
となります。

一般的にはドメイン費やサーバー費も必要になることが多いです。
ここでは省略しますが、営業利益では21万円の差がでています。

これだけを見ると、明らかにサイトBが魅力的に映りますよね。

ですが、さらに下記のような条件がついた場合どうでしょうか?

・サイトA:専属ライターが書く記事の品質が高く、収益が前月比2倍のペースで伸び続けている。専属ライターも譲渡対象となる。
・サイトB:多少の波はあるが売上は変わらず、長年安定した利益を上げ続けている。

この場合、「どんなサイトが欲しいのか?」によって、どちらが魅力的であるか変わってきますよね。

あなたが自身は運営する時間がないけれど、豊富な資金を活かして売上を伸ばしていきたいのであればサイトAを購入するかもしれません。

一方、起業したばかりで安定した収益が欲しく、時間があるので自分で更新してサイトを育てたいのであればサイトBを購入しそうですよね。

このように、そのサイトがどんな収益を獲得しているか、またこの先の収益がどうなりそうかを分析することが重要となります。

ECサイトやAmazonセラーアカウントの場合は、仕入れ金額、プラットフォームへの手数料、荷造運賃発送費などにも必ず目を向ける必要があります。

売上を多く獲得できているサイトはそれはそれで素晴らしいことです。

ですが、繰り返しになりますが重要なのは収益であるという点を知ってきましょう。

くれぐれも「売上が高ければ高いほどいいサイトだ!」という短絡的な考えにならないように気をつけてください。

(2)アクセス解析データを分析する

収益と同じく、アナリティクスによるアクセス解析データも大きな意味を持っています。

どれだけの数の人が閲覧し、それがどんな属性の人だったかという情報で、「どういったサイトなのか」が明確になるからです。

仮に、先ほど例で上げた月50万円を売り上げた2サイトが、

・サイトA:月間UU数 20,000
・サイトB:月間UU数 10,000

というアクセスデータを持っていたとするとどうでしょうか。

同じ売上を持つサイトでも、サイトAはSEOに強く、かなりの月間ユニークユーザーを獲得しています。

いわゆるバズる記事を作るのが得意なサイトなのかもしれません。

一方で、サイトBはUU数が少ないものの、同じ月50万円を獲得しているので、サイトAよりコンバージョン率が2倍ほど高いことが見て取れます。

もしかすると、サイトBはニッチなジャンル内の圧倒的なNo.1としての地位を確立しており、固定ファンがついているのかもしれません。

同じような理屈で、年齢や性別などのユーザー層も合わせて細かく見ていくことで、サイトの特徴が明確になることがお分かりいただけると思います。

また、過去に突発的に大きなアクセス数の下落があった場合などは、何かしらのペナルティーが発生した可能性も考えられます。

「購入してからそのサイトによくない経歴があることが判明した」とならないように、過去からの流れを観察しておくといいでしょう。

2.サイトの移転は業者にお願いする

サイトの情報を分析し、価格交渉も終わって売買契約が成立したら、次は、「サーバーとドメインの移転」というステップが待っています。

サイト売買の契約を締結したらそれで終わりではありません。

サイトは売り手の元にデータがあるので、買い手側に移転する必要があるのです。

無事にサーバーとドメインの移転が無事に成功した段階で、サイト売買は完了となります。

大まかな流れをざっと紹介すると、
[1]サーバーとドメインの移転先を決める
[2]データのバックアップを取っておく
[3]責任の所在を決めておく
[4]サーバーとドメインを移転する
[5]データが移転できているか確認する
となります。

【関連記事】サイト売買後のサーバー移転のやり方と注意点!安全に引き継ぐ方法!

しかしこの「サーバーとドメインの移転」という工程は、経験や知識がなければスムーズに完了するのが難しく、トラブルが発生しやすい場面の一つです。

もし万が一大きなトラブルになるとサイトを買収できなくなる上に、売り手にも被害が及んでしまう可能性もあります。

それどころか、何らかのミスでデータが紛失してしまったり、機密情報が漏れたりすると、訴訟問題にも発展しかねません。

せっかく出会ってサイト売買に合意できた相手なのに、泥沼の争いになってしまうのは避けたいですよね。

ですが、移管手続きが長引いてしまった場合など、「このサイトは、現在どちらの資産でもない」という状態が出てくる可能性があります。

こういった状態になるとお互い落ち着かず、ちょっとしたことで腹を立ててしまうこともありますし、感情的になってしまいやすいものです。

よって、サイト移転をスマートに完了させるためには、しっかりとサポート体制の整ったプロの仲介業者に依頼するようにしましょう。

サイトマでは、サーバーやドメインの移転のプロと提携していますので、安全にサイトを移転できます。

また、提携先がサイト保険に加入しておりますので、万が一情報流出やサーバー移転の失敗などのトラブルが発生した場合でも、それに伴って生じた損害を補償いたします。

さらに、他社様で売買成立後、部分的に作業を代行したい場合のプランにも対応しています。

詳しくはこちらをご参照ください。

サイト購入でよくある詐欺被害

サイト購入詐欺イメージ

最後に、サイト購入で起こり得る詐欺案件の例をいくつか紹介していきます。

買収者は、当然ながらお金を支払う立場です。

ですから「詐欺師にお金を奪われる」というわかりやすい被害に遭いやすく、購入を考えている方は十分に注意をしておく必要があるでしょう。

下に挙げる例にあてはまるのは全て詐欺だ、ということではありませんが、同じようなシーンに出会した際には気をつけておくに越したことはありません。

「サイト購入をしてみたいけど、騙されたりしないか不安…」という方はぜひチェックしておいてください。

事例1.「サイト売買案件に問い合わせたら、売主に新規サイト制作を売りつけられた」

Aさんは、とあるサイト売買の仲介サイトに掲載されている案件に興味を持ち、直接売主に問い合わせをしました。

すぐにメールで返信がありましたが、「申し訳ありません。掲載したサイトはすでに売却済です」との内容でした。

Aさんはがっかりしましたが、そのメールには続きがありました。

「もしご興味あれば、似たようなサイトはすぐに作れますので制作しましょうか?」と、記載があったようです。

Aさんは悩みましたが、どうしてもチャレンジしたい気持ちがあり依頼してしまったようです。

しかし、納品されたサイトはひどいものでモチベーションも上がらず、最終的には軌道に乗せることなく継続を断念しました。

つまりこの売主(?)は、おそらく確信犯でサイト売買に案件として掲載し、サイト制作の集客に利用していたのでしょう。

本来「既に完成しているサイト購入」のために用意したはずの資金数百万円が、全て無駄になってしまったという事例です。

事例2.「不正な手段で検索順位を上昇させているサイトを売りつけられた」

Bさんは、アフィリエイトサイトビジネスへの新規参入を検討しており、手取り早くサイトを買収する手段を思いつきました。

そして、とある仲介業者に問い合わせをしたところ、バックリンクを大量につけて稼いでいる所謂ブラックハットサイトをオススメされたようです。

Bさんは、「よくわからないけれど、勧められているしこういうサイトがいいのかな?」と思っていました。

しかし、やりとりを進めていくなかで、仲介業者がだんだん強気に売りつけてきたようです。

アフィリエイトやSEOに関する知識を全く持っていなかったBさんは、言われるがままにそのサイトを購入をしてしまったようです。

結果、売り手からのサポートはないどころかろくに連絡も取れないまま、サイトは放置されることとなりました。

「早くサイト購入したい」という気持ちが強すぎるあまり焦ってしまい、情報収集がなされないまま購入してしまったというケースです。

この例においては、あくまで売り手と買い手を繋ぐ役割のはずの仲介業者が、強い姿勢で売りつけている時点で完全にアウトになります。

仲介業者がサイトの良いところをアピールするのは当然だと思いますが、必要以上に売り込もうとしてきた場合は疑った方がいいかもしれません。

また、相互リンク集や自演リンクなどのブラックハットSEOという手法には賛否両論あり、確かに被リンク数はSEOにおける重要な指標の一つです。

しかし、Googleによるペナルティは随時強化されているために非常にリスクの高い手法といえるでしょう。

不正とみなされる手法をとっているサイトの購入も、気をつけた方がいいと思います。

サイト購入で詐欺に合わないための対策は?

上記のような例を見たとき、「まさか、そんなことあるの?これなら騙されないでしょ」と思うかもしれませんが、焦っているときほどこういった事をやってしまうものです。

具体的に言えば、

・決算が近いので早く買収したい

・本業の売上が下がってきており、すぐに買収して業績回復したい

・1日でも早く起業したいので、すぐに買収したい

といったシュチュエーションになっている時に、詐欺にひっかかりやすいです。

上記の二例において共通しているのは、情報収集が十分じゃない段階で判断し、数字だけみて、説得されて、その気になって購入してしまっているということですよね。

そのため、詐欺にひっかからにようにするには、とにかく「自分はどんなサイト購入がしたいのかを明確にしておくこと」です。

もう少し細かく、「□□という条件を満たす、〇〇ジャンルのサイトを〜〜円で購入する」ということまで決めておくといいでしょう。

その上で購入しようとしているサイトが条件に適しているのか、情報を正確に見極めることが必須です。

「なんとなく儲かりそうだし、サイトが欲しい」という中途半端な気持ちで情報収集を行わないと、意図しない結果になってしまう危険性があります。

また、仲介業者や売り手が押し売りしてきた場合は、必ず見送ってください。

私たちサイトマはあくまで仲介の立場として、売り手と買い手の中立的な立場で業務を進めています。

仮に、買い手側に押し売りしてしまった場合、購入後の責任は買い手に帰属するため、そのような無責任なことはできません。

自社の利益だけを考えていると感じる仲介業者とは、きっぱりと関係を切りましょう。

まとめ:サイト購入には慎重な情報収集と信頼できる仲介業者選びが重要!

いかがでしたか?

サイトを購入する際の注意点と、気をつけておくべきポイントについて紹介してきました。

サイト購入はあなたのビジネスを加速させたり、大きな収益を得られたりする可能性が秘めています。

一方で、数十万円、数百万円という多額の資金が動くため、信頼できる売り手と仲介業者を見つけることが重要です。

まずはサイト売買がどういうものかということについては、弊社創業者が執筆したサイト売買に関する書籍がありますので、まずはそちらを参考にされても良いでしょう。

初めてサイト売買を検討している初心者向けの内容になっています。

売り手目線が養えるため、参考になるかもしれません。

ぜひ一度手に取ってみてください!

超入門! サイトM&A1年目の教科書 -売却編- あなたのサイトが高く売れる!サイト売買、サイト売却の基本が60分で学べる一冊!

もう少し具体的にサイト購入を検討したい方は、以下のバナーより気軽にお問い合わせください。

サイトマでは、創業者がサイト売買で失敗した辛い経験も踏まえて、サイト購入をされたい方のサポートをしております。

一人でも多くの方が「サイト購入をしてよかった」と思って頂けるように支援させて頂いております。

もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。

ご覧いただきまして、ありがとうございました。

  • サイトを売りたい方。30秒でおわる無料査定実施中!
  • サイトを買いたい方。無料メルマガで、非公開案件配信中!
  • 今すぐ新着サイトをチェックする。質の良い案件を豊富にご用意!
  • オンラインでも実施中!無料個別相談会。サイト売買で失敗しないための個別相談。

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

通話料無料
携帯・PHS OK

受付時間/9:00~18:00 年中無休
(GW一部期間・お盆期間・年末年始を除く)

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム