fbpx

eBayアカウントは売買可能?eBayアカウント譲渡の際の注意点

eBayアカウント売買イメージ

「eBayで越境ECを立ち上げたい」

「eBayアカウントを育てていつか売却したい」

この記事をご覧の皆様は、上記のような考えをもっているかもしれません。

「eBayアカウントって聞いたことあるけれど、他社に譲渡できるの?」と疑問の方もいるでしょう。

ここでは、eBayのアカウント譲渡や売買について、メリット・デメリットを踏まえつつ解説していきたいと思います。

あなたのサイト売買の参考になりましたら幸いです。

eBayとは

eBayとは?

「そもそもeBayって何?」「どんなことができるの?」という方もいるかと思います。

そこで、eBayとはどんなサイトなのかについて、簡単におさらいします。

eBayとは、アメリカで1995年に生まれたECモール・ネットオークションサイトです。

日本ではあまり馴染みがない方も多いですが、世界でも最大級の取引高を誇っており、現在は年間9.3兆円もの取引規模を有しています。

eBayは多言語・多通貨対応しており、国外への販売、いわゆる越境ECに適しているという点が特徴です。

2022年現時点で190か国以上のユーザーにアプローチできることから、その圧倒的な市場規模が最大の魅力となっています。

ちなみに、日本でよく利用されるECモールであるAmazonや楽天市場は、一般的には”個人がショップから購入する”BtoCマーケットです。

一方eBayは、上記の通りオークションサイトとしての側面もあるため、CtoCのマーケットがメインであるとも言われています。
(もちろん企業・法人アカウントショップが販売しているケースも数多くあるため、BtoCの取引も存在します。)

Amazonや楽天市場に慣れている日本人ユーザーにとっては、やや異色の存在と思えるのも当然かもしれないですね。

eBayアカウントは譲渡できるのか

eBayアカウント譲渡できるのかイメージ

eBayがどのようなECサイトであるかの概要はイメージできましたでしょうか。

続きまして「eBayもAmazonと同じように譲渡できるの?」という疑問についてお答えしていきます。

結論から申し上げて、条件付きではありますが、eBayのアカウントは第三者への売買・譲渡が可能です。

当社でも過去に複数のeBayアカウント譲渡を仲介してきた実績があります。

一方、eBayの公式サイトには、下記の通り記載があります。

In the interests of protecting our buyers and sellers, and maintaining a safe marketplace, you can’t sell your eBay account or change its ownership.

出展:https://www.ebay.com/help/selling/selling/selling-ebay-account?id=4134

直訳すると、購入者と販売者を保護し、安全な市場を維持するために、eBayアカウントを販売したり、所有権を変更したりすることはできません。となります。

一見矛盾しているようですが、過去当社取り扱い案件の売主様は、eBayの担当者と連絡を取り合いながらアカウント売買を進められておりました。

よって、過去の売主様や当社が無許可で勝手に譲渡取引を進めたというわけではありません。

当社で取り扱った案件以外にも、「eBayサポートから正式な譲渡許可を得た」という情報がいくつか散見されています。

以上のことをまとめると、「eBay公式サポートに問い合わせを行い、許可されたアカウントのみ売買・譲渡OK」となります。

現在ではこの譲渡を許可される条件というものは明確になっていませんが、ショップ・売上の規模に応じて判断されている可能性もあります。

つまり、今もしeBayアカウントを運営されており、売却を検討しているのであれば、まずはeBayに確認をとってみましょう。

上記の通り、原則は禁止されているとの規定がありますので、くれぐれも自己判断で進めるのは控えるべきです。

eBayに確認せず売買・譲渡を進められた場合の損害等、当社では一切の責任を負いかねます。予めご了承ください。

eBayアカウントの譲渡や売却について

eBayアカウント譲渡や売却イメージ

前項にてお伝えした通り、eBayサポートや担当者から譲渡の許可を得られた場合、初めて売却を進めることができます。

なお、先ほどの紹介した公式サイトの見解のページのTip欄はご確認いただきましたでしょうか?

改めてこちらにも転載しておくと、下記の表記があります。

Tip
If someone offers to buy your eBay account, report it to us as soon as possible.

「もし誰かからあなたのアカウントを買いたいという連絡があれば、可能な限り早く報告してください」とのことです。

よって、あなたのアカウントに誰かから連絡が来て受動的に売却を進めたとしても、それは非常に危険な行為となります。

また裏を返せば、「eBayアカウントを買収したい!」と考えている方も、個別にアカウント運営者に対してオファーしてはいけません。

つまりeBayアカウントを売却・買収したいという方は、当社のような仲介業者を利用するのが最も安全となります。

当社では過去に案件掲載を行なったeBayアカウントは、全て売却が実現しています。

うち一つは1ヶ月弱程のスピードで譲渡が行われたことからも、一定の注目はある案件だと思われます。

売却を進めたい方は当社の無料査定まで、買収したい方は是非とも無料メルマガに登録し、案件を見逃さないようご注意ください。

eBayアカウント譲渡のメリットとデメリット

続いて、eBayアカウントを譲渡することによって、どのような効果・影響が考えられるかについて考えてみましょう。

eBayアカウントを譲渡することのメリット

eBayアカウント譲渡メリットイメージ

越境ECに強く、世界を股にかけた大きな市場にアプローチできるのがeBayの大きな魅力の一つです。

ですが、新規に立ち上げたeBayアカウントは、すぐにその強みを100%活用できるわけではありません。

なぜなら、新規作成アカウントには、様々な出品制限がかけられているからです。

具体的にいくつかのポイントをお伝えすると、新規アカウントは10アイテム・500USDまでしか出品することができません。

また、カテゴリ制限というものも存在しており、出品不可となっているものの一例は下記のとおりです。
(あくまで一部であり、下記以外にも禁止されているカテゴリがあります。)
・本
・カメラ
・家電・コンピューター関連
・CD
・ジュエリー
・TVゲームなどなど

これらは、eBayアカウントを運営し続け、販売実績を積み重ねることで解除が可能となります。

譲渡を許可された(実績が十分ある)eBayアカウントは、すでにこれらの制限が解除された状態です。

つまり、新規作成アカウントと比較して大幅に有利な状況で運営をスタートできます。

このようなeBayアカウントはかなりの価値があるため、当然ながら売主は多額の売却資金を獲得可能です。

一方、買主としても素晴らしい環境でECビジネスを開始できます。

この強力なwin-winの関係を構築できることが、eBayアカウント譲渡の最大のメリットと言えるでしょう。

eBayアカウントを譲渡することのデメリット

eBayアカウント譲渡デメリットイメージ

対して明確にデメリットと呼べるものは存在しません。

強いて挙げるのであれば、大規模なアカウントになればなるほど、仕入れ額も大きくなるリスクがあることでしょうか。

eBayだけに限った話ではありませんが、買収資金以外に全く資金がないケースでは、うまくビジネスを回せなくなる可能性が考えられなくはないです。

ですが、詳しくは後述しますが、アカウント譲渡の際に一定の商品在庫が付属することも珍しくありません。

他の方法としては、受注してから商品を仕入れる「無在庫運営」に切り替えるなどの工夫を行うことで、いくらでもこのリスクは下げられます。

また、一定期間特定のカテゴリを販売していないと、自動的に出品制限がかかるというリスクもあるようです。

この点については都度eBayに対して解除リクエストを出すことで、すぐに解除できるようです。

こまめに情報を確認しながら運営していけば、そこまで心配する必要はないでしょう。

eBayアカウントの売買相場

eBayアカウント相場イメージ

他のサイト・アカウントと同じく、eBayアカウントの譲渡は非常に大きなメリットがあることはご理解いただけたかと思います。

「どのくらいの売上を上げていたらどのくらいで売れるの?」と気になる方も多いでしょう。

サイトM&Aの業界では、下記の算出式を用いて、譲渡価格の参考にすることが一般的です。

売却金額計算式
直近半年の月間営業利益平均×20〜36か月=譲渡金額(2022年1月現在)

ですが、特にECサイト・ECアカウントの譲渡価格は上記の算出式では簡単に決め切れないのが実情です。

加えて近年はコロナ禍による影響もあり、当社で取り扱う案件の中でもECサイト・アカウントの人気が向上しています。

参考情報となりますが、昨年当社で取り扱ったAmazonアカウント案件を平均すると、48ヶ月分の営業利益が譲渡金額となっていました。

よってEC関連だけをピックアップすると、上記式で算出される数値より上乗せされる傾向があると考えられます。

一例として、過去に当社で仲介したあるeBayアカウントは、直近6ヶ月営業利益平均10万円/月の収益でした。

そのeBayアカウントは、最終的に690万円で譲渡が決定しています。

買主が、上記式で算出される数値よりも大幅に高い価値を見出していた証拠です。

この上乗せが実現できた要因としては、下記のようなPRポイントがあったことが影響しました。

・10年近い運営歴と豊富な実績から、販売可能上限が約9,000万円と素晴らしい環境を構築されていた。
・eBayからの評価も非常に高く、トップレイテッドセラーの認定を受けていた。
・限られた運営者しか受けられない、eBayジャパン担当者のサポートが受けられる状態だった。
・別途EC関連ビジネスのコンサル事業を手がける売主様による、6ヶ月間のサポート期間が付属していた。
・商品在庫100万円分が付属していた。

このように、ECサイトは特に商品在庫やショップの信頼性・ブランドといった要素が、譲渡されるショップの価値に乗ります。

算出した数値よりも実際の譲渡価格も大きく上下するというのが、全く珍しいことではありません。

そのため、やはり一概に相場価格を出すことは難しく、案件ごとの都度確認が必要となってくるでしょう。

もしこれをご覧になっている方でeBayアカウントを売却したいという方がいらっしゃれば、お気軽にお問合せください。

eBayアカウント譲渡案件を成立させてきた当社スタッフが、無料にてあなたのアカウントを査定させていただきます。

eBayアカウントを譲渡する前にしておきたいこと

eBay譲渡前にやることイメージ

前項をお読みいただいた方ならお分かりかと思いますが、eBayアカウントは他のECサイトと同じく、様々な工夫をすることで価値を高めることができます。

eBayアカウントを譲渡する前にするべき事は、色んな角度から色んな考え方ができますが、代表的なポイントとしては下記点が挙げられるでしょうか。

・買主がすぐに運営を始められるよう、売れ筋商品在庫を確保しておく
・EC初心者でもスムーズに運営できるよう、運営マニュアルや売却後サポート内容を検討しておく
・無在庫運営、仕入れ先の探し方などの運営ノウハウを蓄積し、ビジネスとしての価値を高めておく
・アカウントの信頼性を維持するため、顧客レビューや運営ルール違反ペナルティなどに特に気を配る

WEBサイトを長く運営されている方や、サイトM&Aを経験されたことがある方にとっては、非常に理解しやすい内容かもしれません。

というのも、上記の項目はeBayに限ったことではなく、売れやすいサイト、売れやすいショップアカウントに共通していることです。

買主は、前運営者と同じように運営できるか(収益を維持できるか)を最も気にしているはずです。

もしeBayアカウントを譲渡したい方は、この着眼点を持って運営しておくと効果的だと思います。

eBayアカウントの買い手が見つかった後の流れ

eBayアカウント譲渡の流れイメージ

無事売主と買主が面談後、譲渡条件について合意が見つかった後は、一般的なサイト・アカウントと同じく当社にて契約書を作成いたします。

その後、Amazonなどであれば当社が譲渡手続き司会進行を行いながら、当事者間で行なっていただきます。

ですが、繰り返し述べてきたとおり、eBayアカウントはeBayの了承を得つつ、進行することになります。

ですので、まずはeBay担当者にてお伺いの上、譲渡タイミング等もある程度売主が主導していくのがスムーズです。

作業自体はクレジットカード情報や名義・連絡先変更などで、そこまで大量のものがあるわけではありません。

双方ネット環境を用意し、画面共有を行いながら進めていくといいでしょう。

まとめ:eBayアカウントは譲渡可能。ただし条件があるので確認は必須

eBayとはどんなサイトか、またアカウント譲渡は可能であるのかなど詳しく解説してきました。

まだ日本では馴染みがありませんが、越境ECとしての規模は最大級のものとなります。

日本製のアイテムは世界中で依然として人気があるので、うまく運営出来れば大きな成果が得られるかもしれません。

すでに実績があるアカウントを買収して運営できれば、より一層スピードを持って成長していけるでしょう。

売主としては、売却を検討される場合はまずは必ずeBayに確認をとってから売却を進めるようにしてください。

もし自分のアカウントの価値を知りたい場合は、当社へお気軽にお問合せください。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

エベレディア株式会社 代表取締役会長 中島優太

日本唯一の「サイトM&Aアドバイザー®」
エベレディア株式会社 代表取締役会長

中島優太

著書に「超入門! サイトM&A1年目の教科書 -売却編-」。サイトM&A業界の不親切に疑問を持ち、2016年5月に親切丁寧に売買仲介する「サイトマ」を創業。取引累計額10億円以上、300件以上を直接対面で仲介(2021年12月時点)。NHKクローズアップ現代プラスに専門家としてコメント。2019年アメリカはシリコンバレーにて講演。新聞、ラジオ、ビジネス雑誌に多数掲載。

詳しくはこちら

  • サイトを売りたい方。30秒でおわる無料査定実施中!
  • サイトを買いたい方。無料メルマガで、非公開案件配信中!
  • 今すぐ新着サイトをチェックする。質の良い案件を豊富にご用意!
  • オンラインでも実施中!無料個別相談会。サイト売買で失敗しないための個別相談。

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

通話料無料
携帯・PHS OK

受付時間/9:00~18:00 年中無休
(GW一部期間・お盆期間・年末年始を除く)

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム