日本唯一の「サイト売買コンサルタント®️」によるサイトM&Aの成功法則

サイトM&A仲介業を営むプロが業界の正しい情報や裏側を公開していきます

購入する前に!サイト売買の失敗やトラブルを0にする方法【買収編】

購入する前に!サイト売買の失敗やトラブルを0にする方法【買収編】

「サイトの買収に興味があるけど、失敗しないだろうか…」と不安に思っていませんか?

実際、サイト買収に興味があっても経験が浅いと、恐怖を感じてしまい、「なかなか一歩を踏み出せない」という場合もあります。

そこで今回は、サイト売買のプロの立場からサイト売買における買収の失敗事例をご紹介します。

実際、私(サイトマ 創業者の中島)はサラリーマンの時に、とある渋谷にあったベンチャー企業からサイトを購入しました。しかし、あまりの確認不足のために失敗してしまいました。

せっかくこのページにお越しいただいたあなたには、このような失敗をして欲しくはありません。

もしかしたら、サイトを買収するときに重大なことを確認し忘れているかもしれません。失敗事例を事前に知っておくことで、リスクを回避できます。

ぜひ、サイト売買を成功させるために、参考にしていただければ幸いです。

なお、サイト売買の相場は、以下の記事でも解説しています。「サイト売買の相場を先に知りたい」という方は、こちらの記事を活用されてください。

【関連記事】サイト売買の相場は?売却と買収の際、気をつけたい4つのこと

【関連記事】ネットショップの売却のコツ-相場や期間やサイト売買の理由までを紹介!

サイト売買において買収失敗のポイントは2つある

サイト買収失敗のポイントは大きく分けて2つあります。それは、「買収に起こる失敗」と「買収に起こる失敗」です。

買収の前後、つまり譲渡が決定した瞬間を境に、状況は180度変わります。

よく、「M&Aは結婚に似ている」という名言がありますが、まさにそのとおりなのです。結婚前後で状況が変わるのと同じく、サイト売買も譲渡前後で状況がガラッと変わります。

サイト売買が結婚に似ている理由は以下の記事で解説しています。

【関連記事】サイト売買は、恋愛や結婚と似ている!
次の章からはいよいよサイトのサイト売買に関する失敗をお伝えしてきます。

サイト売買でサイト買収前によくある失敗

サイト売買でサイト買収前によくある失敗

サイト売買でサイト買収前によくある失敗は主に以下のとおりです。

  • 1、サイトを買収したくてもサイトがそもそも買えない
  • 2、そのサイトは信頼できる?数字が正しいか確認していない
  • 3、使っている仲介サイトの担当者の経験が浅い
  • 4、契約書の中身を練り込んでいない
  • 5、売り手が信用できるか確認していない

それぞれ順番に説明してきます。サイト売買をする前に覚えておくのがおすすめです。

1、サイトを買収したくてもサイトがそもそも買えない

サイトを買収したくてもサイトがそもそも買えない

まず買収前の失敗としては、サイトがそもそも買えないということがあります。

これは、大きな失敗かと思います。

人気のサイトというのは、問い合わせが殺到し、買収できない確率が高いです。

当然ですが、サイトは一つしかありません。

例えば、スターバックスでコーヒーを買うのとは違います。サイト買収は一品ものだからです。

つまり、サイトを買収するためには、たくさんのライバルの中から選ばれなければならないのです。

ここがあまりわかっていない買収希望の方がいます。

「結局サイトが買えない…」となってしまいやすいです。解決策は、長くなるので、後の章で詳しく解説します。

なお、サイト売買の時の価格交渉のコツは、以下の記事でまとめていますので、ご参考にしてください。

【関連記事】サイト売買の交渉(買収)のコツや失敗しないための4つの価格交渉

2、そのサイトは信頼できる?数字が正しいか確認していない

そのサイトは信頼できる?数字が正しいか確認していない

そのサイトぼ数字が正しいか確認していない場合も失敗しやすいです。

今までにいろいろなサイトの仲介会社を使ってみたかもしれません。しかし、売り手から送られてくるデータはほとんどがテキストかメールだったと思います。

アクセス数や売上などのデータは本当に信頼性の高いものでしょうか?

「売主様は良い人そうだったから大丈夫でしょう」と、思っていると失敗の元です。

誰だって高く早く売りたいので、売却前はいい顔をします。

楽観的に構えるのではなく、まずは信頼性あるサイトのデータを売主様からもらうようにしてください。

ここが最低限のポイントです。

なぜなら、売り手から送られてくるテキストかメールでのデータは、入力ミスや水増しされている危険性は十分にあるからです。

理想は、次のような1年分のサイトのPL表をもらえると良いです。私たちが運営しているサイトマでは、売主様に提出して頂いております。

サイト売買で失敗しない5つの確認事項(ヒアリングシート)

サイトが特定されないように機密情報にはモザイクをかけていますが、実際に買主様に渡しているものです。

これだけあってようやく購入判断ができるというものです。

しかし、「PL表のデータが正しいとは限らないのではないか?」と思うかもしれません。

ご安心ください。さらに私たちは、売買成約後にこちらに入力していただいた全データのエビデンスを出してもらっています。

具体的には、「アナリティクスデータの共有」「売上の証明」「過去の運営で交わした契約書」など、です。

もらったデータが全て正しいことがわかるので、事実に基づいて契約書を作り込むことができます。

あなたはここまでデータをいただいていますか?

もしそうでないなら、早急に売主様からいただくようにしましょう。

3、使っている仲介サイトの担当者の経験が浅い

使っている仲介サイトの担当者の経験が浅い

「サイト売買の仲介サイトを利用しているから大丈夫」と思うかもしれません。

しかし、サイト売買の仲介サイトにも注意したい点が2つあります。

まず1つ目は、仲介サイトの担当者が「サイト売買が未経験」もしくは「プロとして活動できる50件以上の仲介」をしていない危険性があるということです。

仲介サイトによっては、新人に担当させてなんとかマニュアルを読みながら、お客様の質問をかわしているというサイトもあります。

実際、私が過去にサイトを購入した際、とある仲介サイトはそうでした。

「全然、質問に答えてくれない…頼れない…」と、思ったことがあります。

案の定、その担当者はすぐに変わってしまいました。クレームも多かったのでしょう。

次に注意したい点は、あなたが選択したプランです。

大きくわけて「直接プラン」「仲介プラン」というものがあります。

直接プランの場合、その名の通り、売主様と直接取引を進めていくことになります。

仲介サイトは場所を提供しているだけになりますので、具体的な相談に乗れないということがあります。

なぜなら、売り手にも買い手にも平等に接しつつ、取引に一切関与してはいけない立場になるからです。

こうなると、ちょっとした不安や疑問も解消できないという状況になります。

どうしても、不安やモヤモヤが晴れない場合、売主様と契約する前の段階であれば、すぐに取引を中止しましょう。

焦って買収してしまうとほとんどが後悔してしまいます。

ちなみに、私が買って失敗したサイトを例した、サイト購入を失敗しないための動画も公開しています。

私自身の実体験に基づいたセミナーになりますので、臨場感があります。

購入前にはぜひとも参考にして頂きたい動画です。

4、契約書の中身を練り込んでいない

契約書の中身を練り込んでいない

契約書の中身を練り込んでいないのも、サイト売買では、よくある失敗です。

売り手も買い手も平等になるような内容になっているでしょうか?

買い手が見落としがちな失敗は「競業禁止」に関することです。

競業禁止とは、簡単に言うと売り手に対して、「今回購入するサイトと同じようなものを作らないでください」、という約束する内容です。

売り手は売却したサイトの全てを知っている訳ですので、やろうと思えば同じようなサイトは作れてしまいます。

契約書にしっかりと記載していないと、売り手が明日からライバルになるリスクすらあります。

また、「今回購入するサイトと同じようなものを作りません」と表明はしていても、すでに同じようなサイトを運営している危険性があります。

「似たようなサイトであれば問題ない」という思考も買主様もいますので、ここは経営判断にはなります。

しかし、隠されているとなんとも怪しいと感じてしまうのが人間だと思います。

できれば、「競業禁止」事項には、「類似サイトも保有しておらず、保有してる場合には表明する」というような内容を入れておきましょう。

そもそもの大前提ですが、しっかりと弁護士や司法書士の力を借りて契約書を作るのが賢い選択です。

または、サイト売買に関して、しっかりとした契約書のノウハウを持っているサイト売買の仲介会社にアドバイスをもらいましょう。

売り手と買い手でつくった契約書は、ほとんどの場合、穴があります。

競業禁止だけでなく、要チェックすべきところはたくさんありますので、ぜひプロの力を借りてください。

【関連記事】【弁護士監修】サイト売買の契約書で失敗しやすい「競業避止義務」とは?

5、売り手が信用できるか確認していない

売り手が信用できるか確認していない

売り手が信用できるか確認していないと失敗のリスクがあります。

例えば、売り手が個人の場合、契約書に記載している名前は本当に実在する名前でしょうか?

これは売り手と直接やりとりをする直接プランでは、なかなか判明することができません。

しかし、仲介サイトの担当者がついて売買をする「仲介プラン」であれば、売主様と仲介サイトで契約書を交わしているためリスクヘッジにはなります。

仮に売り手にウソがあった場合、全てを見抜くことは難しいのですが、方法がない訳ではありません。

それは、直接会って話す、という方法です。

アナログではありますが、今でも効果的な手法ではあります。

遠方で難しいということもあれば、スカイプなどのビデオ通話で対応しましょう。

例えば、会社の売り買いですと、面と向かってじっくり話して半年も1年もかけて売買するなんていうことは当たり前です。

サイトという無形のものかつ、気軽な値段で売買できてしまうため、メールだけで済まそうとしようとすると失敗しやすくなります。

まずは、その売り手と会う、もしくはビデオ通話して話してみてください。

実は、売主様は全員が良い人というわけではありません。

例えば、サイト売買ができるサイトで気になる案件に問い合わせてみた。

すると、サイトそのものは売却済みで、同様のサイトを制作できるようなパッケージの販売を進められてしまうというケースもあります。

このように、自分のパッケージ販売が目的で、サイト売買で売りに出している人がいます。

たとえ、そのパッケージが良かったとしても、正規の業者から購入すべきです。

そういった人から買う必要もないと思います。

なお、サイト売買において、詐欺を回避するコツは以下の記事でまとめていますので、ご活用ください。

【関連記事】【実話あり】サイト売買の詐欺を回避して失敗を防ぐコツ〜買収編〜

サイト買収の成功確率を上げるポイント

この章では、サイト買収の成功確率を上げるポイントをお伝えします。

結論ですが、売主から選ばれるための行動を取る必要があります。

つまり、「この人にだったら譲渡してもいい」と、売主様に感じてもらうことです。

しかし、買収に慣れていない人は、売主に対して印象が悪い行動をとりがちです。

サイト売買で悩み悪い行動をとってしまう

良いサイトを購入するためにぜひ覚えておいてください。

  • 1、顔が見えないからこそ、サイト売買は失敗しやすい
  • 2、女性の売主様に対しては感情を多めに表現しましょう
  • 3、売主様のホンネを覚えておきましょう

それぞれお伝えしてきます。

1、顔が見えないからこそ、サイト売買は失敗しやすい

顔が見えないからこそ、サイト売買は失敗しやすい

サイトを買収する際には、サイト売買ができる仲介業者を利用するか、仲介業者のメールマガジンなどから担当者に問い合わせをする必要があります。

そして前者の場合、直接売主とメールのやりとりをする機会があります。

その際に気をつけたいのが、メールの文面です。

売主が売りたくないと感じるメールコミュニケーションには、特徴があります。

実は、「情報をくれ」「アナリティクスの共有をしてくれ」などの、一方的な要求や質問のみのメールは、自分よがりで印象が悪いです。

確かにお金を支払う立場として、情報を知りたいというのはよくわかります。

しかし、あなたはたくさんいる買い手の一人という印象があるのです。

もし、他の買収希望者が「丁寧にメールしていただいて、ありがとうございます」という親切な一文を入れていたらどうでしょうか?

気持ちが傾きやすくなる可能性が高まります。売主にとって、サイトというのは思い入れがあります。

自分が良いと思った相手にしか売却しません。特に良いサイトほど、この傾向が強いです。

もちろん値段も重要ですが、自分と価値観が近い相手や、対応が丁寧で印象が良い相手に譲渡したいと考えます。

サイト売買というのは、想像以上に感情面を重視する取引だと言えるでしょう。

以下の記事では、サイト売買で失敗してしまう行動パターンをまとめていますので、「どんな行動を取るといけないのか?」を知りたい方はご活用ください。

【関連記事】サイト買収を失敗してしまう人の具体的な3つの行動パターン

2、女性の売主様に対しては感情を多めに表現しましょう

サイト売買の失敗やトラブルを0にする方法【買収編】3
特に売主が女性だったの場合、慎重に交渉する必要があります。

女性は、あなたが思う以上にメールの内容を気にします。

例えば、数字だけの話だと、思ったように取引が進まないことが多いです。

売主様の感情に寄り添った、丁寧でこまめな返信を心掛けることが重要です。

また、事務的なメールの文面は冷たい印象を受けやすいです。

気遣いや熱意が伝わるように、感情を3割増しにすることをおすすめします。

そして電話や対面で打ち合わせする時にも、売主様を尊重することを心掛けてください。

具体的には、サイトを「買う」ではなく、「引き継がせていただく」という言葉を用いるなど、繊細な気遣いが必要です。

売主を尊重し、謙って丁寧な対応を心掛けることで、売主側も買主の立場に目線を合わせてくれます。

そうすることで、初めて対等なやりとりができます。

サイト売買の失敗やトラブルを0にする方法【買収編】4

ちなみに、私たちサイトマに売却を依頼してくださった女性のお客様は、とても繊細な方でした。

例えば、「サイトマ」を「さいとま」のように、サイト名のひらがなとカタカナを間違えただけで、メールで「とても悲しいです」とメッセージされた方でした。

このように繊細な方ですと、ちょっとしたメールの文字でも気にしてしまい、譲渡をやめてしまうこともあります。

事実、このお客様は、はじめは自分で他の仲介サイトで売却をしていました。

ですが、自分の作ったサイトを尊重してくれない交渉のメールにウンザリしてしまい、サイトマに依頼してくださりました。

同じような話が法人のM&Aでもあるくらいです。サイトを買収するためのコツは以下の記事で詳しくまとめています。

【関連記事】あなたがサイトを買収できるようになるたった1つのコツ

「買主がお金を支払うのだから偉い」といった考え方では、相手の目線に合わせることは難しいです。

そういった考え方を捨てて、深々と頭を下げることで、スムーズに良い取引を進めるようにしてください。

3、売主様のホンネを覚えておきましょう

「サイトの売り手の気持ちを知りたい」という方のために、サイトの売主様の感想を紹介します。参考にしてください。

お客様の声(M.Yさん)
サイトマの評判

サイトマさんに依頼する前に、他社や自力で10人と交渉しましたが納得いかず、サイトマさんに依頼したところ、すぐに理想の方と出会えたので奇跡かと思いました。また、時折感情に流されたり不安定になった時、それとなく気づかせてくれたのはありがたかったです。

感想より抜粋

このように、売却する際の大変な苦労を感じます。売主様は言わないだけで、このように色々と感じているのです。

サイト売買でサイト買収後によくある失敗

サイト売買の失敗やトラブルを0にする方法【買収編】5

サイトを買収できたとしても、失敗してしまうケースはあります。サイト売買でサイト買収後によくある失敗は、主に以下のとおりです。

  • 1、契約後の移行作業のやり方がわからない
  • 2、引継ぎの資産を定めていなかった
  • 3、サイト購入後に運営ができない

それぞれ順番に説明してきます。

1、契約後の移行作業のやり方がわからない

サイトのデータ移行!ドメインやサーバーの引越し

上記が問題なかったとしても、売買後には以下の作業が待っています。

  • サーバーの引越し
  • ドメインの移管

これらは、売り手と協力してできるのであれば問題が起こることは少ないです。

しかし、大半の場合、「データの移行方法がわからない」「データがうまく引越しできなかった」とつまずくケースが多いので、プロに任せてしまいましょう。

サイトの引越しを請け負っている会社や個人はたくさんいますので、自分たちに合った会社や個人に依頼するといいでしょう。

1:インターネットで、「サイト 引越し」と検索する

2:ココナラやランサーズなどのクラウドサービスで「サイト引越し」や「ドメイン移管」を依頼する

一番やってはいけないのが、素人がやってサイトを真っ白にしてしまうということ…。

危険性としてはあり得ますので、ぜひとも注意してください。なお、サイトの仲介業者によっては、サイトの引越しも代行してくれます。

2、引継ぎの資産を定めていなかった

サイト売買で引継ぎの資産を定めていなかった

引継ぎの資産を定めていなかった場合も失敗の原因となりやすいです。

例えば、アフィリエイトサイトで上位表示をするために、サイトにリンクを100個以上つけているにも関わらず、報告をしていない場合です。

売主が譲渡後に100個のドメインからのリンクを消してしまったり、ドメインの更新をせずに年々減ってしまうなどが想定されます。

「バックリンクは譲渡すべき資産ではないと」考え、バックリンクがあることを伝えない売主も存在します。

ですが、そのバックリンクの影響で上位表示がされ売上に貢献していると考えると、バックリンクも資産であると考えることができます。

なので、バックリンクも引継ぎ対象として契約書に盛り込めないか交渉してみましょう。

また、ECサイトの場合、「商品の仕入れ先」も引継ぎ対象として契約書に盛り込んでおくと良いでしょう。

引継ぎの資産を決めるためには、サイトのデューデリジェンス(資産査定)を行うことが重要です。デューデリジェンス(資産査定)については以下の記事でまとめています。

【関連記事】デューデリジェンス(資産査定)でサイト購入を成功させよう

サイト売買の失敗やトラブルを0にする方法【買収編】5
サイト買収後に後悔しても遅いのです。

全てを納得の上で売買をしたという内容で契約書を作成をするのが一般的です。

例え、サイトの資産を引継げなくても、余程のことがないと返金は難しいです。

弁護士費用を負担してまで買収金額を取り戻したいか?ということを考え、結局は泣き寝入りしてしまう人も多いのです。

このように変な人から買ってしまうと、大きく失敗する恐れがありますので、注意が必要です。

3、サイト購入後に運営ができない

サイト購入後に運営ができない

サイトを購入したもののサイトの運営ができない場合もあります。せっかくサイトを購入しても、購入後に運営できないと収益を伸ばすのが難しいです。

「記事コンテンツの作成」や「アフィリエイトリンクの設定」など、サイトの運営は専門的な知識が必要な場合があります。なので、売り手との契約書にサポート期間を契約書に定めておくのが得策です。

他にも失敗の事例はありますので、より深く知りたい場合、こちらの記事も参考にされてみてください。

【関連記事】サイト購入の失敗実例!こういう買収は絶対やめましょう!

まとめ:サイト売買を失敗しないように行動しましょう

サイト売買で失敗しないように行動しましょう

サイト売買の買収は、買収に起こる失敗と、買収に起こる失敗があります。

たとえば、買収前では、そもそもサイトが買えないことがあります。買収後では、サイトの移行に手間取る場合があります。

いずれにしろサイト売買は、慎重に進めていくべきです。

ぜひとも、あなたのサイト買収を成功させてください。

いろいろとマイナスなことを書いてきましたが、サイト売買はすばらしい手法です。

サイト買収をすると作るのに時間がかかる「価値があるサイト」を買うことができます。時間をお金で買うことができのは大きな魅力です。

長文にもかかわらず、記事をご覧頂きましてありがとうございました。少しでもご参考になれば幸いです。