サイト売買で仲介を使わないメリットとデメリットとは?

投稿日:

最終更新日:

漠然とサイト売買(サイトM&A)を進めようとしていませんか?

サイトを買収する、売却する場合においても、必ず課題になるのが仲介についてです。

仲介業者が必要かどうか?ということです。

今回は、仲介者を活用しない場合のメリット、デメリットについて説明させていただきます。

ぜひ、サイト売買(サイトM&A)成功のエッセンスを盛り込んだので、最後までご覧いただければと思います。

▼動画ですと21分ほどでご覧になれます▼

仲介者を活用しないときのメリット

唯一のデメリットは、金銭面です。

仲介者をおくと、仲介手数料が発生してきてしまいます。

 

これは、当然ながら売主に発生してきますが、買主にも発生してきます。

また、売却する際には着手金が発生することもあります。

ここで注意が必要なのが、必ずしも手数料が高いからダメということではありません。

むしろ、手数料などが安いかわりに、サービスがよくない、トラブルが多いということはよくあります。

重要なのは、あなたにどんな業者があっているか?ということです。

仲介を使わないデメリット1「商談が破断しやすい」

これは本当に多いです。

なぜなら、売主は1円でも高く売りたい、そして買主は1円でも安く売りたい、というのが本音なのです。

ですから、お互いの意見が噛み合うことがなく、商談がすすまない、話が流れてしまうなんてことはよくあります。

商談が進んでも、どちらかが意見を合わせることになりますので、結果的に金銭面で損をすることがあります。

交渉が得意な方はいいですが、そうでない方は仲介を利用した方がいいでしょう。

仲介を使わないデメリット2「持ち逃げされやすい」

サイト売買(サイトM&A)でよくあるトラブル。それが持ち逃げです。

売主様からサイトを提供するのか?それとも、買主様からお金を提供するのか?

よほど信頼している仲でないと、かなり危険だということがわかると思います。

 

たとえば、先にサイトを提供したけど、なかなか入金されない。

挙句の果てに、検収NGとなり、ノウハウだけ盗まれてサイトが返還される。

まったくのないわけではないのですから、驚きです。

仲介がいないと、こういったデメリットがあるということを理解しておいてください。

仲介を使わないデメリット3「契約書が作成できない」

サイト売買(サイトM&A)に慣れている法人や個人であれば、契約書の雛形(ひながた)を持っている場合があります。

しかし、お互いがはじめて同士ですと、結局弁護士や司法書士さんに支払いが発生します。

余計なお金がかかってしまいます。

 

ネット上にある雛形をダウンロードしてなんとかつくる、という方法もありますが、大変危険です。

適当に作成した契約書では、譲渡後に発生したトラブルなどの責任がはっきりしていないと、必ず損をします。

>>サイト売買で弁護士に契約書作成を依頼するべき3つの理由

 

また、なかなかサイト売買(サイトM&A)に強い弁護士、司法書士さんはあまりいませんので、仲介者を活用するのも手です。

>>サイト売買で弁護士に契約書を依頼する際に気をつける3つのこと

 

ちなみに、仲介業者でも契約書作成は別料金など、仕組みが違いますので、しっかりとチェックしてください。

仲介者を使わないデメリット4「売主のアフターフローが充実しない」

買主、売主だけで進めていくと、譲渡が完了した瞬間に連絡がとれなくなるケースがよくあります。

仲介者という第三者がいる場合は、売主がアフターフォローにアクションしてくれやすくなります。

どうしても人間ですので、売主は売却が完了すると緊張の糸がきれてしまうんですよね。

ここは仲介者を活用しない場合は、売主を責めてはいけません。

そういうものだということで、アクションしていきましょう。

仲介者を使わないデメリット5「精神的な苦痛がまっている」

もしも1人で売却をする場合、かなり面倒です。これだけは言っておきます。

たとえば、「URL情報だけ抜き取られる」「メールに挨拶文すらない」「面談してみると威圧的に値下げを要求される」などなど。

あげたらキリがありませんが、慣れた方でないとかなりくるしいと思います。

わたしたちが止める権利はありませんが、とくにはじめてであれば仲介者を活用した方がいいでしょう。

自分にあった仲介業者を選んでみてください。

 

また買収する際も大変です。なぜなら、売主様を口説く必要があるからです。

売主様のなかには、非常に警戒される方もいれば、そもそも人と会いたくないような方もいます。

そもそも初対面&他にも買収希望者がいる、という状況であなたが選ばれることは、かなり難易度がたかいのです。

しかし仲介者がいれば、あなたの買収したい熱意に共鳴すれば、一緒に売主を説得してくれるということもあるのです。

もちろん、慎重に進める必要がありますが、1人でやるよりは可能性があります。

 

以上が、サイト売買で仲介を使わないメリットとデメリット、でした。

ご覧頂きましてありがとうございました。少しでもご参考になれば幸いです。

もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。

あなたのサイト売買が成功されることをお祈りしております。

 

>>サイト売買無料相談会をやっています

>>サイトマのサイト売買案件

uritai7kaitai2

botan

TOPへ戻る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『サイト売買で仲介を使わないメリットとデメリットとは?』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

お客様の声(売り手)


「他にはないサービスだ」と思い依頼。

面倒な作業の代行は全てしてくれたので、気づいたらサイト譲渡が終わってしまう感覚でした。

»»詳しくはこちら

>>毎月限定数の無料査定に申し込む<<


お客様の声(売り手)


ここまで親切で丁寧なサイト売買業者様は、他にありませんでした。

»»詳しくはこちら

>>毎月限定数の無料査定に申し込む<<


お客様の声(売り手)

僕のような面倒くさがり屋には、激推しします(笑)

»»詳しくはこちら

>>毎月限定数の無料査定に申し込む<<


お客様の声(売り手)


とても親身になって対応していただき、また色々相談にも乗っていただきました。

»»詳しくはこちら

>>毎月限定数の無料査定に申し込む<<


お客様の声(買い手)

全てが不安からのスタートでしたが、丁寧な対応で、何通ものメールでフォローを頂き、スムーズな取引ができました。


»»詳しくはこちら

>>新着案件をすぐに受け取れる無料メルマガはこちら<<


お客様の声(買い手)

直接交渉が不安だった為、仲介していただけるところを探しておりました


»»詳しくはこちら


>>新着案件をすぐに受け取れる無料メルマガはこちら<<


∧ PAGE TOP