fbpx

サイト売買で儲かる方法とは?税金対策や失敗を避ける3つの具体策


「サイト売買って、儲かるの?」と、思っていませんか?

実際、情報も少なく、わからないことが多いですよね。サイト売買をやっている知人も少ないでしょう。

そこで今回は、サイト売買で儲かる方法について解説していきたいと思います。

本記事では、実際にサイトマのお客様のヒアリングでわかったことをまとめています。

つまり、実践されてきたことになりますので、サイト売買で儲けたいという方には参考になるはずです。
 

また、今回はサイト売買に興味を持っている方に向けの記事ですが、内容としてはサイト売買で儲ける方法の王道パターンになっています。

よって今後、サイト売買をやってみようかと検討されている方にとっても、事前に知っておくべき情報になっておりますので、大変役に立ちます。

なぜなら、多くの方が実践してきた王道パターンになりますので、失敗を避ける可能性が高くなるからです。

ぜひ、しっかりと読んでいただき、今後の参考になれば幸いです。

【関連記事】サイト売買の相場は?売却と買収の際、気をつけたい4つのこと

1、サイトを作る→売る

サイト売買で儲かる方法とは?税金対策や失敗を避ける3つの具体策
まず1つ目は、サイトを制作して売却するという方法です。

要するに、売却目的でサイトを制作し、売却益を得るということです。
 

最近は比較的アフィリエイトサイトの需要が高まっています。

売却のためにブログなどの良質なアフィリエイトサイトを制作し、ある程度育てて収益化してきたところで売りに出すというようなことをしている人も増えています。

サイトの制作から売却まで何度か繰り返すことで、まとまったお金が得られることになります。

【関連記事】アフィリエイトで月10万円の報酬を達成したら、サイト売却も視野に入れよう

【関連記事】トレンドアフィリサイト(月10万)を150万円で法人に売却した話
 

しかし、なぜネットショップやポータルサイトなどいろんなモデルの中でも、アフィリエイトサイトの買収が人気なのでしょうか?

それはアフィリエイトサイトは、在庫もなく、固定費の負担が少なく、記事の更新を外部のライターに依頼することで運営コストをかなり抑えることができるということが理由としてあげられます。

つまり、買収する側としたら、他のサイトモデルより楽に譲渡でき、運営もスムーズだと判断しているのです。

【関連記事】サイト売買、サイトM&Aで売却する際に必ず用意する3つのこと
 

また、節税を狙って買っていく法人も増えているようです。

買収金額を税理士と相談の上、広告費として計上した、というケースも多く聞いています。

アフィリエイトサイトは更新が簡単で、コストがかからないので利益率も高く、状況によっては節税対策として有効ということで、たくさんの注目が集まっています。

(※ただし、詳細は必ず税理士にご相談ください。あくまで事例の紹介かつ、税理士としてのアドバイスではありません。)
 

したがってサイトを制作して売却するなら、アフィリエイトサイトをおすすめします。もちろん、ネットショップやポータ

ルサイト等でも売却は可能です。

【関連記事】【ネットショップのサイト売買,M&A】ヤフー&楽天ショップ、アマゾン、ebayは譲渡可能か?

2、サイトを買収→育てる→売る

サイト売買で儲かる方法とは?税金対策や失敗を避ける3つの具体策

2つ目におすすめしたいのは、サイトを買収し育てた上で売却するという方法です。

買収したサイトを育てていく中で、まずは資金を回収します。そして更に1年~3年運営した後に、タイミングをみて売却します。

この際、買った時以上の金額で売却できる確率が高いです。

このノウハウは、瞬間的に利益を上げることもできますし、会社のキャッシュフローが危ない…という時にもいざという切り札になります。

 

ただし、特に資金が潤沢にある方におすすめしたいです。

例えば貯金が200万円しかないのに、200万円のサイトを買収するのはリスクが高いのでオススメしません。

買収にはリスクヘッジは検討すべきです。

もしキャッシュがあまりない法人や個人は、自分でサイトを制作して売却するか、100万円以下の小規模のサイトを買収対象とすることをおすすめします。

【関連記事】サイト売買と不動産投資のメリット&デメリットを徹底比較

3、サイトを売却→買収→売却

サイト売買で儲かる方法とは?税金対策や失敗を避ける3つの具体策

3つ目に提案したいのは、売ったお金でまたサイトを買う、という方法です。

まずは、売却で得たお金の使い道として、良質なサイトを買います。次に、しっかりと投資金額の回収をし、少し運営して、また売却するというサイクルを繰り返します。
 
このステップまで進めると、効率的に儲けることができると思います。サイトの譲渡というのは、内容によっては非常に簡単です。

特にアフィリエイトサイトはサイトデータを渡してドメインの権限を移管するだけで済んでしまいます。

(もちろん、特別単価等、細かい部分もありますが、他サイトモデルよる非常にスムーズです。)

【関連記事】アフィリエイトで成功するならサイト売買も視野に入れよう

【関連記事】アフィリのモチベーションが低下?!だったらそのサイト売りましょう!

 

しかしネットショップですと、在庫を移動したり、商標権を譲渡するための手続きが必要になることもあります。

その反面、アフィリエイトサイトは譲渡までスピーディーに進めることができるので、サイトを売買することで儲けたいという方には特におすすめです。
サイト売買で儲かる方法とは?税金対策や失敗を避ける3つの具体策

また、さきほども少しお話しましたが、節税対策としてアフィリエイトサイトの買収をする方も多いです。

これはあくまで税理士さんから伺った解釈ですが、アフィリエイトサイトを取得するということは、インターネット上でアクセスが集まる場所を買うということです。

つまり、テレビやラジオ番組のCM枠を買うのと同様の認識で、買収金額の一部を“広告宣伝費”として計上したという話を過去に何件も聞いています。

全額“ソフトウェア”として資産計上し毎期減価償却するのではなく、“広告宣伝費”として当期の費用にするということでした。

また、仲介会社への手数料も事前に把握しておきましょう。

【関連記事】1分で分かるサイト売買の手数料について【買収編】

 
ちなみに、コンサルティングを行っている社長さんは、セミナーや指導のネタとして、”仕入れ”として計上できると税理士さんにアドバイスされたそうです。

(※ただし、私たちは税務上のアドバイスはできないので、必ず税理士に相談するようにしてください。)
 

サイトを買収することで、あなたも節税することができるかもしれません。

お金を得るというわけではないですが、支出する税金を減らすことができるという意味では、「サイト売買で儲ける」ということに繋がるのではないでしょうか。

もちろん、来期にきちんとキャッシュフローを生み出すサイトであることは大前提です。なんでもかんでも買収しようということではありませんので、しっかり考えて買収してください。

まとめ

サイト売買で儲かる方法とは?税金対策や失敗を避ける3つの具体策

いかがでしたでしょうか?

サイト売買で儲ける方法は、

1、サイトを作る→売る

2、サイトを買収→育てる→売る

3、サイトを売却→買収→売却

という3つの方法をご紹介しました。

あなたは、どれが一番しっくりきましたか?
 

それぞれ注意点がありますし、必ずリスクヘッジをした上で、チャレンジしてほしいと思います。

そして必ず、税理士に相談はしてください。あくまで事例の紹介ですので、あなたの会社や個人では適用できないケースもあります。

また今後、サイト売買をやってみようかと検討されている方も、この3つのうち1つでも方法を覚えておくといいでしょう。

サイト売買は奥が深く、想像以上に感情的な取引になります。

他にもコラムでまとめてありますので、しっかり勉強いただき、失敗を防いでほしいと思います。
 

ご覧頂きましてありがとうございました。少しでもご参考になれば幸いです。

もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。

あなたのサイト売買が成功されることをお祈りしております。

  • サイトを売りたい方。30秒でおわる無料査定実施中!
  • サイトを買いたい方。無料メルマガで、非公開案件配信中!
  • 今すぐ新着サイトをチェックする。質の良い案件を豊富にご用意!
  • オンラインでも実施中!無料個別相談会。サイト売買で失敗しないための個別相談。

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

通話料無料
携帯・PHS OK

受付時間/9:00~18:00 年中無休
(GW一部期間・お盆期間・年末年始を除く)

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム