fbpx

コラム・お知らせ

サイト買収をする前に知っておきたいサイト売買のトラブル事例5つ


「サイトを買収して本当に大丈夫かな?」と不安になりますよね?
現在、サイト売買やサイトM&Aの情報はあまりネット上にありません。
ですから、あなたが不安になるのは当然です。知っている人が得をする、そんな業界なのです。
そこで今回は、そういった点も踏まえて、どういったことからトラブルに発展するか?という失敗事例をお伝えしたいと思います。
きっと参考になると思います。
そもそも、なぜこのような記事を書いたのか?と申しますと、サイトマの創業者である私がサイト買収で失敗したことがあるからです。
(代表プロフィールにその時の話を掲載しております。)
>>代表プロフィール
 
これは、実に凹みました。そして、非常に残念な気持ちになりました…。
今でこそ、こういった経験から業界を良くしようと活動しておりますが、これを読んでいるあなたには同じ経験はして欲しくないと思っています。
人は失敗から学ぶことが多いです。しかし、しなくても良い失敗もあります。
サイト買収は、時間もお金もかかりますから、ぜひ他人の失敗から学んでください。
あなたが失敗する必要はありません。
 
また、私たちサイトマがサービスを開始してから、数々の苦労がありました。
今回は、そういった経験もあなたに公開し、お役に立てるようしっかりと解説していきます。
ぜひ、あなたのサイト買収を成功させて欲しいと思います。
少しでも参考になれば幸いです。

サイト売買トラブル1:売主からのデータが不十分

サイト買収をする前に知っておきたいサイト売買のトラブル事例5つ-画像1
まず交渉中にデータをもらっていなかった、もしくは判断するには不十分であった、ということがトラブルとしてあげられます。
ここでいうデータとは、グーグルのアナリティクスや、実際の売上が記載されている通帳や、ASPのスクリーンショットなどのエビデンス(証拠)のことです。
これらの提示が行われ、初めてお互いが信頼してサイト売買取引ができると言えます。
 
中には、メールで数字だけを送ってくる方もいます。
そのデータ本当に正しいの?と疑いたくなりますよね。
さらに最悪のケースになると、サイトのURLのみでいきなり口座に振り込めという方もいます。
↓(実際に送られてきたメール)
サイト買収をする前に知っておきたいサイト売買のトラブル事例5つ-実際にきたメール画像
しかも、この方はサイトも作成するということも提案しておりますが、もはやサイト売買ではなくサイト制作の受注になっています。
実際、こういった方は今でもいますのでぜひ注意してください。
そうは言いつつも、こういう人からサイトを買ってしまった!という相談も後を絶ちません…。
>>【相談】サイト買収で失敗をしてしまいました。
自分は大丈夫、と思っている人ほど注意です。

データに関しての契約書作成のポイント

サイト買収をする前に知っておきたいサイト売買のトラブル事例5つ-画像2
ちなみに、契約書には「双方でウェブサイトの情報を共有し確認した」という内容を入れるのがベストです
そうでないと、データに虚偽が発覚した際にどうしようもありません。
ちなみに、ネット上で拾ってきた契約書の雛形レベルですと、上記のような記載はありませんので注意です。
この記載がないと、もし何かあった時に、「そんなこと契約書に書いてないですよね?」と売り手から反論されてしまう可能性があるのです。
 
また、上記の契約内容に反してどちらかがデータの確認を怠り、情報の認識に相違が生まれた場合も、トラブルに発展してしまう可能性が高いです。
これは買収するあなたにも問題があるケースがあるので注意です。
ちなみにこちらの記事の最下段部で、実際に確認を怠った買い手がクレームを入れてきた事例を紹介しています。
>>サイト売却をする前に知っておくべきサイト売買のトラブル事例5つ 
ちなみに、何故か私たち仲介に返却しますとメールがきていますので、おそらく契約書をしっかり読まずに契約した可能性が高いと考えています。
サイト売買の仲介者は結婚相談所のようなもの。マッチング後、離婚するとか別居するは、2人で決めることです。
いい大人がこういったことをしてしまうのですから、あなたもぜひ注意してください。
当然ながら契約した内容が全てになりますので、あなたはきちんと契約内容を吟味することです。
どんなにダダをこねてもサイト売買後は思い通りになりません。

売り手とNDAを交そう

よって、お互いが後味の悪い取引にしないためにも、必ず正規のデータを入手してください。
そして、正規のデータを得るためには、まず秘密保持契約(NDA)を締結する必要があります。
NDAに自分の住所と売り手の住所を記入し信頼を得た上で、話を進めるのがいいと思います。
多くの方がこれをやらないので、疑心暗鬼になるのです。
顔が見えない取引になることが多いので、こういったところで信頼を獲得しにいきましょう。

サイト売買トラブル2:契約段階でもめる

サイト買収をする前に知っておきたいサイト売買のトラブル事例5つ-画像3
2つ目にお伝えしたいのが、契約書作成の時に揉めることがあるということです。
売主と買主の双方に言い分はあるかもしれませんが、必ずフラットな契約書を作らなければなりません。
要するにwin-winな内容で、どちらにとってもメリットがあるものです。
そのために重要なポイントとしては、弁護士や司法書士など第三者を交えて契約を取り交わすということです。
当事者間で行うと、契約書を作成した方、あるいは、立場が強い方に有利な内容になってしまいがちです。
後のトラブルに繋がってしまったり、契約の段階で揉めて取引が途中で破断ということもあるので注意が必要です。

あなたのスピーディーな対応も必須


契約書を取り交わす時には、その内容だけでなく、迅速な対応を心掛けなければなりません。
過去には、多忙で連絡や対応が遅れてしまい取れなかったため、売り手と買い手が疑心暗鬼になってしまったというケースもありました。
ただし何も難しいことはありません。
なるべくその日のうちにメールを返信する、契約書は到着したら数日以内に返送する、といった基本的なことさえやっておけば問題ありません。
 
そもそも高額な取引だからこそ、誰しもが遅滞なく進めたいと考えるのは自然なのです。
つまり、もしあなたが契約書の送付や送金が遅れてしまうと、相手を不安にさせてしまうことになります。
そうなると売り手は「この買い手は大丈夫かな?」と、疑いはじめます。
契約書の中には「手続きが滞った場合は解除できる」というような一文を入れることが一般的です。
つまり、あなたの対応が遅れてしまうと、あと一歩のところで契約が白紙になってしまう可能性もあります。
買収するためには、あなたの迅速な対応をするというのも重要なポイントです。

サイト売買トラブル3:口約束はしないこと

サイト買収をする前に知っておきたいサイト売買のトラブル事例5つ-口約束画像
これは非常に大事です。売り手様とは、口約束をしないということです。
売り手様と打ち合わせをするにあたっては、必ず議事録を取る、電話やスカイプでは録音をするということをしましょう。
つまり、言った言わないを0にすることです。
 
過去に私がサイトを買収した時の話です。
売り手の担当者と会話が盛り上がり、サイトの改修などの様々なサポートをしてくれるという内容で話がまとまりました。
しかし、当時の私は契約書作成に重きを置いていませんでした。
恥ずかしい話ですが、早く起業をしたくて焦っていたので、細かい部分はないがしろにしていました…。
 
そして、契約書に口頭で約束したサイトの改修等を盛り込むことをしませんでした。
結果的に、譲渡後にサイトの改修はして頂けませんでした。
さらに、現在であれば一般的になった運営サポートもありませんでした。
それだけでなく、付随するツイッターやマニュアルも譲渡する、という記載もありませんでした。
この2つに関しては、なんとか頂けましたが、譲渡されなくても文句が言えない内容で契約していたのでした。
 
残念ながら、自分が想定していた契約内容とは違ったものでした。
しかし、正式に合意した契約こそが正式なものになりますので、簡単には覆りません。
私が自己責任で合意したので、異議を申し立てるようなことはしませんでしたが、信頼していただけにショックだった記憶があります。
サイト買収をする前に知っておきたいサイト売買のトラブル事例5つ-信頼画像
しかし今思えば、信頼しているからこそ契約書に記載し、双方にとって良い取引にすべきでした。
過去の私の経験を教訓として、口頭で約束したことは必ず契約書に書くということ気をつけてください。
人間は簡単に忘れてしまいます。
特に売主側は、すでに新しいビジネスをやっていたり、忙しいこともあるので、さらに忘れやすいのです。
相手にどう思われるかという心配があるかもしれませんが、細かい人だと思われるくらい契約書の内容にはこだわった方がいいと思います。

サイト売買トラブル4:運営サポートについて

サイト買収をする前に知っておきたいサイト売買のトラブル事例5つ-サポート画像
4つ目は、譲渡後のサポート内容について、きちんと話合い、契約書に明記するということです。
サイトによっては譲渡後に売り手のサポートがつくことがあります。
これを頼りに買収される方も増えてきました。
しかし、そもそも売り手にとっては、サイトの売却が完了した時点で目的は達成されてしまいます。
そのため、譲渡後は連絡が遅くなってしまったり、そもそも連絡がとれなくなった、という話も聞きます。
 
よって、譲渡前の話合いで、
・サポートは何ヶ月間行うのか
・具体的な内容はどうするか
・メールで行うのか、電話でも対応可能なのか、月1で対面で行うのか
など、案件と売り手買い手の事情により、様々なパターンがありますので、事前にしっかり決めておいた方がいいです。
 
そして、それをしっかりと契約書に明記しておくことです。
そこまでやるか?と思われた方は、サイトの買収をあまく見過ぎです。
細かい記載は譲渡契約書には必須です。
しかしながら、身動きが取れないガチガチの内容でまとめると、何かある度に売り手と険悪な関係になります。
よって、細かい記載はあるけども、フレキシブルに対応できるという、ちょうどいい契約書作成をするべきです。

サイト売買トラブル5:セールスに注意

サイト買収をする前に知っておきたいサイト売買のトラブル事例5つ-サポート画像-セールス画像
最後5つ目は、サイト売却ではない案件、つまり、セールス目的の釣り案件に気をつけるということです。
例えば、サイト売買ができるサイトで気になる投稿に問い合わせてみます。
すると、サイトそのものはすでに売却済みで、同様のサイトを制作できるというような、商品パッケージを売り込まれるというケースです。
サイトが欲しいあまり、焦って決断をすると、そういった人たちに引っかかってしまうでしょう。また、決算前で焦ってお金を使いたい時も引っかかりやすいので注意しましょう。
そして、後のトラブルに発生してしまい、お金を取り返せなくなるという事態に陥ることも考えられます。
このようなトラブルからサイト売買自体にマイナスの印象を持ってしまうのはもったいないです。
 
まさか、そんなことある?と思うかもしれませんが、私たち売却専門サービスにも、すでに数件こういった相談が寄せられています。
あなたが焦っているときほど、冷静な判断ができず、こういった手口に引っかかりやすいので、注意してください。
ちなみに、こういった釣り案件は手数料が安いサイトに集まりやすいです。
釣りたい側に立ってみると当然なことだと思います。手数料が安いサイトを使う場合は、気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか?
以下の5つについて解説してきました。
1、売主からのデータが不十分
2、契約段階でもめる
3、口約束はしないこと
4、運営サポートについて
5、セールスに注意
 
これはサイト売買では実際に起こった話で、あなたにも起こる可能性が十分にあります。
世の中、全員が全員、良い売り手というわけではありません。
注意をして見極めるようにしてください。
 
しかしながら、サイトの買収はとても素晴らしいものです。
散々マイナス面を書いてきましたが、買収後に売上が20倍になったというケースもあります。
現在もそのサイトからは安定したキャッシュフローがあるようですので、すばらしい成功事例だと思います。
この記事は、あなたにサイト買収をやめてほしいと思って書いた訳ではありません。
 
サイト買収は、翌月からいきなり売上が発生するという極めて稀な企業活動です。
当然ながら、すでに売上があるサイトに限った話ですが、ある程度構築されたサイト買収ですと時間を買うことになります。
目的地までショートカットできる。それがサイト買収の醍醐味でもあります。
 
ご覧頂きましてありがとうございました。少しでもご参考になれば幸いです。
もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。
あなたのサイト売買が成功されることをお祈りしております。
 
>>サイト売買無料相談会をやっています
>>サイトマのサイト売買案件

【あなたにオススメしたい記事】
>>サイト売買のたった4つのコツ【買収編】これさえ抑えば成功できる
>>1分で分かるサイト売買の手数料について【買収編】
>>サイト買収を失敗してしまう人の具体的な3パターン
>>サイト売買の方法&やり方6つのステップ!注意点やコツなど(買収編)
>>あなたがサイトを買収できるようになるたった1つのコツ

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム