fbpx

コラム・お知らせ

サイト売買の案件一覧で詐欺まがいの買収を避けるための2つの対策

サイト売買案件で詐欺まがいの買収を避けるための2つの対策とは?
「サイト売買では詐欺も多いというウワサを聞いたことがある…買収前は不安が多いなぁ」と、考えたことはありませんか?
たしかに、公になっていないだけで、詐欺のような取引は実際に行われていると思います。
私たちサイトマにも、「こんなことがあって…」と、どう聞いてもフェアじゃない取引をしてしまった方から相談をいただくことがあります。
「いやいや、サラリーマンだから引っかかるんじゃないの?」と、思うかもしれませんが、相談者は全員経営者でした。
つまり、お金に余裕がある人の方が、むしろ詐欺まがいの取引に引っかかりやすいため、注意が必要です。
では、どのように避けるべきでしょうか?
今回は、実際に相談された取引事例をもとに、サイト売買案件で詐欺まがいの買収を避けるための2つの対策について解説していきます。
 
ぜひ、最後までご覧いただきまして、あなたのサイト売買を成功させて欲しいと思います。
また、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。
本記事が参考になれば幸いです。

事例1「サイト売買案件に問い合わせたら売主にサイト製作を売りつけられた」

Aさんは、とあるサイト売買の仲介サイトに掲載されている案件に興味を持ち、直接売主に問い合わせをしました。
すぐに返信があったようですが、「申し訳ありません。掲載したサイトはすでに売却済です」と、メールが来たようです。
Aさんは少しがっかりしたようですが、メールには続きがありました。
「もし、ご興味あれば、似たようなサイトはすぐに作れますので制作しましょうか?」と、記載があったようです。
実はこのような話は、何度か聞いております。
この売主は、おそらく確信犯でサイト売買に掲載することで、サイト制作の問い合わせをもらうようにしているのでしょう。
結果、Aさんは、悩みましたがどうしてもチャレンジしたい気持ちがあり依頼してしまったようです。
しかし、納品されたサイトはひどいもので、最終的には軌道に乗せることができず削除してしまったそうです。

対策

まず、そもそもサイト売買ができるサイト案件に問い合わせをしたのに、サイト制作の話を持ちかけられた時点でおかしいと思いましょう。
おそらく、今でもこの方は掲載を続けています。よって、案件が買収できない場合、潔く見送るようにしましょう。
サイト買収は、時間を買うことでもあります。
よって、すでに立ち上がっている、過去に軌道に乗っていた、というような実績があるサイトを買収すべきです。
>>サイト買収をする前に知っておきたいサイト売買のトラブル事例5つ

事例2「仲介業者に押し売りされた」

Bさんは、アフィリエイトサイトを運営したく手取り早くサイトを買収する手段を思いつきました。
そして、とある仲介会社に問い合わせをしたところ、バックリンクを大量につけて稼いでいる所謂ブラックハットサイトをオススメされたようです。
はじめは、「こういうサイトがいいのかな?」と思っていたようですが、やりとりを進めていくなかで、仲介業者がだんだん強気に売りつけてきたようです。
そもそも、あくまで仲介なのですから、買収後の成果の保証は契約上できません。よって、売りつけいる時点で完全にアウトです。
しかし、何もわからないBさんは、言われるがままに、買収をしてしまったようです。
結果、売主からのサポートもなく、ろくに連絡も取れずに、サイトは放置されることとなったようです。

対策

仲介業者が押し売りしてきた場合は、必ず見送ってください。
私たちサイトマはあくまで仲介の立場として、売主様と買主様の中立的な立場で業務を進めています。
仮に、買主様に押し売りしてしまった場合、買収後の責任は買主様に帰属するため、そのような無責任なことはできません。
おそらく、この仲介業者は、自分たちの利益(仲介手数料)が欲しかったのでしょう。
買主や売主のことを考えず、自社の利益だけを考えていると感じる仲介業者とは、きっぱりと関係を切りましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、サイト売買案件で詐欺まがいの買収を避けるための2つの対策について解説してきました。
 
1:サイト売買案件に問い合わせた後、売主にサイト製作を売りつけられても断る
→こういう手法でセールスしている方は、今でも存在しますので注意!
 
2:仲介業者が押し売りしてきたら断る
→買主や売主のことを考えずに自社が儲かれば良いと考えています!
 
これらのことを意識して、サイト売買案件を閲覧すれば、詐欺まがいの取引は避けることができると思います。
>>サイトマのサイト売買案件一覧
 
あなたのサイト売買が成功されることを心より願っております。
もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。
ご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム