fbpx

コラム・お知らせ

あなたのサイトを売るための3つの視点。サイトM&Aのコツを抑えよう。

サイト売買について
「どうやったらサイト売却できるの?」と、疑問に思っていませんか?
そんなあなたに朗報です。
 
今回は、サイト売却を専門している我々が、大切にしてる3つのポイントをご紹介します。
サイト売買は、そもそも経験がない方が大半です。
ですから、おおよそほとんどの方が成功していません。
 
しかしながら、せっかくだったらサイト売買は成功させたいですよね?
これを読んだあなたには、ぜひとも成功してほしいと思いますので、しっかりとまとめてみました。
ぜひ最後までご覧くださいませ。
 
▼動画でしたら11分ほどでご覧になれます▼

3つの視点とは?

ずばり、以下のポイントを押さえておくことで、サイト売却の成功率が高まります。
この3つ全てが条件ではありません。ただし、1つでも多くの条件があれば、M&A成功へ近づきます。
条件が1つしか該当しないといっても、まだまだ希望は残されていますのでご安心ください。
それでは、1つずつみていきましょう。

1、サイトを数字でPRできるか?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-16-01-00
実は、売りたいサイトをPRする際には、数字を使うと効果的なのです。
どのような数字かといいますと・・・
 
1、売上や営業利益、
サイト売買の市場では、営業利益を基準にして値段を決めていくことがほとんどです。
この数値がないと売却サイトとしては、魅力的ではありません。
 
詳細は、こちらのコラムにまとめてあります。
>>いくら売り上げがあれば、サイトを売ることができるのか?
▼動画ですと8分ほどでご覧になれます▼

 
2、PV数、UU数、会員数
アクセス数は買主様によっては、非常に気になる数字になります。
サイトモデルによっては、アクセス数が収益の要になる場合も多いので、きちんと数字が出ているならPRしましょう。
 
こういったデータは、ユーザーにどれくらい認められているサイトであるか?
という基準になりますので、重要なのです。
 
ちなみに、売上がなくても、PV数が高かったり、会員数も一定数いれば、売却の可能があります。
弊社も、売上がほとんどないサイトをいくつも売却してきましたので、いかにPRできるか?
そして、いかに魅力的に交渉を進めることができるのか?がポイントになります。
 
【売上が0、もしくはほとんどないサイトの売却実績例】
>>【成約しました!】総ユーザー数1万人!ツイッター専用アフィリエイトASPの譲渡
>>【成約しました!】女性向け恋愛サイトの譲渡
>>【成約しました!】【直帰率0.1%】不動産会社口コミサイト(口コミ数2800件超)の譲渡
 
3、滞在時間、直帰率、運営期間
サイトの質に直結する数値です。
これらの数値もPRポイントになりますので、ぜひ活用してみてください。

サイト売買する際に多くの人が間違えること

ここで重要なことをお伝えします。
上記で紹介したのPRできる数値に対して、あなたの主観を入れて判断しないでください。
ということです。
 
どういうことでしょうか?
例えば、月売り上げが10万円しかないアフィリエイトサイトであっても、アフィリエイト未経験の法人からしたらすごい数値なのです。
ですから、「10万円程度のサイトが売れるわけがない・・・」と、自分で勝手に判断してはいけないということです。
 
また、売上がなくても、会員数が3桁以上ある場合、それだけでも価値を置いてくれる法人もいます。
なぜなら、すでに商品を持っている法人であれば、その会員にまずは売ることもできるからです。
 
このように、「数値としては、少ない」と判断するのは、単なる主観です。
サイトM&Aで重要なのは、相手の視点に立つことです。
どの数字に価値を置くか?というのは、あくまで買主様が判断することになります。
 
予想もしない買い手さんが見つかることもよくあるのです。
ですから、まずはPRとなりそうな数値をいくつもピックアップしていきましょう。

2、サイトに将来性があるか?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-16-08-12
単純に考えて、高齢化社会になる日本において、高齢者向けのサイト案件であれば、将来性は感じますよね。
また、すでにサイト名がブランド化されているサイトであれば、将来があります。
例えば、「フェイスブック」と聞けば、青い色を思い浮かべるかもしれません。いいね!マークを思いだすかもしれません。
こういったサイトは、売却がスムーズになります。

3、アフターフォローができるか?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-16-10-28
必ずやる必要はありませんが、売却後の運営サポートなどあれば、売却率は非常にアップします。
(近年、一般的な取引では、サポート等はあることが普通になっている傾向があります。)
 
もちろん、買収する法人にノウハウがストックされていれば、売却後のサポートなどはやる必要はありません。
ただしこういった事例は稀で、新規事業でサイト買収されている法人が多い傾向があります。
ですから、買収後の不安払拭のためにも、「サポートがありますよ」と伝えることで、安心していただき、交渉数もアップします。
 
ちなみに法人のM&Aの場合、買収された社長さんは1年ほどは相談役として在中するケースがほとんどです。
なぜなら、買収する側からしたら、買収した会社の社員とのコミュニケーションがうまくとれないからです。
買収された会社の社員さんも、あたらしい会社の風土になかなかついていけません・・・。
 
ですから、買収された社長さんが残り、社員と新しい会社の間に入ってあたらしい組織をつくっていくんです。
ここまでやってくるから、ぜひうちに買わせてください!と、なるわけですね。
 
サイト売買においても、まったく同様です。
しっかりサポートしてくれるなら、やってみるか!と、最終的に背中を押すことにもなります。
さらにサポートがあることで、売り逃げ感がなくなります。
これが、あなたのサイト売買への本気度を見せることになるのです。
 
以上が、サイト売却における3つのポイントになります。
ぜひ参考にしていただければと思います。
 
そして大前提として、安全にトラブルなく、双方がWin-Winになるお取引を実現させてください。
先日もこのような、トラブル相談をいただきました。ぜひ、お気をつけください。
>>【相談】サイト買収で失敗をしてしまいました。
 
それでは、ご覧いただきまして、ありがとうございました。
 

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム