Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

サイト売買の失敗やトラブルを0にする方法【売却編】

投稿日:

最終更新日:

「サイトを売ってみたいけど、失敗したら嫌だな」と、思っていませんか?

実際、サイト売却の道のりは長く、簡単ではありません。おそらく多くの方が失敗する可能性があります。

せっかく作ったサイトを売却して失敗するなんて…あまり考えたくないですよね。

 

ですが、ご安心ください。

この記事では、サイト売買の失敗事例を紹介し、トラブル回避をする方法などをお伝えします。

最後まで読んで頂ければ、失敗の可能性を0に近づけることができます。

ぜひ参考にして頂ければ幸いです。少しでもお役に立てると嬉しいです。

>>1分で分かるサイト売買の手数料について【売却編】

>>サイト売買のたった2つのコツ【売却編】これさえ抑えば成功できる

サイト売却失敗のポイントは2つある

それは、売却に起こる失敗と、売却に起こる失敗です。売却の前後、つまり譲渡が決定した瞬間で、状況は180度変わります。

よく、『M&Aは結婚に似ている』という名言がありますが、まさにそのとおり。

>>サイト売買・サイトM&Aは、恋愛や結婚と似ている!

 

結婚の前後では、状況は当然ながら変わりますし、悩みなども異なります。これはサイト売買、サイトM&Aでも同様です。

1、売却前によくある失敗

それは、そもそも買い手とのマッチングがうまくいかず、売れないということです。

残念ながら、サイト売買は初心者が多いため、プロが見たら売れるサイトも売れないことがあります。

実はそれ以前に、サイト売買では、売りやすいサイトと売りにくいサイトが存在します。

売りにくいサイトとは?

ずばり売上がないサイトです。

なぜでしょうか?

それは、買い手からしたら、買収金額を回収できる可能性が極めて低いと感じるからです。

サイト売買の失敗やトラブルを0にする方法【売却編】

例えば、200万円〜300万円の投資をしてサイトを立ち上げたとします。

ですが、結局サイトは起動に乗らず、売却したいと思ったとします。

それも、この場合、多くの方は投資した200万円〜300万円で売却したいと考えます。

 

しかし、このサイトは売上が上がる見込み、つまり投資金額を回収できる見込みがないサイトです。

なぜなら起動に乗った実績がないからです。日本人は過去の実績を重視します。つまり、このようなサイトを買収するのは、ギャンブルのようなものなのです。

 

200万円〜300万円のコストがかかっていたとしても、売上が上がらないままの状態だと、買収希望者は現れないでしょう。

(稀にサイトのコンセプトがおもしろく、資金に余裕がある方が買収したいと交渉してくれますが、ほとんどないケースです。)

売却前の失敗を防ぐ最大のコツ

そもそも、なぜサイトを買収したいと思うのでしょうか?

それは、サイトを買って儲けたいからです。会社の業績を上げたいからです。

このシンプルな買い手の深層心理に気が付いていれば、失敗を防ぐことができるでしょう。

つまり、売却前の失敗(=サイトが売れなかった)を回避する為には、相手目線(買収したい人の目線)になることがポイントです。

ビジネスをやっている方であれば、当たり前のことだと思います。しかし、サイト売買となると、何故かほとんどの方が忘れます。

サイト売買の失敗やトラブルを0にする方法【売却編】画像2

不思議なもので、自分のことしか考えていない売主は、クレーマー気質の買い手だったり、訴訟するぞ!と高圧的に指示してくる買い手だったり、いいマッチングに繋がりません。

売れればいい、と思っているうちは売却はやめた方がいいでしょう。

2、売却後によくある失敗

買主が見つかったとしても、よくある失敗が契約書の作成で揉めるということがあります。

実は、契約書の作成は、相手の人間性が見え過ぎてしまうほど、欲求をぶつけ合う作業でもあります。

ですから、この段階で嫌になってしまったり、嫌がられてしまったりして、失敗することが多いのです。

サイト売買サイトマの打ち合わせ風景1

(※サイトマでサイト売買の打ち合わせ風景)

そもそも、双方の主張に折り合いをつけて、公平な契約書を作成しなければなりません。ですから、ここでお互いに譲歩できないと、なかなか話が進みません。

もっと言えば、お互いが歩み寄れる関係でないと、サイト売買はうまく行かないということです。

私たちも、契約書の作成がうまくいかず、話を一旦白紙に戻したというケースは、過去に何件もありました。

売却後の失敗を防ぐ最大のコツ

こうした事態にならないためにおすすめなのが、第三者を介して契約書を作成するということです。

司法書士さん、もしくは弁護士さんに依頼するといいでしょう。

サイト売買の失敗やトラブルを0にする方法【売却編】画像3

(※サイトマと提携している川口弁護士との打ち合わせ風景)

当事者同士で作成すると、必ずと言っていいほど、どちらかに有利な契約になってしまいます。

後のトラブルに繋がる恐れがあるデリケートな作業です。細心の注意を払う必要があります。

もっとも最悪な失敗

それは、売却後にサイトの返却があることです。つまり、売却して得たお金も返金するということです。

時間をムダに使うだけでなく、お金はなくなり、サイトは以前より悪化している、というケースです。

これは絶対に避けておくべき事例です。

サイト売買の失敗やトラブルを0にする方法【売却編】画像4

なぜこのようなことになってしまったのか?

それは、契約書にそのように記載してしまったからです。

つまり、「売買後に毎月決まった売上を達成しなければ、サイトを返却し、返金する」という内容で契約を締結していたということです。

まさか?と思うかもしれませんが、実例です。

今ではほとんどなくなりましたが、過去にはこのように売主にとって不利な契約によって取引が進んだというケースもありました。

 

どうしてもお金が欲しい人には、それでも問題ないかもしれません。

しかし、サイトを運用するための時間やモチベーションがない方や、病気や怪我などで体力的にサイトを継続することが難しい方にとっては、譲渡後は他人のものなのに、売上を達成しなければならないというストレスがあります。

そして、サイトを売却した意味がわからなくなるほど、後味の悪い取引になってしまうかもしれません。

あなたには避けてほしいサイト売買の失敗

さらに、ぜひやってほしくないのが、変な人に売ってしまうということです。

私たちは、これまで200社以上の買い手様と関わってきました。しかし、全員が良い人というわけではありませんでした。

実は買収意志は全くなく、サイトの情報だけ抜き取りたいという人も一定数いることに気が付きました。

そういった相手であるということは、ほとんどはメールのやりとりの中でわかります。しかし、どうしても初心者では見分けがつかないと思います。

サイト売買の失敗やトラブルを0にする方法【売却編】画像5

更に悪質なケースだと、買収後に不当なクレームをつけて、返金を迫るor余計にお金を請求する、といったことを考えている人もいます。

実際に契約書作成の段階で、横暴な要求をしてくることもあります。サイト売買でも最悪なケースです。

例えるなら、ファミリーレストランで店員に怒鳴りつけるようなクレーマータイプの買収者も存在するということです。

お金を払う人=偉い人、と思っている器が小さい買い手とマッチングすると、非常にストレスなのでやめた方がいいでしょう。

失敗すると時間というあなたの資産が奪われる

最近のサイト売買では、譲渡後に3カ月程度のサポート期間を付けるのが一般的な流れです。

つまり、面倒な相手に売却してしまうと、不当な要求をされ奴隷のように扱われるなど、非常に大変な3カ月になるのです。

サイト売買の失敗やトラブルを0にする方法【売却編】画像6

サイト売却を検討している方には、売却後に挑戦したいビジネスや、時間を有効活用したいという考えがあると思います。

しかし、やりたいことに時間が割けないほど、サポートにかかりきりなってしまうかもしれません。

つまり、変な人に売却してしまうと、あなたの大事な時間が奪われてしまい、サイト売買において失敗する可能性が高いのです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はサイト売買で失敗しがちなポイントについて、売却前と売却後に大きく分けてお話しました。

売却前にそもそも売れないという失敗から、せっかくサイトを売却できても契約書の作成で白紙になったり、クレーマーの訴訟で大事な時間を失うこともあります。

総括すると、売れればいい!とさえ考えていると、失敗する可能性が高くなります。

これはビジネスでも同じですよね。

短期的にはうまくいくかもしれませんが、売上だけを追っているビジネスはいつかはなくなります。

サイト売買も、目先のお金だけ見ていると、その瞬間はうまくいったように思えますが、数年後に眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。

 

私たちサイトマでも、これまで過去にかなりの数の失敗を目にしてきましたが、結局はこういった考えに行き着きました。

ぜひとも、本記事を参考にしていただき、サイト売買を成功させてほしいと思います。

 

最後に・・・

今回、サイト売買のデメリットばかり書いてきましたが、それをはるかに上回るほどサイト売買にはメリットがたくさんあります。

ですから、ぜひ前向きにトライしていただき、事前にリスクヘッジをしておけば、これほど素晴らしい取引はないとさえ思っています。

少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

 

【あなたにオススメしたい記事】

>>1年半で約1億円分のサイトを売却した私達が教えるサイト売却のコツ

>>1分で分かるサイト売買の手数料について【売却編】

>>サイト売買のたった2つのコツ【売却編】これさえ抑えば成功できる

uritai7kaitai2

botan

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『サイト売買の失敗やトラブルを0にする方法【売却編】』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

お客様の声


「他にはないサービスだ」と思い依頼。

面倒な作業の代行は全てしてくれたので、気づいたらサイト譲渡が終わってしまう感覚でした。

»»詳しくはこちら

お客様の声


ここまで親切で丁寧なサイト売買業者様は、他にありませんでした。

»»詳しくはこちら

お客様の声

僕のような面倒くさがり屋には、激推しします(笑)

»»詳しくはこちら

お客様の声


とても親身になって対応していただき、また色々相談にも乗っていただきました。

»»詳しくはこちら

お客様の声

株式会社サイトマート
代表取締役 彦坂康太郎さん

安心、納得して購入することが出来ました

資産を増やすためにWebサイトの購入を検討していたところ、サイトマさんで気になる案件があり、購入の依頼をさせていただきました。

取引のやり取りから契約書の作成まで、非常に丁寧な対応をしていただき、安心して取引を進めることができました。

特に、購入者側としては最も気になる収益やアクセスに関する情報等もきっちり情報開示いただけたので、納得した上での購入ができて本当に良かったです。

私は過去に5回ほどWebサイトを購入した経験があります。サイトマさん以外も利用したことがありますが、サイトマさんが最も信頼できました。

サイト売買のプラットフォームを提供している業者はたくさんありますが、購入者と売却者のことを本当に考えて運営しているところは少ないです。そんな中、サイトマさんは貴重なサービスだと感じています。

また機会があれば、是非また利用したいです。

>>毎月限定数の無料査定に申し込む<<

∧ PAGE TOP