売り手も買い手もハッピーになるサイト売買(サイトM&A)を実現しよう

投稿日:

最終更新日:

bd94dbfd36e66a281481b7562cf8efd7_s

サイト売買(サイトM&A)って、まだあやしいと感じますか?

たしかに、サイト売買(サイトM&A)は、法人の売買と比べて額も規模も小さいですね。

そして、トラブルもおおく、きちんとした書籍も存在しません。

>>サイト売買の書籍でオススメは?口コミや値段など仲介会社が紹介

 

まだまだ土台は整っていない。そんなイメージもあります。

しかし現在では、これほど日本経済にダイレクトに寄与できる取引は、なかなかないのではないか?と思っています。

ITは、変化が激しい業界です。

ですから、サイトを売ったり買ったりすることは、時間の削減というかなりのメリットがあります。

 

それだけではありません。

会社があたらしいステージに成長するだけでなく、社長の心理負担の軽減、社員のモチベーション向上など、あげればキリがないほどです。

1度の取引で、いろんなことが実現できます。

だからこそ、トラブルなどのマイナス面も大きくなってしまうのではないでしょうか?

売り手、買い手も、かならず最後までやりきりましょう

406278977c4ab69fbb68b72e28230176_s

サイト売買を最後までやりきる。そんなこと当たり前だろ?と思うかもしれませんが、そんなことありません。

意外と多くの方が途中でやめてしまっています。

先日も、「譲渡先が決定し、契約書まで作り終わったところで、売主である私がシステム面で伝え忘れていたことがあった。」

ということを、聞きました。

なんと、たったそれだけで、売買は破綻・・・。

これって、ものすごくもったいないことです!

 

サイト売買は、もはや結婚のようなもので、売主と買主の巡り合わせは、ほとんど奇跡です。

その貴重なタイミングを逃さないようにしましょう。

「めんどくさくなった」「売るのが惜しくなった」「出資するのが怖くなった」など、ないようにしましょう。

相手のメリットも把握しておくこと

c89ad105f437f5b21d913fff37247684_s

売主も買主ともに、相手のメリットをもう少し考えるべきだと思います。

やはり最終的には、人と人。

「この人だったら、取引してもいい」となるためには、相手が何を求めているか?を把握しておきましょう。

 

売り手側には、

・新規事業に「人」「時間」「資金」を集中でき、さらなる収益化ができる

・キャッシュが手に入るので、財務状況の改善が図れる

・社長自身が心身ともに解放されることで、あたらしいライフステージを実現できる

 

買い手側には、

・新規サイトを0から立ち上げるために必要な「人」「時間」「資金」の大幅な削減ができる

・サイトの運営戦略、企画、キャッシュポイントの発掘などが不要

・新たな事業を手にすることで、メイン事業の水平展開、あたらしい販路の拡大、ノウハウなどが手に入る

 

など、ほかにも様々なメリットがあります。

このへんのツボをおさえておけば、交渉も有利になります。

信頼できる業者を選ぶこと

2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a_s

サイト売買,M&Aで失敗するケースは、ほとんどが仲介者がいないときです。

つまり、売主と買主だけですすめてしまうと、だいたいが痛い目をみます。

私自身も、これで3回ほど失敗していますので、ほんとうにオススメはしません(笑)

 

しかし、仲介業者もいろんな会社がありますので、選ぶときは慎重に選びましょう。

とくに、「料金」「サービス」の2点だけは、しっかりとみるようにしましょう。

料金が安ければ、電話対応すらやっておりません。

逆に高ければ、何からなにまでやってくれるというパターンが多いです。

最終的には、どんな業者があなたに合うか?が、とても重要です。

問い合わせなどして、しっかりと確かめるようにしてくださいね。

 

ご覧頂きましてありがとうございました。少しでもご参考になれば幸いです。

もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。

あなたのサイト売買が成功されることをお祈りしております。

 

>>サイト売買無料相談会をやっています

>>サイトマのサイト売買案件

uritai7kaitai2

botan

TOPへ戻る

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『売り手も買い手もハッピーになるサイト売買(サイトM&A)を実現しよう』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

∧ PAGE TOP