fbpx

コラム・お知らせ

廃業する会社を買うリスクとサイト売買という選択

「資金はあるから、まずは安く会社を買うのもありだな」と、考えたことはありませんか?

最近は、M&Aが加熱しており、「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」の書籍や、最近ではラジオ番組で、ラジオパーソナリティーが実際に会社を買収(M&A)していく企画があったりと、M&Aを身近に感じている方も多いかもしれません。

世の中には実際に数百万円で買える会社が存在します。本当なのです。

今回は、そんな事実ベースで、会社M&AとサイトM&Aを解説していければと思います。

あなたのサイト売買の参考になれば幸いです。

安い会社=廃業する会社を買う可能性が高い

「トランビ」という事業継承・M&Aプラットフォームをご存知でしょうか。いわば、サイトマのようなM&Aマッチングサイトです。

実は、サイトマも案件によっては掲載させていただいています。

その中で、最近おもしろい会社M&A案件を見つけました。メルマガの新着案件で紹介されていた一事例がこちらです。
会社M&A紹介実例
そうです、なんと、売却希望価格が250万円以下や、250万〜500万円という破格なのです!!

しかも、売上高は1億円〜2億5,000万円なのに、売却希望価格が250万円以下なのです。

こんなに安い金額で会社が買えてしまいます。

しかし、それは、廃業する可能性の高い会社を買うということかもしれません。

廃業する会社は、債務を抱えているリスクがある

さて、あなたならその300万円で会社を買いますか?

恐らくですが、売上高1億円〜2億5,000万円で、売却希望価格が250万円以下ということは、何かの大きな事情があるでしょう。

事業譲渡の場合、ここまでの安値が付くには、相応の理由があるはずです。

可能性が高いとすれば、債務(借金)を抱えているリスクが考えられます。そうでないと、売る側も売るメリットがないでしょう。

ネットショップの売却依頼でも、年商3,000万円でも、経費を差し引くと、ほぼ利益がない、ということはざらにあります。

よって、売却額がほぼ0に等しいのですが、ビジネスノウハウや仕入先、営業ルートなども譲渡になるため、0から同じビジネスを立ち上がることを考えると、多少の売却額が付くというものに似ています。

会社買収のプロならリスクを取るべき

あなたが会社買収のプロであれば、リスクをとっても勝てる見込みのある勝負なら廃業する会社を買収すべきでしょう。

しかし、そうでなければ、廃業寸前、いわば赤字会社を立て直すのは、そう簡単なことではありません。

今の生活を180度変えるほどの変化と、立て直しのスピードが求められるでしょう。

果たして、今の生活を変えたくないのであれば、それは可能でしょうか。

買収初心者はサイトを買収すべき

買収初心者が、最初に買収すべきは、会社買収よりサイト買収が堅実です。

もうお気づきかと思いますが、250万円で今回の会社M&Aをしたとしても、売上が1億円〜2億5,000万にはならないでしょう。

しかし、サイトM&Aは違います。

サイトM&Aの売却希望額は、基本的には例外を除いて【直近半年の月間平均営業利益×17〜24ヶ月】(2019年9月現在)のため、未来に得られる売上が予測できます。

また、そこに借金や煩雑な税金などは付いてきません。

シンプルに、未来の売上を買うのがサイト買収なのです。

M&Aという未来を先取りできる手段があれど、それを選択し、運用を始めるのは「今」です。

今、あなたが、現在の生活を継続しながら、未来も見据えて始められる買収はサイト買収でしょう。

廃業する会社を買うリスクとサイト売買という選択について、解説してきました。

ぜひ、あなたのサイト売買の参考になれば幸いです。

最後まで、ご覧頂きましてありがとうございました。

もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。

きっと今後も参考になるはずです。

あなたのサイト売買が成功されることをお祈りしております。
 
【あなたにオススメしたい記事】
>>サイト売買の流れとは?初めて買収するときの手順と注意点
>>99%の人はサイト運営のモチベーションが下がるワケ
>>サイト売買(サイトM&A)で比較して安く早く買収するコツ
>>サイト売買(サイトM&A)で売却後に買主よりクレームがきました<実話>
>>サイト売買の方法&やり方7つのステップ!注意点やコツなど(売却編)

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム