fbpx

コラム・お知らせ

高いサイトを買う人っているんですか?


「高いサイトを買う人っているんですか?」
 
最近、サイトマ案件で1,000万円を超える案件も増えてきました。

先日、それを見た売主様から「高いサイトを買う人っているんですか?」と、ご質問いただきました。

はい、もちろんいらっしゃいます。

では、どんな人が買うのでしょうか?

そもそも高いサイトを買いたい

そもそも、高いサイトを探している人がいます。企業です。

とくに、銀行の融資を受けれるようになったで最大額を使いたい企業様です。

例えば先日、まさにあった問い合わせですが、「今回5,000万円の融資を受けられることになったので、3,000万円規模のサイトを探しています。ジャンルは問いません、売上が月に100万以上上がっているサイトが希望です。」という感じです。

融資を受けるということは、企業としては、受けられる最大額を使いたいわけですし、何に使ったかの証明が必要になるので、最大限使わないといけない発想になります。

これは、個人の融資でも同じです。

「銀行から満額使ってくださいと言われているので、合計で500万円になるように何サイトか紹介してもらえませんか?」という問い合わせもあります。

よって、金額必須なのです。

決算月なのでキャッシュを有効に使いたい

こちらもよくあるパターンです。

9月や10月、年末に向けては決算月も多い月です。

そこで、かなりの黒字が出ることがわかる企業様も出てきます。

法人は、営業利益に対して法人税というものを支払わないといけません。

税率は企業によりますが、平均約30%だとしても、2,000万円の営業利益であれば、600万円の法人税の支払いが必要です。

しかし、1,000万円の営業利益であれば、半分の300万円の法人税で済むのです。

よって、何もせずに600万円の税金を支払うのであれば、この機会に色々と欲しかったものを新調したり、ベンツを買ったりしていた方が多かったですが、今は利益を生むサイト買収へシフト変換される経営者も増えてきました。

まさに、有効なキャッシュの使い方です。

このような理由で、何千万、何億というサイトを購入する方がいらっしゃいます。

また、恐らくですが、上場企業の場合、投資家という第三の関係者がいるため、株主の安心と株価アップを目的としているところもあり、市場価格以上の価値でサイト買収をされるところもあると予測されます。

そもそも高額で買収したいという需要があるため、高いサイトでも買収されるという背景です。

ご参考になれば幸いです。

ご覧いただきまして、ありがとうございました。

【あなたにオススメしたい記事】
>>サイト売却をする前に知っておくべきサイト売買のトラブル事例5つ
>>サイト売買のリスクとは?売却したいあなたが知っておくべき3つのリスク
>>1分で分かるサイト売買の手数料について【売却編】
>>サイト売買のたった2つのコツ【売却編】これさえ抑えば成功できる
>>サイト売買の方法&やり方7つのステップ!注意点やコツなど(売却編)

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム