fbpx

コラム・お知らせ

サイト売買でサイトを売却する理由とは?〜4,資金調達タイプ〜

サイト売買でサイトを売却する理由とは?〜4,資金調達タイプ〜
サイトを売る理由は、人それぞれです。
はじめてのサイト売買,M&Aですと、どんな理由が多いか気になるものですよね。
今回は、前回の続きになります。稀にみるケースですが、「資金調達タイプ」についてみていきます。
 
他の売却や譲渡する理由については、こちらです。
>>1、事業撤退タイプ
>>2、環境要因タイプ
>>3、内部限界タイプ

やばい。お金がない

事業を行っていると、予期せぬことが多いですよね。
せっかく打った広告が反応なかったり、社員が辞めてしまったり、施策がまったくヒットしなかったり・・・。
あげればキリがありませんが、社長や事業主は常に資金との問題がつきまといます。
なかには投資に失敗した!という経営者もいらっしゃいます。それによって、取り返しのつかない事態になることも。
 
そんなとき。自社の存続をかけて、保有のサイトを売る!という決断をされる方もいらっしゃいます。
苦渋の決断だとは思いますが、再起をかけての賢明な判断だと思います。
 
しかしこういった場合、非常に急いでいるため、誤ったサイト売買をしてしまうケースが多いので注意が必要です。
不適切な価格設定だったり、仲介者をたてずに、売り手と買い手だけで進めてしまう・・・。
こうなると、手元に残るお金の額が相当変わってきますので、ぜひとも冷静になってください

次の事業のために資金確保

とある方が、海外にビジネス展開するため、保有のアフィリエイトサイトをいくつか売却する、というケースがありました。
複数もっているサイトのうち、海外でも更新ができそうな数サイトだけ残して、あとは売ってしまおう!ということです。
 
これは、非常に賢明な経営判断だと言えます。さすがに海外となると、何もかもがはじめてになりますので、混乱の日々が続くに違いありません。
そんななか、これまでと同様に、複数サイトの運営はとてもできない、とその社長は判断されたのです。
単純にサイトを削除するのではなく、売ってしまい海外ビジネスの種銭にする。
できる社長さんは、いい意味で潔く手放すことができる人が多いですね。

起業のための資金へ

いまでは、個人がつくったブログでも、そこそこ稼いでいるサイトが存在します。
そういったサイトを売却して、本来やりたかったビジネスで法人化するという方も、最近多いように感じます。
 
たとえば、本来はネイルサロンをやりたかったが資金がなかっため、美容系のアフィリエイトサイトで副業をスタート。収益が安定してきたので、売却しサロン開業の資金にまわした。など。
 
もしも、あなたが起業を志しており、副業でブログ運営をされているのであれば、いずれ資金にまわすために売却を検討してもいいでしょう。
いまでは、アフィリエイトサイトも需要がありますので、まずは無料査定されることをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
サイトに愛着があるから・・・といって、なかなか売らない人がいますが、将来やりたいことがあるのに現状で資金が足りない場合は、種銭にするのもありだと思います。
お金はいつでも稼ぐことができます。しかし、時間は有限です。
あなたがいつまでも若いとは限りません。いまの若さでチャレンジするために、潔い売却も1つの方法です。
ご覧いただき、ありがとうございました。
 
他の売却や譲渡する理由については、こちらです。
>>1、事業撤退タイプ
>>2、環境要因タイプ
>>3、内部限界タイプ

TOPへ戻る

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム