Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

サイトを売却や譲渡する理由とは?〜3、内部限界タイプ〜

投稿日:

最終更新日:

e05fe8affb9bb46d8a001df67d159c27_s

サイトを売る理由は、人それぞれです。

はじめてのサイト売買,M&Aですと、どんな理由が多いか気になるものですよね。

今回は、前回の続きになります。意外と多い、「内部限界タイプ」について、みていきましょう。

 

他の売却や譲渡する理由については、こちらです。

>>1、事業撤退タイプ

>>2、環境要因タイプ

>>4、資金調達タイプ

 

やる気が続かない!

実は、このメンタルによるサイト売却も意外と多いものです。

まず大きな要素としては、やる気がわかなくなった。ということです。

 

こちらの図をご覧ください。

スクリーンショット 2016-07-25 13.45.46

出展:http://www.chusho.meti.go.jp

 

こちらは、中小企業経営者に「廃業の可能性を感じたキッカケ」をアンケートした結果です。

なんと、経営者自身の気力が、もっとも多い原因だったのです!経営悪化や、お客さんの減少などが理由ではないのですね。そんなことは、正直問題ではないということです。

日本のほとんどが中小企業という現状で、その廃業を考えるキッカケが・・・。気力。そう、やる気なのですね。

これは意外だ!と思われた方は多いのではないでしょうか?

 

しかし実は、サイト売却でも同じことが言えます。

だいたい1つのサイトがうまくいくと、いろいろなサイトを作りたくなるのが人間です。マーケティングが得意な会社であれば尚更でしょう。

10個、20個とつくりますが、だいたい手が回らなくなります。そうなると、やる気が出てこないサイトがあるわけです。

そこで売却を検討する・・・。というのが、よくあるパターンなのです。

 

ちなみに、そういったサイトでも、利益が上がっており成長期であれば、かなりにスムーズにサイト売却ができます。

何もサイトを売る理由が、「やる気」ということは恥ずかしいことではありません。「時間がさけなくなった」という理由も、もっともなのですが、その本音はやる気だったりするケースが少なくありません。

 

また、サイト運営者の病気などで更新が止まってしまった。このままでは、お客さんに迷惑かかるので。と、売却を検討される方もいます。

いずれにせよ、社長やサイトオーナーの気力によるところが、実は大きな撤退要因になっているのです。

 

モチベーションが続くかない!

それとは対象的に、ずっと1つのサイトだけを運営してきた方が、いきなりサイトを手放すことがあります。

そう。「飽きた」ということです。こういった理由も、思いのほか多いものです。

 

1つだけのサイトに集中してきた場合、かなりいいサイトに仕上がっていることがあります。多くの場合、ビッグキーワードで上位表示ができているでしょう。

実は、そのようなサイトを”喉から手が出るほどほしい!”と思う法人は、かなりあります。

たとえば、そのサイトとライバル関係にあるサイトなどがそうです。そのサイトを買収してしまえば、ライバルが1つ減るだけでなく、自分の戦力になるわけです。

>>必見!サイトを買収、M&Aする際に気をつける4つの視点〜ライバルサイトを自分のものにする〜

 

将棋でいうと、飛車と角が一気に手に入った、そんな感じでしょうか。そんな状態であれば、勝利は見えているわけです。

かつて、楽天が「旅の窓口」というサイトを買収して、楽天トラベルを大きくしました。このようにライバルサイトが、頭を下げて交渉にくることも珍しくありません。

私の知っている事例でも、「業界1位のサイトが2位に売る」「業界2位のサイトが1位に売る」ということは、多々あります。

もしあなたが、サイト運営に『飽きたなぁ』と感じたのであれば、ぜひとも売却を検討してみてください。

きっと、多くの交渉が入ることだと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もし、あなたがサイトを売るとき、やる気やモチベーションなどの感情的な理由だとしても何も恥ずかしいことはありません。

それよりも、ダラダラと運営を続けることの方が、ユーザーやお客さん、社員等に非常に迷惑だということを覚えておいてください。

 

また、サイトを買収する際、このやる気やモチベーションが理由であるとわかった場合、あまり深く詮索しない方が得策です。

売り手さんによっては、あまり本音を語りたくない場合もあります。きちんと、数宇とデータだけ見て、判断されることが望ましいと思います。

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

他の売却や譲渡する理由については、こちらです。

>>1、事業撤退タイプ

>>2、環境要因タイプ

>>4、資金調達タイプ

 

uritai7kaitai2

botan

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『サイトを売却や譲渡する理由とは?〜3、内部限界タイプ〜』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

お客様の声


「他にはないサービスだ」と思い依頼。

面倒な作業の代行は全てしてくれたので、気づいたらサイト譲渡が終わってしまう感覚でした。

»»詳しくはこちら

お客様の声


ここまで親切で丁寧なサイト売買業者様は、他にありませんでした。

»»詳しくはこちら

お客様の声

僕のような面倒くさがり屋には、激推しします(笑)

»»詳しくはこちら

お客様の声


とても親身になって対応していただき、また色々相談にも乗っていただきました。

»»詳しくはこちら

お客様の声

株式会社サイトマート
代表取締役 彦坂康太郎さん

安心、納得して購入することが出来ました

資産を増やすためにWebサイトの購入を検討していたところ、サイトマさんで気になる案件があり、購入の依頼をさせていただきました。

取引のやり取りから契約書の作成まで、非常に丁寧な対応をしていただき、安心して取引を進めることができました。

特に、購入者側としては最も気になる収益やアクセスに関する情報等もきっちり情報開示いただけたので、納得した上での購入ができて本当に良かったです。

私は過去に5回ほどWebサイトを購入した経験があります。サイトマさん以外も利用したことがありますが、サイトマさんが最も信頼できました。

サイト売買のプラットフォームを提供している業者はたくさんありますが、購入者と売却者のことを本当に考えて運営しているところは少ないです。そんな中、サイトマさんは貴重なサービスだと感じています。

また機会があれば、是非また利用したいです。

>>毎月限定数の無料査定に申し込む<<

∧ PAGE TOP