fbpx

コラム・お知らせ

サイト売買で稼ぐ3つの視点とは?仲介業者がアドバイスします

サイト売買で稼ぐ3つの視点とは?仲介業者がアドバイスします
「サイト売買(サイトM&A)で稼ぐにはどうしたらいいのだろう?」と、疑問でありませんか?
実際、ネットにも情報は乏しく、かつ知人も経験者がほとんどいないと思いますので、確かな情報が入りにくい状態です。
しかしご安心ください。本記事をお読み頂ければ、サイト売買で稼ぐ方法が具体的に理解できます。
なぜなら、1年半で約1億円分のwebサイト売買に携わってきた仲介である私たちが客観的に解説していくためです。
>>1年半で約1億円分のサイトを売却した私達が教えるサイト売却のコツ
(※2018年5月現在、2年間でwebサイトの売買を仲介した累計金額は約1億2千万円を突破しました)
 
現在も、毎日のように問い合わせがあり売却依頼や、買収の相談を多く受けます。実際のデータに基づいた経験談や客観的なデータなども加味して執筆していきます。
あなたのサイト売買へお役に立てれば幸いです。
【関連記事】
>>サイト売買は儲かるのか?仲介業者が客観的な意見を述べます
>>サイト売買で儲ける方法!リスクなく儲かる2つの方法とは?!
>>サイト売買で儲かる方法とは?税金対策や失敗を避ける3つの具体策

買い手として稼ぐには?

サイトを買収して利回りを出していくことが、もっともスピーディーに稼ぐ方法です。なぜなら、もっとも難しいとされている「0→1」を乗り越えたビジネス(webサイト)を買い取ることができるからです。
すでに完成されたビジネスを、さらに飛躍させていくことは、時間がない中小企業にとっては効率的に稼ぐ方法の1つとなるはずです。
 
しかしながら、M&Aはあくまでビジネスという仕組みに投資をする行為となります。よって、100%成功するということは、まずあり得ません。
名だたる企業が買収した会社を赤字にしてしまう、手放してしまうなど、失敗することも当然あるわけです。稀に「自分であれば絶対にうまくいく!」と、ロクにリサーチやリスクヘッジもせずに買収する社長がいますので注意です。
 
しかし、ここで具体的な解決策を提示いたします。
それは、少額のwebサイト買収から試して、会社としてM&Aの練習をしていき、修練できた時点で大型のM&Aにチャレンジするという方法です。
一見遠回りのように見えますが、成功確率を確実にアップさせることができる方法です。
少額の定義は法人の余剰金によって異なりますし、年商や経常利益によって視点も異なりますので、個別にアドバイスすることになるでしょう。
しかし、いきなり大型のM&Aをして成功する会社はそう多くないということは覚えておきましょう。せめて中型、できれば社長がこっそりと小さなwebサイトを買収し、感覚を掴んでおくことです。
 
さらに、買収後、投資金額をしっかり回収できた後、売却をしてしまうという方法もあります。これは買い手の特権です。もちろん、必ず売却できるという保証はありませんが、売却できたwebサイトは売却しやすいというデータが取れています。(サイトマ調べ)
この際、まとまったキャッシュが手に入りますので、会社として既存事業への投資や、また新しいwebサイトを買収するなど、キャッシュの活用計画を事前に立てておくといいでしょう。

売り手として稼ぐには?

まずはシンプルにいいサイトを作成し、誠実に運営することです。そうすれば、高い確率で売却が可能となります。
具体的に売却しやすいサイトの特徴は、月間の営業利益が出ていることです。つまり、毎月経費を差し引いてキャッシュが残っているwebサイトであれば、こぞって欲しがります。
逆に、赤字のサイト、ほとんど営業利益がないサイトは、投資の対象として見られないことが多いため、売却が難しくなります。よって、まずはしっかりキャッシュを残すサイトへ成長させることです。
 
また、仕組み化されているwebサイトも売却がしやすい特徴があります。
なぜなら、買い手としては、スタッフや外注に対価を支払うだけで、毎月にキャッシュフローが確約される訳ですから、不動産投資とほぼ変わらないと理解できる訳です。
もちろん、そこからさらに発展させるためには買い手の努力が必須となる訳ですが、買い手としては非常に魅力的なwebサイトとして映ります。
ぜひ、営業利益+仕組み化で売却を実現し、しっかり稼いで欲しいと思います。

仲介として稼ぐには?

webサイトの運営はもちろん、サイトの売却と買収をそれぞれ経験しておく必要があるでしょう。なぜなら、マッチングビジネスになりますので、売り手と買い手の気持ちが分からないと成立しないからです。
私たちサイトマの代表中島も、サイト買収はもちろん、webサイト運営を得てサイト売却を経験しています。その現場感から、サイトマを立ち上げることができたと言っています。
>>代表挨拶
 
もちろん、仲介業者の中には、買収しか経験がない、売却しか経験がないという業者もあります。さらには、そもそもどちらも経験がないという仲介業者もあります。
どのサービスを活用するかは自由ですが、やはり大きな金額が動く取引になりますので、信頼ある業者を選びたいのが本音でしょう。
よって、仲介業者で稼ぐことを検討されている方は、『サイト運営+サイト売却+サイト買収=3〜5年』は下積みを経験し、『仲介業者として=3〜5年』の実務経験を得れば、それなりに稼ぐことができるでしょう。
つまり、まったくのゼロからですと、稼げるまでに6〜10年はかかることになりますので、むやみに参入すると長くは続きません。
しっかりと計画的に、もしくは自分が本当に携わっていくビジネスを他に見つけるということも手だと思います。実際、簡単なビジネスではありませんので、相当な覚悟が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
サイト売買で稼ぐ方法として、買い手、売り手、仲介という3つの視点で解説してきました。
買い手としては、少額のwebサイト買収から試して、会社としてM&Aの練習をしていき、修練できた時点で大型のM&Aにチャレンジするという方法が確実です。さらに、買収後、投資金額をしっかり回収できた後、売却をしてしまうという方法もあります。
売り手としては、毎月経費を差し引いてキャッシュが残っているwebサイトであれば、売却しやすいです。さらに、仕組み化されているwebサイトも売却がしやすい特徴があります。
仲介としては、『サイト運営+サイト売却+サイト買収+仲介業者として=6〜10年』の経験を得れば、稼ぐことができるでしょう。
ご参考になれば幸いです。
 
【あなたにオススメしたい記事】
>>サイト売買のたった4つのコツ【買収編】これさえ抑えば成功できる
>>1分で分かるサイト売買の手数料について【買収編】
>>サイト買収を失敗してしまう人の具体的な3パターン
>>サイト売買の方法&やり方6つのステップ!注意点やコツなど(買収編)
>>あなたがサイトを買収できるようになるたった1つのコツ

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム