fbpx

コラム・お知らせ

サイト売買でアドセンスサイトを売却するコツと注意点をプロが解説

サイト売買でアドセンスサイトを売却するコツと注意点をプロが解説
「アドセンスサイトなんて売れるのかな?」と疑問ではありませんか?
近年、サイト売買(サイトM&A)では、グーグルが提供するクリック型のアフィリエイト広告でメイン収益を上げているサイトが売買されています。このようなサイトは、アドセンスサイトと言われていますが、あなたのアドセンスサイトは売却できるでしょうか。
【関連記事】サイト売買でアドセンスサイトを買収するコツと注意点をプロが解説
本記事では、アドセンスサイトはそもそも売れるのか?という話だけでなく、
・いくらで売れるのか?
・どんな会社(個人)が買収していくのか?
・買い手がアドセンスアカウントをもっていない時の対処法
など、具体的な内容まで執筆していきます。
 
なぜ、ここまで解説できるのかと言うと、私たち「サイトマ」は、たった1年半で約1億円のwebサイト売買の仲介をしてきた実績があるからです。
>>1年半で約1億円分のサイトを売却した私達が教えるサイト売却のコツ
(※2018年5月現在、2年間でwebサイトの売買を仲介した累計金額は約1億2千万円を突破しました)
現場で取引に関わってきたので、現場感だけでなく、実際のデータに基づいた客観的なデータなども加味して執筆していきます。
あなたのアドセンスサイト売却へのお役に立てれば幸いです。

アドセンスサイトは売れるのか?

実際、アドセンスサイトは多く取引されています。あなたのアドセンスサイトも売却できる可能性があるかもしれません。
しかし、買い手が重視するポイントは、アドセンスサイトだからということではなく、買収するサイトからのキャッシュフローを期待しています。
つまり、「毎月10万円のお金が残っている」というように、運営していくだけで毎月キャッシュが増えていく。そんなサイトに価値を感じています。
 
かなり大雑把ですが、毎月のキャッシュフローは以下の式で計算できます。サイト売買では、月間の営業利益という表現をしています。

月間の営業利益を算出する式
・月の売上(円)−月の経費(円)=月間の営業利益(円)

 
例えば、月の売上が50万円のアドセンスサイトがあったとします。外注費、人件費、サーバー代の経費が10万円だった場合、月間の営業利益は50ー10=40万円となります。
この営業利益が10万円以上ですと、スムーズに売却できることがわかっています。対して、10万円以下ですと法人からの問い合わせが激減することになり、副業レベルで検討しているサラリーマンの方が買収するケースが多くなります。
>>1年半で約1億円分のサイトを売却した私達が教えるサイト売却のコツ
営業利益が10万円を下回るサイトは最大で交渉数が73%ダウンすることが、私たちの活動で分かっています。
よって、あなたのアドセンスサイトの営業利益がいくらあるのか?というだけで、概ねどのような方に買収してもらえそうかが分かる指標にもなります。

Point1
月間の営業利益が平均して10万円以上 法人が交渉&買収してくれることが多い
月間の営業利益が平均して10万円以下 個人が交渉&買収してくれることが多い

 

Point2
個人(副業) 50万円〜100万円
個人(将来的に独立を志望) 100万円〜300万円
個人事業主〜小規模法人(合同会社) 200万円〜500万円
小規模法人(合同会社)〜中規模法人 500万円〜1000万円

(表:サイト買収初心者が初めて買収したサイト金額の平均値(サイトマ調べ))

 

いくらで売れるのか?

一般的なwebサイト売買における譲渡金額の算出は以下の通りです。

売却金額計算式
直近半年の営業利益平均×12〜15か月=譲渡金額

つまり、月間で40万円の営業利益をコンスタントに出しているサイトですと、480〜600万円で取引されることが多いということです。
また、今後はさらに売却値段が上がっていくと予想されます。

今後のサイト売却金額計算式の予想
直近半年の営業利益平均×15〜22か月=譲渡金額

実際、20か月で検討している買い手も多いようですし、20か月で取引が行われているケースもあります。
私たちサイトマでも、19か月で締結したアドセンスサイトもありました。今後も売り手にとっては有利な取引が続くでしょう。
 
ただし、芸能人を紹介するようなアドセンスサイトは、現在市場に飽和している状態です。(2018年6月)
よって、芸能系のアフィリエイトサイトを自分自身で売却する場合、10〜12か月ほどで売却を進めるとスムーズだと思います。私たちサイトマも、芸能系のアフィリエイトサイトの売却は、ここ最近スピードが遅く買い手有利になりがちです。

どんな会社(個人)が買うのか?

アドセンスサイトを買収する法人は、新規事業でアフィリエイトに参入される法人が多いです。自分たちで0から作成する時間とノウハウがない代わりに、キャッシュは潤沢にある、というような法人です。
過去には、運送業、サービス業、鉄鋼業、塾経営、など、アフィリエイトとは全く縁のない法人が買収されていきました。
なぜ、このような法人が多いかと言うと、やはりアドセンスサイトはアクセスを集めるだけに集中することになるため、初めてでも買収後の運営がラクということです。
買収後、必ずしも社長が運営するわけではありません。担当社員が運営するケースもありますので、いきなり運営に任命された社員でもそこそこ結果ができる買収案件は、ネットショップでもなく、ポータルサイトでもなく、アドセンスサイトになるわけです。

注意!買い手がアドセンスアカウントをもっていない時の対処法

50%程度の高確率で、買い手がアドセンスアカウントを持っていない場合があります。契約後に発覚するケースもありますので、売り手であるあなたは事前に確認をしていく必要があります。
もし、アカウントをもっていない場合、これまでサイトマが提案してきた対処方法は以下のとおりです。

1、サイト売買後のサポート期間で、アドセンスアカウント取得のサポートをする

多くの売り手買い手がこちらを選択します。早ければ1か月以内に買い手が取得できます。
アカウントを取得している間、発生した売上については、売り手と買い手で相談することになります。しかし、多くの場合、買い手の資産になりますので、売り手のアカウントから発生した売上は買い手に振込をして対応しています。

2、売り手のアカウントごと譲渡してしまう

そもそも、アドセンスサイト運営から撤退するという売り手もいます。その場合、アカウントごと譲渡してしまいます。
こうなると当然、買い手としてはアカウント取得の手間がなくなりますので、売却スピードは早くなる傾向があります。

まとめ

いかがでしたか?
アドセンスサイトは売却できます。しかし、月間の営業利益がある方が売却の可能性が高いです。
さらに、10万円以上の月間営業利益がある方が、法人からの問い合わせも増えるため、売却がスムーズです。さらに、芸能系アフィリエイトサイトは市場に飽和しているので、売却金額を下げた方が売買できるでしょう。
買い手は、運送業、サービス業、鉄鋼業、塾経営、など、アフィリエイトとは全く縁のない法人が買収されていきました。
また、買い手がアドセンスアカウントを持っていない場合があります。
その場合、
1、サイト売買後のサポート期間で、アドセンスアカウント取得のサポートをする
2、売り手のアカウントごと譲渡してしまう
という対処方法がありますので、ぜひとも参考にしてください。しかし、事前に買い手に確認をしましょう。すでにアカウントは持っている可能性もあります。
 
ご覧頂きましてありがとうございました。少しでもご参考になれば幸いです。
もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。
あなたのサイト売買が成功されることをお祈りしております。
 
>>サイト売買無料相談会をやっています
>>サイトマのサイト売買案件

【あなたにオススメしたい記事】
>>サイト売却をする前に知っておくべきサイト売買のトラブル事例5つ
>>サイト売買のリスクとは?売却したいあなたが知っておくべき3つのリスク
>>1分で分かるサイト売買の手数料について【売却編】
>>サイト売買のたった2つのコツ【売却編】これさえ抑えば成功できる
>>サイト売買の方法&やり方7つのステップ!注意点やコツなど(売却編)

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム