fbpx

コラム・お知らせ

サイト売買(サイトM&A)で取引してはいけない売主の特徴と対策


「趣味で運営しているサイトが、自分で管理できなくなったから売却の仲介をお願いしたい」
こんなお電話でのお問い合わせがありました。
一聞すると、よくある売却依頼と思ったのですが、よく話を聞くと受けてはいけないサイトでした。
おそらく、仲介サイトの掲示板なら存在するサイトかもしれません。
自分が利益を得ることしか考えていない売り手様でしたので、丁重にお断りさせていただきました。
なぜ、この売り手様のサイトは受け入れられなかったのでしょうか。
少ない例ですが、確実にサイト売買業界にいる売主タイプです。
買い手の方は、自分がひっかからないように、ブラックリスト情報として知っていただければ幸いです。

匿名希望の売却依頼

まず、名前を明かしたくない、という時点で、9割型受注しない方向でお話しています。
たまに、無料査定フォームの名前が、すべてひらながやカタカナなどの場合も同じです。
基本的には、本名確認をさせていただいております。
これは、買い手でも同じことが言えるのですが、問い合わせの名前が怪しい人は、その時点で、売り手への紹介順位が下がります。
顔が見えないサイト上だからと言って、人としての当たり前の対応をできない人は信用できないからです。
今回の方は、名前を明かしたくなければ、最初の時点ではサイトURLも伝えたくない、でも仲介に入ってもらいたいという変わった方でした。

ただ売りたい人はお断り

要はこうでした。
・無料書き込みサイトをサイト運営に詳しい知人に趣味で運用代行してもらっていたが、知人が忙しくなり運営できなくなった。自分は知識がなく運用できない。
・アフィリエイト広告は貼っていないため、広告収入もその他売上もない。
・何かの無料診断サイトに情報を入力したら、サイト価値が300万円ほどあると診断された。
・自分はサイトの知識がないので、仲介に入ってもらわないと売却は難しいと考えている。
・高値で売ってもらえるのなら、売却依頼したい。
そこで全てを代行してくれるサイトマを見つけて問い合わせた、という経緯でした。
買う側の立場になるとお分かりかと思いますが、ビジネスを買うつもりでサイトを選んでいるので、300万円の価値の根拠も実績もないサイトを買いたいとは思わないでしょう。
そして、売り手本人がサイトを語る自身もないということは、売りっぱなしにしたい可能性が高いです。
そんな無責任なサイトを受けるつもりもないですし、そもそも買い手のことを何も考えていない売り手だということがわかります。
何よりも怖いと思ったのは、「何かの無料診断サイトに情報を入力したら、サイト価値が300万円ほどあると診断された。」ということです。
詳しいサイト名は教えてくださらなかったですが、どんな数値を入力しても数百万円と表示される仕組みかもしれませんし、根拠が不明です。
サイト売買は情報がまだまだ少ないからこそ、騙されてはいけません。
ただ売りたいだけだ、と感じた人は基本的にお断りさせていただいております。

仲介には選ぶ責任がある

もし、直接交渉の機会で、あなたが先ほどのような怪しい売主に出会った時は、電話で話す機会があれば「あなたのサイトを買収することで、私には何のメリットがありますか?」と聞いてみましょう。
きっとすぐに答えられないでしょうし、答えたとしても、その答え方の反応で人となりがわかるはずです。
サイトマでは、無料査定後に、実際に引き受けるサイトかどうかを判断するにはお電話でお話させていただいております。
その際に、色々と質問をさせていただいておりますが、怪しいと思った方へ伺う質問の一つです。
ぜひとも、あなたのサイト売買にお役に立てれば幸いです。
もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。
 
【あなたにオススメしたい記事】
>>【2018年】サイト売買のメルマガ開封率ベスト10【5位〜1位】
>>【2018年】サイト売買のメルマガ開封率ベスト10【10位〜6位】
>>買いたい人向け-よくある質問
>>開催中のサイト売買セミナー
>>サイト売買無料相談会

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム