fbpx

コラム・お知らせ

【サイト売買の相談】海外在住ですが、サイト売却できますか?


「海外在住ですが、サイト売却できますか?」
実は、定期的にある、実際のお問い合わせです。
サイト売却をする売主様は、聡明な方が多い印象です。
そして、中には、海外に住みながら、住む場所も時間の使い方も自由に設計されている方もいらっしゃいます。

パソコン一つで完結

サイト売買のやり取りは、基本的に、電話とメールのみです。
海外在住で携帯を持っていない方もいますが、そんな時はスカイプで代用できます。
無料査定の問い合わせのやりとりも、買主様との音声面談も、スカイプがあれば成立します。
契約書の郵送のやりとりも、メールでの内容合意後に、海外在住の売主様から日本の買主様に送っていただき、買主様からは売主様の日本のお住まいや実家に送ってもらうことで対応が可能です。
煩雑なやりとりもありません。

サイト売却は海外生活の資金確保手段

海外在住の売主様に多い傾向として、語学留学や旅行での滞在の方のお話をよく聞きます。
「1年間の語学留学で韓国に来ています」
「ノマドで海外生活しているので、資金次第でどこに行こうか検討しています」
今まで、実際に伺った売主様のお声です。
よって、海外在住中に売却が決まれば、数百万という資金が一気に手に入るため、数ヶ月の旅行延期や留学延期が簡単に叶います。
そのためにも、早期売却や即決を希望される売主様も多く、値引きにも心よく応じてくれることがあります。
売り手・買い手の双方にメリットがあるため、取引も大変スムーズに行われます。

サイト運営は働く場所を選ばない

サイト運営は働く場所を選びません。
日本でも、海外でも運営が可能ですし、売却も買収も可能という、夢のようなビジネスなのです。
銀行融資の担当から見ても、サイト運営事業は、飲食店のように家賃や固定費(人件費)が掛からないですし、利益回収の見込みが立ちやすいビジネスモデルということで、不動産よりも安心して融資を出しやすい事業と捉えられていることがあるそうです。
悠々自適に海外生活を楽しんでいる売主様にとっては、サイト売買はライフラインのような役割を果たしているのかもしれません。
もちろん、海外だけではなく、国内でも自由に人生を謳歌されているサイト運営者も多いはずです。そして、そのような生き方に憧れている方も増えてきました。
ぜひ一度、国内外問わずに、このような生き方を目指す方は、サイト売買を検討されてみてはいかがでしょうか?
 
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。
 
【あなたにオススメしたい記事】
>>サイト売買の流れとは?初めて買収するときの手順と注意点
>>99%の人はサイト運営のモチベーションが下がるワケ
>>サイト売買(サイトM&A)で比較して安く早く買収するコツ
>>サイト売買(サイトM&A)で売却後に買主よりクレームがきました<実話>
>>サイト売買の方法&やり方7つのステップ!注意点やコツなど(売却編)

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム