fbpx

コラム・お知らせ

サイト売買(サイトM&A)に向いていない人-売手編

サイト売買向いてない人売却イメージ1
「サイトを売ってしまって大丈夫だろうか?」と、不安になっていませんか?
たしかにその気持ちはとてもわかります。
私たちサイト売却専門「サイトマ」では、2016年5月から累計で250サイト以上の相談と1億円以上の売却をサポートしてきました。(2018年4月現在)
>>1年半で約1億円分のサイトを売却した私達が教えるサイト売却のコツ
その中で分かったのですが、実は多くの売主様が、不安や心配は少なからずあるものです。しかし、そういった不安や心配は、おおよそ取り越し苦労だということはほとんどです。
サイト売却に成功された佐々木様は、売却前は「大丈夫だろうか?」と心配されていました。しかし、とても清々しい表情になり、海外留学や世界旅行に行くとのことでした。

 
しかしながら、相談をいただく方の中でも、「この方はサイト売買に向いていない」という方もいらっしゃいました。
そういう方は、残念ながら売却のチャンスがあるのに、売却できないこともありました。
一体なぜでしょうか?
本記事では、サイト売買に向いていない売り手の特徴などを解説していきます。もし、該当するものが多ければ、あなたは売却をするべきではありません。
ぜひ、今後の参考にして頂きますと幸いです。

感情的な人はサイト売買に向いてない

サイト売買=感情
webサイトを売却しようとする社長やサイトオーナーが、感情的なタイプであれば、サイト売買には向いていません。
「なぜ、そこでその判断をしたのか?!」というくらい、感情だけで取引をしてしまいます。そして、だいたい失敗します。
こういうタイプの方は、売却に限らず買収する際にも向いていません。つまり、サイト売買そのものに向いていないということになります。
なぜなら、サイト売買は”数字”と”感情”のバランスが重要だからです。
ノリでサイト売買していまう、いい人そうだから取引してしまう、これはおおよそ失敗します。そうではなく、カタチのないwebサイトを数字で客観的に判断する必要があるのです。
そこで、必要なのはファイナンスの知識になります。ファイナンスを理解していれば、感情的な方でも失敗を回避できます。(もしくは、ファイナンスの思考ができるアドバイザーに意見をもらうといいでしょう。)
ですから、ぜひともファイナンスの知識をもってサイト売買に取り組んでほしいと思います。
では、いったいファイナンスとは何でしょうか?
今回は、ざっくりとした説明になりますが、解説したいと思います。

将来の価値から逆算しよう

サイト売買はキャッシュ価値
仮にあなたの100万円を銀行に預けて、年利10%で増えていくとします。これを3年運用したとすると…
1年目:100万円×(1+10%)=110万円
2年目:110万円×(1+10%)=121万円
3年目:121万円×(1+10%)≒133万円
今の100万円は3年後よりも、どれだけ価値が高いでしょうか?
100万円-133万円=33万円
よって、今の100万円は、3年後の未来からみて33万円価値が高いことになります。(ファイナンスの世界では、将来価値といいます。)
つまり、未来にもらえる133万円よりも、今もらえる100万円の方が、価値が高いことはお分かりでしょうか?今100万円もらっておけば33万円の得ということです。
上記の例でいうと、仮に3年後に120万円しかもらえなかったら、12万円損をしていることになるので、今の100万円は3年後より45万円も価値高いことになります。
「3年後にお金が増えるからいいじゃないか!」と思われる方がいたら、ますますサイト売買に向いていません。
そうではなく、ファイナンスは”時間”と”リスク”の2つの視点が重要だからです。

サイト売買も将来から判断する

サイト売買は未来
話をサイト売買に戻します。
仮に、今あなたのサイトが100万円で売れる可能性があったとします。
先ほどの例と同じように、3年後に133万円で売却できたとしましょう。
実は、わざわざ3年待つより、たった今売却して100万円を手にした方が、将来から見て33万円も価値が高い100万円になります。
ここは非常に重要なポイントです。
サイト売買では、譲渡金額を算出する式がありますが、あくまで市場平均になります。
その市場平均で売れれば御の字なのですが、中には「ぜったいに〇〇円でないと譲渡しない」という方もいます。
もちろん、そういった気持ちも大事ですし、何も安く売れということではありません。
実は、「ぜったいに〇〇円」という方に限って、現在サイトの更新が止まっていることが多いのです。おそらく今後もサイト更新が加速することはないでしょう。
そうなると、将来50万円でなくなく売却することになるかもしれません。その場合、相当な損失であることは理解できると思います。

本当の意味での取引とは?

サイト売買と人生
サイト売買の本質は時間の取引です。お金ではありません。
買い手は、”サイト立ち上げ〜起動に乗せる”という膨大な時間を買っていることになります。
あなたは、これまでかかった時間を売ることで、手にするものがあります。それはキャッシュと時間です。
たった今、サイトを売却して100万円手にしたとすると、サイト更新の時間もなくなり、やれることが多くなります。
つまり、
・100万円
・自由な時間
これが同時に手に入るのです。チャンスでしかありません。
なぜなら、その100万円を元にあたらしいビジネスをスタートできますし、留学や大学に入るなど勉学に励み、またビジネスをやることもできます。
そうなると、あなた自身の将来価値はどれくらになっていると思いますか?
もはや、133万円というキャッシュという名の資産ではなく、”未来での経験”というプラスレスな資産を手にしていることになります。
サイト売却に成功された多くの方々を見てきましたが、あたらしいビジネスや、あたらしい人生は、とても順調のようです。
結果的に、あたらしいビジネスで稼げていますし、人間としての器も広がっています。
ファイナンスの視点でサイト売買を捉えると、単純に「愛着がある!」というだけで、譲渡を悩んでいることが、実は損をしていることはお分かりでしょうか?

もちろん感情も大事

サイト売買は感情も大事
もちろん、上記のように数字だけで判断してはいけません。冒頭でお伝えしたように、サイト売買は”数字”と”感情”のバランスが重要です。
「この人なら、きっと私のサイトをうまく運営してくれるだろう!」と、感情的に腑に落ちていることも重要です。
しかしながら、サイト売買に向いていない人は、どうしても感情だけで考えてしまいます。
結果的に、
・市場平均からみたらいい値段で売れるのに、感情的に納得せず売らない
・やっぱり、このサイトを続けるといって譲渡しない(結果、ほとんどがやらない)
・自分が決めた金額じゃないから売らない(結果、更新もしないので今後も売れない)
という事態になってしまいます。
 
ほとんどの、経営者であれば、ファイナンスの判断は適切にできていますが、個人事業主や個人の方は感情で判断するケースが多いような気がします。
また、合同会社規模の代表社員も、ファイナンス視点がないことも多いと感じています。もちろん、株式会社の代表でもファイナンスの知識が欠如している場合もあります。
これを読んだあなたは、ぜひファイナンスから数字をしっかり判断し、感情面も合わせて正確な判断をしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
サイト売買に向いていない人は感情だけで判断してしまう人です。
サイト売買は”数字”と”感情”のバランスが重要です。しっかりとファイナンスの考えを取り入れていきましょう。
ファイナンスでは、今の100万円と将来の133万円では、今の100万円が33万円価値が高いことになります。
将来、もっと高くサイトを売却できるのでは?!という期待は、必ずしも達成できる訳ではありませんし、そもそも今の現金の方が価値が高いのです。
人生レベルで考えて、価値がある選択をしましょう。
あたらしいビジネス、あたらしい勉強、あたらしい人生…。
我々には寿命があります。早く先に進んだ方が後悔のない人生になると思います。
 
また、そもそも、「あなたのサイトに何百万円も出したい!」ということこそ、どれだけ貴重なチャンスか理解すべきだと思います。
本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。ぜひ判断基準にしてみてください。
 
ご覧頂きましてありがとうございました。少しでもご参考になれば幸いです。
もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。
あなたのサイト売買が成功されることをお祈りしております。
 
>>サイト売買無料相談会をやっています
>>サイトマのサイト売買案件

 
【あなたにオススメしたい記事】
>>サイト売却をする前に知っておくべきサイト売買のトラブル事例5つ
>>サイト売買のリスクとは?売却したいあなたが知っておくべき3つのリスク
>1分で分かるサイト売買の手数料について【売却編】
>>サイト売買のたった2つのコツ【売却編】これさえ抑えば成功できる
>>サイト売買の方法&やり方7つのステップ!注意点やコツなど(売却編)

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム