fbpx

コラム・お知らせ

サイト買収するときは購入金額の妥当性を判断しよう

サイト売買(サイトM&A)は、トラブルが多いことで有名です。

とくに初心者は注意してほしいと思います。気がつかないうちにトラブルに巻き込まれてしまう可能性が高いのです。

そこで、サイトを買収したい方は、売主様の提示金額の妥当性を考慮する必要があります。

ぜひ、最後までご覧いただき、知識をお持ち帰りください。

トラブルをより防げる確率が高まります。

動画でも学ぶことができます↓

そもそもサイト売買の値段はどう決まる?

サイト売買の購入金額は、サイトの売主様と買主様の合意の上で決定します。

正解はありません。

2000万円の価値があるサイトでも、売主様が「OK」と言えば500万円でも売買されます。

サイト売買市場の金額相場とは?

まずサイトが月にいくらのお金を残しているのか?を算出します。

つまり、利益から経費を引いた金額を出します。そして、その金額の6か月平均を算出します。

その平均値に17〜24か月をかけた金額が、市場の標準(2019年11月現在)となります。
 
また、30か月で値付けをしている場合もあります。

あくまで、こういった取引が多い、ということですで都度柔軟に対応していきましょう。

購入金額が妥当だと判断するには?

上記のとおり、月の営業利益に対して、17〜24か月分で提示された金額であれば良心的な値付けとなります。

しかし、売主様が初心者であれば、かなり低い値段で市場に出している場合もあります。

このあたりは、しっかりと値段の根拠を尋ねるといいでしょう。

売主様に知識がなく、たまたま安い金額で売りに出している場合、狙い目の案件となることもあります。

あるいは、早く売りたいために、あえて安く売却していることもあります。

遠慮せずに、値段の理由は聞いてみた方がお得な取引ができるでしょう。

こういった事例に注意!

なかには、意図的に売却金額を過度に安くしている場合もあります。

実はそのようなずっと売れていないサイトに交渉をすると、サイト制作の営業をかけられることがあります。

「そのサイトは売れてしまいました。しかし、わたしであれば同じようなサイトをすぐにつくれますが、いかがでしょう?」という具合です。

弊社でリサーチも兼ねて、交渉した結果、こういったことが何回かありました。
 

・・・これは本質的には、サイト売買(サイトM&A)ではありません。

制作してもらったサイトが必ず起動に乗る保証はありませんから、このようなサイトの購入はやめましょう。

ぜひ注意をしてください。

 
ご覧頂きましてありがとうございました。少しでもご参考になれば幸いです。

もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。

あなたのサイト売買が成功されることをお祈りしております。
 
>>サイト売買無料相談会をやっています

>>サイトマのサイト売買案件

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム