【実話あり】サイト売買の詐欺を回避して失敗を防ぐコツ〜買収編〜

投稿日:

最終更新日:

「サイトを買って詐欺だったら嫌だな」と思うことありませんか?

実際、見知らぬ方からサイトを買うので、大変な不安があるがあると思います。ま

た、そもそもどんな仕組みなのか?トラブルはないのか?など、サイト売買(サイトM&A)に関する疑問は尽きないと思います。

そんなあなたに朗報です。

 

今回は、私たちサイトマに相談をいただいた内容について本人が特定されない程度で、詐欺の実例をお伝えしたいと思います。

実際に相談があったリアルな話ですので、とても参考になるはずです。

実は、私たち売却専門「サイトマ」でも、詐欺に関する相談を受けることもあります。

サイト売買(サイトM&A)では、詐欺に近い取引が多いことも事実です。そこで、この記事を執筆しました。

この記事を読んで頂ければ、サイト売買(サイトM&A)で買収する際、詐欺に合わずに済みます。

 

なぜここまで言い切れるのでしょうか?なぜなら、私たち「サイトマ」は、たった1年半で約1億円のwebサイト売買の仲介をしてきた実績があるからです。

>>1年半で約1億円分のサイトを売却した私達が教えるサイト売却のコツ(※2018年5月現在、2年間でwebサイトの売買を仲介した累計金額は1億2千万円を突破しました)

 

それだけでなく、サイトの買収に成功された方々から、たくさんの感想を頂いております。(クリックすると拡大ができます)

 

また、「サイト買収資金を7ヶ月で回収し、さらに売上20倍を達成する方法」というセミナーを実施しました。

このセミナーは、サイトを買収し成功した社長の話と、サイトを買収して失敗した社長の話を、凝縮して少人数で行いました。

あたたかい感想も頂いております。

今回は、そのセミナーの内容も加味した内容で解説をしていきます。

(クリックすると拡大できます)

高い参加費に関わらず満席となりました。

当日は、あえて少人数にしたので、親近感がありとても濃い時間となりました。

 

また、サイト売却に成功された方々からも、たくさんの感想を頂いております。(クリックすると拡大ができます)

 

さらに本記事では、

・サイト売買で詐欺に合わないコツ

・買収のコツ

もご紹介しています。買収に関するあなたの疑問を払拭できるように、執筆しました。

 

なぜ、ここまでやるのか?

シンプルにあなたにサイト買収を成功させて欲しいからです。

 

実は、サイトマ創業者が買収に失敗した経験があり、苦い経験をしたことがあります。

しかし、サイト売買・サイトM&Aの業界には、可能性が十分にあります。

創業者はそれを感じ、実際にサイトマを立ち上げています。

まだまだ不透明で失敗する人が多いですが、これを読んだあなたには、ぜひ買収を成功させて欲しいと思います。

サイト売買ほど、効率的なビジネスは他にはありません。

参考になれば幸いです。

買い手であるあなたは特に注意してください!

買収者は、当然ながらお金を支払う立場です。

ですから被害に遭いやすいため、買収を考えている方は十分に注意をしてほしいです。

公になっていないだけで、おそらく詐欺やそれに近いような取引は毎年何件もあると思います。

 

特に、サイト売買市場の取引において比較的小規模のサイトを買収し、被害額100万円前後の詐欺に遭ったというケースは明るみに出にくいです。

それは、売主を訴えてお金を取り戻す労力や、決して安くない弁護士費用を考えた結果、多くの人が泣き寝入りしてしまうからです。

実際に相談があった話-その1

その方は買収を考えていました。

そして、売主からも仲介業者から物凄くオススメされサイトを買いました。

しかし、実際はいわゆるブラックハットアフィリエイトサイトでした。

つまり、SEO対策のため自演リンクをはるなど、中身のないコンテンツで、意図的な施策を行った上で報酬を得るといったものでした。

更に、そのサイトはまだ売上も出ていないという状態でした。

 

さて、あなたならどう感じるでしょうか?

もちろん、ブラックハットという手法に賛否両論あります。アフィリエイト経験者にとって、そういったサイトが不得意という方もいると思います。

そもそも売上が出ていないという時点で、今後必ず利益が出るとは限りません。

さらに、現在グーグルは良質なサイトを評価しており、アップデートごとにブラックハットの手法を用いているサイトが消されています。

この買収者はそういった現状を知らずに手を出してしまったようです。

なぜ、このような変なサイトに手を出したのか?

ふつうであれば上記のサイトはほとんどの方が買収しません。しかし、この方は買収してしまいました。

私たちサイト売買仲介の立場から、理由は2つあると考えています。

もし、サイトを買収したい方は事前にきちんと情報を得てほしいと思います。

1、仲介が過剰に売り込んできた

良いサイトは、自然と売れてしまうものです。

仲介業者がサイトの良いところをアピールするのは当然だと思いますが、必要以上に売り込もうとしてきた場合は疑った方がいいかもしれません。

仲介業者から強めの営業が来た場合、その仲介業者が困っているのかもしれません。

 

冷静に考えてみれば納得できると思います。

もし保険屋さんが、ガンガン売り込んできたらどう思いますか?

「うーん、なんだか嫌な感じがする」と、直感的に避けたくなると思います。

サイト売買やサイトM&Aでも、まったく同じです。

売り手や仲介が、明らかな売り込みで強調してきた場合は、冷静に判断してみてください。

2、買収者自身の理解不足

買主に知識があれば回避できたはずです。

この方に話を聞くと、アフィリエイトというものを買収してから調べた、というのです。

つまり、買収しようとしたサイトのことをこれっぽっちも理解していなかったようです。

例えば、不動産投資をしようと考えている方が、家というものを知らない、という”そもそも論”が原因で失敗した可能性があるのです。

 

「まさか、そんなことあるの?」と思うかもしれませんが、焦っているときほどこういった事をやってしまいます。

例えば、

・決算が近いので早く買収したい

・本業の売上が下がったので、買収してすぐに業績回復したい

・1日でも早く起業したいので、すぐに買収したい

などです。

数字だけみて、説得されて、その気になって買収してしまうのです。

過去にサイトマ代表も焦って買収して失敗したことがあります。ぜひ気をつけてください。

>>代表挨拶(こちらに代表が失敗した実例を紹介しています)

実際に相談があった話-その2

とある方が、サイト売買ができるサイトに投稿されている売却案件に、メールで問い合わせをしました。

しかし、「公開している案件は売却済みです。よろしければ、同じようなサイトが作れるパッケージの販売、または同じようなサイトの制作を受注します。

というメールが届きました。

 

つまり、売主のふりをしてサイト売買のための掲示板を”webサイト制作の受注を目的とした営業のツール”として活用していたのです。

おそらくサイトの規約違反にあたるはずです。無法地帯になっているのでしょう。

そういった人はサイト売買市場を荒らしてしまいます。

掲示板の運営者が排除するのが一番良いと思います。

 

しかし、実際にその方は、このwebサイト制作を買ってしまったそうです。

その後、

・自分が作ってもらった同類のサイトが複数あるのでは?ということで不安になる

・サイトのコンテンツも軽薄でキュレーションのようなものを集めて収益を上げるというモデルでモチベーションの低下

ということで、結局のところ継続が難しくなりました。

 

投資した何百万円もの資金が無駄になってしまったとのことです。

詐欺とは若干ニュアンスが違いかもしれませんが、手法としては不動産会社がやる方法と似ています。

つまり、「釣り物件」ということです。

 

実際にネットでいい部屋を見つけて、不動産屋さんへ行ってみると「その物件は成約してしまいまして…」と、仲介が売りたい物件を紹介される、というあれです。

これをサイト売買、サイトM&Aの市場でやっている個人や会社がある訳ですね。

こういった行為は、”買収”という本来のあなたの目的からは外れてしまうため、口車に乗せられないよう注意をしてください。

詐欺に合わないためのコツ

詐欺に遭わないためのポイントを一つだけお伝えすると、焦って買わないということが重要です。先程も記載しましたが、

・決算が近いので早く買収したい

・本業の売上が下がったので、買収してすぐに業績回復したい

・1日でも早く起業したいので、すぐに買収したい

という方などは、よくない売主とマッチングするケースが多いです。

 

詐欺師は焦っている人を狙います。また、どうしてもサイトを売りつけたい方も同様に焦っている買主を狙います。

焦っている時は冷静な判断ができないので、詐欺師(売りつけたい人)はそこにつけこみます。

したがって、サイトを買う時は、決して焦らないようにしてください。

しかし、買収はゆっくりやってはいけない

矛盾するようですが、サイトを買収する際は、急ぐ必要はあります。

なぜなら、同じようにサイトを買いたいというライバルがいるからです。

1つのサイトに対して5~6人から交渉が持ちかけられているケースも珍しくありません。

 

焦る必要はありません。

しかし、他のライバルに負けないように、急ぎながらも冷静な判断を行うことが大事です。

焦ると急ぐは紙一重のような気がしますが、サイト売買の取引では全く別物なので、注意をするようにしてください。

最大のコツは事前に決めておくこと

実はいいサイトをすぐに買収できる方は、事前に「〇〇という条件で、〇〇ジャンルのサイトを、〇〇円で買う」と決めていることです。

多くの方は、サイトを見てから判断しています。

違います。逆です。あらかじめ、もう理想のサイトを決めているということです。

 

M&Aが結婚と比喩される理由としては、こういった部分もあると思います。

つまり、「〇〇という性格で、〇〇な容姿で、年齢は〇〇」というように、理想の相手を決めてから、婚活なり出会いを楽しむということです。

よって、サイトを買収する際は、事前に条件を決めておき、淡々と待ち続けることがうまくいくコツです。

焦って買う(結婚)すると、大変なことも多いはずです。

 

もちろん、そのような買収でうまくいっている法人も見てきました。正解はありません。

つまるところ、「あなたはどのような買収をしたいのか?」ということです。

会社として、あなたのビジネス人生として、どのように判断するかで結果は大きく変わってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サイト売買では詐欺に近い取引があることも事実です。

実例であったように、必ず買収するサイトの知識は持っておく必要があります。

また、仲介業者が必死に売りつけるサイトは疑った方がいいでしょう。

 

さらに、webサイト制作受注をするために、サイト売買ができるサイトに登録している方もいます。

口車に乗せられないよう注意をしてください。

最後に詐欺に合わないためのコツとして、焦ってサイトを買収しないことを挙げました。

また、ゆっくりし過ぎても、ライバルたちに買収されてしまうため、スピード感あるサイト売買が重要です。

ぜひ、参考にしていただき、あなたのサイト買収を成功させてください。

 

ご覧頂きましてありがとうございました。少しでもご参考になれば幸いです。

もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。

あなたのサイト売買が成功されることをお祈りしております。

 

>>サイト売買無料相談会をやっています

>>サイトマのサイト売買案件

uritai7kaitai2

botan

TOPへ戻る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『【実話あり】サイト売買の詐欺を回避して失敗を防ぐコツ〜買収編〜』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

∧ PAGE TOP