サイト売買のたった4つのコツ【買収編】これさえ抑えば成功できる

投稿日:

最終更新日:

「サイトの買収ってコツは何かな?」とお考えではありませんか?

サイト買収を考えている多くの人は、「お金さえ払えばなんとかなるんじゃないか」と思っています。

しかし、そういう発想の人ほど失敗することが多いです。

今回はその点も踏まえた上で、いかにしてスムーズかつ、確実にサイト買収を成功させるかということをお伝えします。

ぜひ参考にしていただけますと幸いです。

サイト買収のコツ1つ目

まずサイト買収のコツとして、メールコミュニケーションがあげられます。

サイトを買収する際には、サイト売買ができるサイトを利用して取引を行うことが一般的です。

銀行を経由したり、知り合いを通じてオフラインでやりとりをすることも稀にあります。

ですが、全体の9割以上はサイト売買ができるサイトの掲示板やメールでのマッチングが取引のスタートとなります。

サイト売買のたった4つのコツ【買収編】これさえ抑えば成功できる

この際、主なコミュニケーションツールはメールです。

しかしメールでのコミュニケーションは、感情が伝わりづらいという特徴があります。

したがって、本当に心の底から欲しいと思った場合、熱意を込めたメールを送ることが大事です。

 

え?それだけ?と思うかもしれませんが、シンプルな事なのにほとんどの人がやりません。

実は、売り手はいろんな人から交渉を受けています。

ときには、業務的なメール対応でウンザリしてしまう方もいます。

ですから、メール一つ工夫するだけで良い印象が残りやすくなるのです。

 

私たちサイトマはサイト売買専門の仲介会社として、売主様からサイトをお預かりし、買収希望者とマッチングを進めていきます。

場合によっては、サイト売買ができるサイトへ出稿の代行もしています。

多くの買収希望者とやりとりをしてきましたが、交渉がうまいと思った方はほんの数名でした。

少なくとも述べ300社以上は関わってきました。ですが、たった数名です。

残念ながら売り手の気持ちに立つことのできない人が大半で、そういう人からは本当に買いたいという意志が伝わってきません。

サイト売買のたった4つのコツ【買収編】これさえ抑えば成功できる

悪質なケースだと、サイトの情報を抜き取ることだけを目的としているようなメールもあります。

当然ですが、そういった場合は取り合わないようにしています。

このようにメールは相手の印象に大きく影響を与えます。

 

特に、1通目のメールはかなり重要だと言えるでしょう。

もちろんビジネスですので、アクセスや売上などの数字のデータは重要だと思います。

それだけでなく、「なぜこのサイトを買いたいのか」ということを一文加えることで、チャンスに繋がりやすくなります。

特に男性はメールコミュニケーションが得意ではない人も多いと思います。

少し大げさかもしれませんが、まるでラブレターを書くように気持ちを込めて書くことをおすすめします。

こうすることが売主から選ばれやすくなりますので、しっかり心掛けるようにしてください。

サイト買収のコツ2つ目

サイト売買のたった4つのコツ【買収編】これさえ抑えば成功できる

次は、手数料についてです。

そもそも買い手としては、できるだけ金額を下げたいというのが本音ではないでしょうか?

 

実は、サイト売買ができるサイトで成約すると、買収金額に加えて手数料が発生します。

ですから、できるだけ負担を減らしたいと考えるのは当然です。

ちなみに手数料がかからないサイト売買ができるサイトもあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

>>1分で分かるサイト売買の手数料について【買収編】

>>サイト売買の業者を比較する際に気をつけたい仲介手数料-買収編

サイト買収のコツ3つ目

サイト売買のたった4つのコツ【買収編】これさえ抑えば成功できる

最後に買収金額の決定についてです。

価格交渉はタイミングが重要です。

しかし、売主様のサイト売却の目的によって、価格交渉をした方がいい場合と、そうでない場合があるのをご存知ですか?

 

売主の本音をメールだけの接触で知ることはほとんどできないと思います。

ですので、必ず電話やスカイプの音声通話、可能であれば実際に対面で会って探ってみてください。

売却の目的4パターン

売却の目的は大きく分けて以下の4つあることがわかってきました。

1、新規事業をやってみたい

2、体調的な問題があってサイトを手放さざるを得ない

3、運営に携わる人材がいなくて継続が難しい

4、まとまったお金が欲しい

 

そして、最も価格交渉すべきでないのは、当然ながら4つ目の“まとまったお金が欲しい”という人です。

このタイプの人からは、価格交渉を持ちかけた時点で、あなたは選ばれなくなる可能性が高いです。

提示金額、もしくはそれ以上の金額で買収したいというライバルが現れたら、間違いなく他の買い手を選びます。

あなたが買収できるチャンスを奪われてしまうでしょう。

売却の目的を伺って、4であれば価格交渉はやめておいた方がいいでしょう。

サイト売買のたった4つのコツ【買収編】これさえ抑えば成功できる

一方で価格交渉をした方がいいタイプとしては、”1、新規事業をやってみたい”という人があげられます。

なぜなら、新規事業を始めたい方というのは、既に売りに出しているサイトを早く手放したいという気持ちが強いからです。

 

例えば、提示価格が900万円だとすれば、「790万円ならすぐに買えます」という風に交渉をしてみるのがいいでしょう。

当然ながら、提示価格が900万円のサイトを450万円に下げるというのはやりすぎです。

10%~15%程度の値引きにとどめると、交渉に応じてもらえる可能性が上がります。

 

ただしベースとなる価格が高額だと、値引きの金額も大きく感じてしまいがちなので、交渉が難しくなります。

例えば、2,000万円の案件において10%の値引きを行うとすれば1,800万円での交渉となりますが、200万円という高額の値引きに応じる売主はなかなかいません。

よって、金額に応じた柔軟な判断が必要です。

サイト買収のコツ4つ目

サイト売買のたった4つのコツ【買収編】これさえ抑えば成功できる

最後、サイト買収のコツとしてお伝えしたいのが、譲ってもらうという心構えでいることです。

どうしても「買ってやる」という上から目線の相手に良い印象を与えません。

 

特に、

1、新規事業をやってみたい

2、体調的な問題があってサイトを手放さざるを得ない

3、運営に携わる人材がいなくて継続が難しい

この3タイプの売主は、主な売却目的が金銭的な事由ではないため、買い手に誠実さを求める傾向があります。

 

売主というのは、譲渡後も更にサイトを成長させてもらいたいという気持ちがあるものです。

つまり、譲渡する相手にそれだけの器があるのかという点を、交渉の中で見極めていると言えます。

よって、値段を高くするので、買わせてほしいという場合でも、少し謙った対応が必要です。

義を重んじて、相手の気持ちに寄り添うという心構えがないと、買収は難しいでしょう。

サイト売買のたった4つのコツ【買収編】これさえ抑えば成功できる

なぜなら、現在の市場では買収者、つまりサイトを買いたい人の方が圧倒的に多いからです。

つまり、売り手は買い手を選べる立場であるということです。

あなたは選ばれる立場なのです。

 

しかし、多くの買い手は売り手の気持ちに寄り添うということができていません。

つまり、もしあなたがしっかりと相手の気持ちを考えることができれば?

ライバルたちに差をつけることができ、買収が成功する確率が格段に上がるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サイト売買で買収のコツは、メールコミュニケーション、手数料、金額設定、心構えの4つがあります。

それぞれ、サイト売買をする上で、とても重要な考えになります。

ぜひとも参考にして頂けますと幸いです。ご覧頂きましてありがとうございました。

 

ご覧頂きましてありがとうございました。少しでもご参考になれば幸いです。

もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。

あなたのサイト売買が成功されることをお祈りしております。

 

>>サイト売買無料相談会をやっています

>>サイトマのサイト売買案件

uritai7kaitai2

botan

TOPへ戻る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『サイト売買のたった4つのコツ【買収編】これさえ抑えば成功できる』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

∧ PAGE TOP