fbpx

コラム・お知らせ

サイト売買で買収する際に気をつける4つの視点〜ライバルサイトを自分のものにする〜

※記事が長くなりましたので、その他については別ページで解説しております。
>>1、資産として運用していきたい
>>2、自分の事業を加速させるために
>>4、そのほか(システム、アクセス、外部リンクに目を向ける)
 
今回は、サイト買収における「ライバルサイトの吸収」について、解説していきます。

どうしても検索順位で負けてしまいませんか?

多くの事業者が、検索エンジン対策をしていると思います。巷では、ブラックハットSEO対策という名の対策もあるくらい、様々な手法があります。
真剣にサイト運営されている方は、検索順位をいつも気にされていると思います。
 
しかし・・・。
どうしても、あのサイトに勝てない!という壁にぶち当たることはありませんか?
せっかくコツコツやっていても、なぜか検索がいつも下。なかなか悔しいことですよね。

金がある会社はサイト買収する

実は、あの上場企業の楽天は、過去に「旅の窓口」というサイトを買収したことがあります。今は名称変更して楽天トラベルです。
事実上、法人の全株を買い取るというM&Aというカタチでしたが、その額はなんと323億円です。
つまり、「どうしても勝てないサイトは、戦うのではなく自分の仲間にしてしまおう!」ということだったのです。
当時の楽天にとっては、323億円は決して安い買い物でありませんでした。
が、それでも買う意味があったのです。

あなたにもライバルサイトを買収する選択肢もある

もしも、あなたの事業がシェアを取れていないのであれば、ライバルサイトの買収を検討されるのも1つだと思います。
ライバルサイトは、必ずしもそのサイトだけを運営している訳ではありません。
他事業にも手を広げていると、「このサイトはいつか手放してもいいかな」と、考えているケースも少なくありません。
優秀な経営者さんになると、いつか売却することを前提でサイトを作っている方もいます。(もちろん、社員には極秘にしているそうです。)
そういった方は、他にメイン事業がありますので、喜んで交渉に応じてくれる場合もあります。

ライバルサイトが市場に出ててくることもあります

以前、ある地域に特化したイベントサイトがあったのですが、市場に売りに出ていました。
非常に有名なサイトでして、弊社でも検討したことがある事業内容でしたので、とても魅力的でした。
「こんないいサイトでも、売りに出すのか」と、当時は驚いたものです。
あなたも、ライバルサイトが突然売りに出されるチャンスを逃してはいけません。
・・・しかし、そういうサイトほど、他業種の方が買われていく事もあるので、なんとももどかしい気持ちになります(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?
サイト買収は、ライバルサイトを吸収してしまうという視点もあります。
御社のメイン事業のカンフル剤になることは間違いありません。
市場に出てきた場合は、すぐに問い合わせて、サイト情報をもらうようにしてください。
メルマガで案件を優先的に案内しておりますのでオススメです。
お読みくださりありがとうございました。
 
続きはこちらになります。
>>1、資産として運用していきたい
>>2、自分の事業を加速させるために
>>4、そのほか(システム、アクセス、外部リンクに目を向ける)

TOPへ戻る

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム