fbpx

買収サイトでアドセンス審査通過するには?サイト売買のプロが解説

アドセンス審査イメージ

「育っているサイトを買収したあと、アドセンス広告を導入して収益力を高めたい。」

「でも、買収したサイトでアドセンス審査って通るのかな?」

本記事を読んでいる方の中には、こんな風に考えをている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近は審査基準が厳しくなっており、無事アドセンス広告を利用できるのか不安な方も多いと思います。

ここでは、サイトM&Aで買収したサイトのアドセンス審査について徹底解説いたします。

初心者の方でもわかりやすいように、申請方法など初歩的なことも含めて紹介しますので、是非参考にしてみてください。

なお、本記事内容については当社での事例を元に解説しています。

それぞれ100%成果を保証するものではございませんので、予めご了承ください。

Googleアドセンス審査について

アドセンス審査とは イメージ

「そもそもGoogleアドセンスって何?」という方に向けて、簡単に概要をおさらいします。

GoogleアドセンスとはGoogleが提供するクリック報酬型の広告です。

審査に合格すると、そのサイトに合わせた広告が自動で選択され、サイドバーやコンテンツ記事内などに表示されます。

サイトユーザーがその広告をクリックすると、サイト運営者に広告収入が入る、という仕組みです。

どんなジャンルのサイトでも利用できますが、サイトに導入するにはGoogleによる審査をパスする必要があります。

このアドセンス審査は、自ら立ち上げたサイトであっても、他者から購入したサイトであっても条件は変わりません。

ですので、買収したサイトにアドセンスを導入したい場合、通常通りの審査を通すための対処が必要があるということですね。

ちなみに、売主(前運営者)が既にそのサイトでアドセンス審査を通過していた場合は、かなり高い確率で買収後も合格します。

以下の記事を参考にしてみてください。

【関連記事】サイト売買で買収したサイトのアドセンス審査合格2つの方法

Googleアドセンス審査要件

アドセンス審査要件イメージ

Googleアドセンスをサイトに導入するには、審査が必要であることは既に説明しました。

この審査というのが少し厄介で、Googleが開示しているアドセンス利用資格要件の概略は下記の通りです。

・ユーザーの興味を引く独自のコンテンツがあること。
・不正なコンテンツを排除していること。
・ユーザーが簡単に閲覧・利用できるサイトであること。
※下記ページ内容を参考に要約しています。

AdSense の資格要件
サイトのページが AdSense のご利用条件を満たしているか確認する

これだけを見ると、誠実にサイトを運営していればまず大丈夫なように思えますよね。

ですが、Googleが出している資格要件は上で記載されている通りの、やや抽象的なものに留まっています。

これ以上に具体的に示されている審査ポイントや、明確な要件というものは確認できません。

さらに万が一審査に落選してしまった場合、その落選の理由や不備事項などは具体的に指摘してくれません

つまり「どんなサイトが審査を通過するか?」という答えは、審査通過したサイトを参考に類推するしかないということです。

一方で買収したサイトであれば、一定の運営歴を持っており、コンテンツのボリュームも申し分ないことがほどんどになります。

ですので、買収したサイトは、アドセンス広告審査においても非常に有利なものであるといえるでしょう。

Googleアドセンス審査の申請方法

Googleアドセンスの審査申請方法は、下記のステップで完了します。

step1.Googleアカウントを作成する

お馴染みのGoogleアカウントです。

持っている方がほとんどだと思いますが、もしお持ちでない場合は下記より作成しておいてください。

Google アカウントの作成

step2.アドセンスアカウントを作成する

続いて、Googleアカウントとは別に、下記よりアドセンスアカウントというものを作成します。

サイト買収アドセンストップイメージ

Google AdSense公式HP

右上部にある「ご利用開始」ボタンを押して先に進みましょう。

step3.サイトURL・メールアドレスを登録する

「ご利用開始」ボタンをクリックすると、下記のような画面になります。

サイト買収アドセンス審査イメージ2

それぞれ、あなたのサイトURLとメールアドレスを記入しましょう。

続いて、国・地域の選択、名前と住所など必要事項を登録すれば、アドセンスアカウントの作成は終了します。

step4.サイトにアドセンスコードを挿入する

アドセンスアカウントの左側「ホーム」タブをクリックすると、下記のような画面が表示されます。

サイト買収アドセンス審査イメージ3

この画面下部にある、AdSenseコードというものをサイト上に貼り付けましょう。

サイトに挿入後下記の画像がポップアップで表示されれば審査に関わる作業は完了となります。

サイト買収アドセンス審査イメージ4

Googleアドセンスの審査期間と審査傾向

上記の審査が終了すれば、1日〜2週間程度で、審査結果が返ってきます。

最近はコロナ禍によるリモートワークの影響からか、1ヶ月程度かかるケースもあるようです。

初めての方にとってはなんとも待ち遠しい時間になるでしょうが、通過を祈りながら待ちましょう。

なお、冒頭でも触れましたが、現在新規立ち上げたサイトで審査に通すことが昔より難しくなっている傾向があります。

アダルト関連のサイトなど明らかに基準違反なものを除き、少し前までは記事數の少ないサイトでも通過しやすかったです。

ネット上でも審査の難化傾向を感じている方が多いようですので、徐々にハードルが上がっているのは間違い無いでしょう。

GoogleアドセンスはGoogleが管理していますが、あくまでお金を払っているのはGoogleと提携する広告主さんです。

Googleとしても、よくわからない怪しいサイトに広告が出稿され続けていることを認めるわけにはいかないですよね。

Webサイトを簡単に誰でも立ち上げられるようになった現在においては、審査を厳しくするのは当然なのかもしれません。

一方で、ここでも買収したサイトでアドセンス審査することの利点が生きてくるポイントとなります。

なぜならGoogleとしては、ただ単に「広告を出すサイトを減らしたい」と考えているのではないからです。

Googleは「質の低いサイトを減らして、優良サイトにたくさん広告を出したい」と考えています

つまりきちんと運営されてきたサイトであれば、審査に対する過剰な心配は不要ということです。

そのためにも、信頼できる売り手か、またコンテンツの質が高いサイトかの見極めは慎重に行いましょう。

Googleアドセンス審査のポイント

アドセンス審査ポイントイメージ

買収したサイトは有利だとわかっていても、「確実に一回で審査を通したい!」と考える方もいるでしょう。

ここでは、無事にアドセンス審査を通過するために大事なポイントを3つほどご紹介します。

「これをやれば絶対大丈夫」というものではありませんが、サイトを運営する上でマイナスになることはありません。

SEO対策やユーザー満足度向上など普遍的にカバーできるポイントなので、ぜひとも参考にしてみてください。

1.利用ユーザーが満足できるサイトにする

よくサイト運営に重要なのは「文字数を増やす」「コンテンツを濃くする」ことだと言われることがあります。

それも大切ですが、実はそれだけではあまり意味がありません。

タイトルと文言は大袈裟なものの、ボリュームがあっても中身がない「釣り記事」をGoogleは評価しません。

しっかりと「〇〇なユーザーの□□というニーズを満たすサイトである」ということを押し出せるようにしましょう。

あれもこれも載せる雑記ブログのようなものより、一つのジャンルに特化した方が審査は通過しやすい傾向にあります。

2.視認性・操作性の高いデザインにする

Googleアドセンスの審査では、サイトユーザーが見やすく利用しやすいサイトかどうかも判定しているようです。

カテゴリ・メニュー欄が用意されており、見やすく整えられているかなどサイト内導線を確認しましょう。

テキスト記事の中に、適度に画像を差し込んだり大事な部分の文字を装飾したりすることも有効です。

h1~h6の見出しタグの順番がバラバラになっていないかも合わせてチェックしてください。

3.オリジナリティのあるコンテンツを作る

当然のことながら、他のサイトからのコピペ・無断転載は絶対にNGです。

参考にするのはOKですが、きちんと自分が考えて書いたテキストだけを利用するようにしてください。

自分が実際に体験した出来事や、生の一次情報コンテンツがGoogleから高く評価されているようです。

サムネイルやアイキャッチはフリー素材でも問題ありませんが、可能であれば自分で撮影・作成した画像を使用すると尚良いです。

Twitter・Instagramなどの画像はうっかり利用してしまいがちですので、気をつけましょう。

Googleアドセンス審査に通らなかった場合は?

買収サイトアドセンス不合格イメージ

繰り返しになりますが、アドセンス審査に落ちてしまったとしても明確な理由や不備事項までは開示されません。

そのため、もう一度上記の審査ポイントを中心に見直して自分で考えて修正する必要があります。

審査申請をすること自体は回数制限はありませんので、何度でもトライ可能です。

とはいえあまり頻繁に申請しすぎると改善内容に関わらず落選するので、数日間の間隔はとりましょう。

知り合いや友人にサイトを見てもらい、読みやすさやコンテンツの質が保たれているかを聞くことも有効です。

とにかく焦らず、悲観しすぎず、じっくり落ち着いて取り組むことが重要になります。

もしどうしても通過しないようであれば、有料になりますが当社サイトマでもコンサルサービスを提供しています。

詳しくはこちらよりプランをご確認の上、ご相談ください。

まとめ:買収サイトはアドセンス審査通過しやすい。信頼できる売り手を探そう

アドセンス審査買収サイトの確認イメージ

アドセンス広告は、運営者が広告を選ぶ必要がなく、どんなジャンルのサイトでも運用できる優秀なマネタイズ方法です。

一つ一つの広告収入単価は少なめですが、アフィリエイトなどの他の広告と併用して取り組めるという点も優れています。

「サイトでしっかり稼ぎたい!」という方にとってはかなり力になる存在になるでしょう。

一方で、説明してきた通りアドセンス広告を導入するには審査をクリアする必要があります。

信頼できる売り手から購入したサイトであれば、それだけでかなり有利な状況に立てています。

運営歴が長い、コンテンツの質が高い、アクセス数が稼げているなど武器を持っているはずです。

それらの特徴をフルに活かす工夫を継続しましょう。

サイトマであれば、当社の査定を通過した売り手さんばかりですので、安心してサイト購入取引ができます。

興味がありましたら、案件一覧をご確認いただく他、こちらのページより無料メルマガにお申し込みください。

サイト売買やサイト運営に役立つ情報を発信しております。

あなたのサイト購入の参考になりましたら幸いです。

本日も最後までお読みいただいてありがとうございました。

  • サイトを売りたい方。30秒でおわる無料査定実施中!
  • サイトを買いたい方。無料メルマガで、非公開案件配信中!
  • 今すぐ新着サイトをチェックする。質の良い案件を豊富にご用意!
  • オンラインでも実施中!無料個別相談会。サイト売買で失敗しないための個別相談。

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

通話料無料
携帯・PHS OK

受付時間/9:00~18:00 年中無休
(GW一部期間・お盆期間・年末年始を除く)

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム