fbpx

コラム・お知らせ

【サイト売買の実例】交渉上手な価格を上げる売主・価格を下げる買主


できれば価格交渉なくスムーズに取引したい」と、考えたことはありませんか。
できれば値引き交渉なく、高値での取引がしたいと誰もが売り手であれば思うと思いますし、買い手であれば、なるべく安い金額で交渉を成功させたいと思うと思います。
その中でも、これは交渉上手!と感じた交渉例がありましたので、ご紹介したいと思います。
本記事では、買い手の交渉実例もふまえて、交渉術について解説していきます。
参考になれば幸いです。
あなたのサイト売買が成功することをお祈りしております。

交渉上手な売主実例

先日、交渉上手な売り手がいらっしゃいました。
その方は、スカイプ面談前の交渉では、譲渡希望額より30万円ほどの値引き交渉を受けての面談でした。
よって、買い手もその金額で購入できるものだと思って面談に臨まれていたはずです。
そして面談当日、買い手様を迎える直前に、売り手様より「私から金額の提案してもいいですか」と質問があり、最終的には、売り手・買い手の合意で決まるのが商談ですので、もちろんです、とお伝えして交渉の場に臨みました。
質疑応答が一通り終わり、購入意思の確認になり、双方ともに、気持ちの上での譲渡が成立。金額の確認になったところで、売り手より譲渡内容の確認と合わせて、金額提示があったのです。
この売り手様は、普段はWEBコンサルの講師をされており、その受講生には何十万という価格で提供しているノウハウも今回譲渡対象でした。
そこで、そのノウハウの渡し方として、スカイプ面談などで口頭でのレクチャーであれば、今の譲渡額のまま。もしくは、その内容を資料にまとめるのであれば、プラスいくら、という形の提案でした。
形に残すか残さないかで、金額の差別化を提案されたのです。
もちろんそのノウハウは、数ヶ月の売り上げ手で回収できるほどの金額設定だったため、買い手様も買います!となり、最終的に譲渡額が当初の金額に近くなりました。

交渉上手な買主実例

さきほどの交渉事例は、双方が納得いく金額、かつやりとりだったため、素晴らしい着地となったと感じています。
スカイプ面談は最後の交渉の場です。面談前に値下げ交渉があったからと諦めるのはまだ早いのです。
逆もあります。買い手として、値下げをお願いする場合です。
上記の逆で、サポート期間もマニュアルも要らないので、少しでも負担を減らして価格も抑えて欲しいという内容です。
売り手にとっては、早期に手離れができるということで、嬉しい申し出に感じる方もいるでしょう。
そうです、一方のわがままではなく、双方のメリットを考えた取引であれば、商談は決まりやすいのです。

あなたが提供できる付加価値は何ですか

双方のメリットを考えるとき、まず、自分が提供できる価値はなんでしょうか。
何が相手にとっての価値となるのでしょうか。
もちろん状況によって様々かと思いますが、相手に自分しか提供できない付加価値を持っている人であればあるこそ、交渉には強くなります。
人より多い特別単価の数かもしれませんし、コンサルで得たノウハウかもしれません、あなただから、という人間性かもしれません。
余裕のある方は、自分の価値を棚卸しして臨んでいただければ意外な発見があるかもしれません。
ぜひ、これから商談を控えている方は参考にしていただければと思います。
最後まで、ご覧頂きましてありがとうございました。
もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。
あなたのサイト売買が成功されることをお祈りしております。
 
【あなたにオススメしたい記事】
>>サイト売買の流れとは?初めて買収するときの手順と注意点
>>99%の人はサイト運営のモチベーションが下がるワケ
>>サイト売買(サイトM&A)で比較して安く早く買収するコツ
>>サイト売買(サイトM&A)で売却後に買主よりクレームがきました<実話>
>>サイト売買の方法&やり方7つのステップ!注意点やコツなど(売却編)

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム