fbpx

コラム・お知らせ

【サイト売買の相談】18歳の売り手からの売却相談


先日、無料査定の問い合わせがありました。
「平日は電話に出られないから、土日なら日中の連絡は可能です」とのことで、さぞかし忙しい経営者だろうかと思いながら週末にお電話しました。
すると、売り手は18歳の青年でした。

未成年からの問い合わせ

つい先日、「サイト売買は未成年も取引をしていいのか?思わぬ落とし穴に注意!」というコラムを公開したばかりでした。
ざっくり言うと、仲介会社によっては、会社の方針としてサイト売買ができないところもありますが、サイトマでは未成年でも取引が可能という内容のものです。
それを見てか、見ぬか、リアルタイムに未成年からの売却依頼の問い合わせをいただきました。
最初、売却理由を伺ったところ、「学生で、学校の課題が忙しくなるから」とのことだったので、12月だし卒論に忙しくなるかた思いきや、まさかの専門学生の課題とのこと。
びっくりしました。サイト内容のクオリティからして、学生ではないと勝手に思い込んでいたからです。

サイト運営に早すぎるも遅すぎるもない

何よりもびっくりしたのは、18歳という若さではなく、その若さで稼げる知恵を持っていることへの感心でした。
話によると、初めて作ったサイトらしく、教えてもらいながら作ったとのことです。それにしても、才能があるのでしょう。
仲介会社として感じてることは、大手のWEB制作会社やWEBマーケティング会社に勤めながら、例えばWEB運営の一部分だけに従事するよりも、サイトを1から立ち上げて、記事を書き、運営をしてPDCAを回す方が、はるかにWEB運営としての知識も経験をつくということです。
言い換えれば、一人でサイト運営する方が生きる術を得られるほどだと感じています。
ブログ運営には、お金がないから始められないという言い訳が効きません。チャンスは平等にあります。
高校生でもブロガーにもハッカーにもなれる時代です。
そして、架空のキャラクターを演じれば、何者にでもなれるのです。
なんと夢のある世界なんだろうと、18歳の売り手さんから改めて感じさせてもらいました。

今が始めどき

ここ直近半年のお取引した方では、最少年齢18歳、最高年齢75歳です。
人生100年時代、まだまだ更新されそうな予感がしています。
最近は、2,30代の売り手と、6,70代の買い手というマッチングが多いのですが、サイト運営には、始めるに早すぎるも遅すぎるもないことを感じています。
自分でもいけるのかな?と一歩が踏み出せない方、そんなことはありません。
そう感じている今が、始めどきかもしれません。
売りたい人は無料査定を、買いたい人は案件問い合わせの1歩をぜひ踏み出してみませんか?
ご覧いただきまして、ありがとうございました。
 
【あなたにオススメしたい記事】
>>サイト売買は未成年も取引をしていいのか?思わぬ落とし穴に注意!
>>開催中のサイト売買セミナー
>>サイト売買無料相談会

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム