fbpx

コラム・お知らせ

サイト売買で買収する際に気をつける4つの視点〜資産として運用していく場合〜

「サイトを買ってみたい」
2016年になって、こういった考えをする方が増えているように感じます。また、サイト売買取引でも買収したい人が半数以上を占めています。
しかしながら、サイトを買収する理由は人それぞれです。
 
1、資産として運用していきたい
2、自分の事業を加速させるために
3、ライバルサイトを自分のものにする
4、その他
 
これをご覧になっているあなたは、どれに該当するでしょうか?
今回は、「1、資産として運用していきたい」のケースで注意することや、失敗を未然に防ぐ方法などをお伝えしていきます。
 
※記事が長くなりましたので、2〜3については別ページで解説しております。
>>2、自分の事業を加速させるために
>>3、ライバルサイトを自分のものにする
>>4、そのほか(システム、アクセス、外部リンクに目を向ける)

1、資産として運用していきたい方は、〇〇を考えましょう!

副業だったり、ビジネスオーナーとして活動している方は、資産運用としてサイト買収するケースが多いです。
>>サイト売買を副業で取り組む際のメリットと注意点-サラリーマン編
 
なぜなら、不動産などの投資よりも、ROI(利回り)が良過ぎるからです。

不動産投資は、サラリーマンに有利

不動産投資は、”金持ち父さん”で有名なロバートキヨサキ氏の本が日本に上陸してから、サラリーマンたちの不動産投資が増えた印象です。
実はサラリーマンは、銀行から融資を受けやすいため、不動産投資に手を出しやすいのです。
人によっては、複数の物件を所有し、働かなくても十分の収益があるほどです。
「雇われている仕事は、趣味みたいなもんです。楽しい仕事ですし。」
と、このように語れるスーパーサラリーマン?の方も、珍しくありません。

いまの不動産投資は、割に合わない?

マンション1室を2000〜3000万ほどで購入し、月7万などで貸す。
現状では、こういった投資まで出現し、もはや不動産投資は「いい案件がない」という状況が多いようです。
「とくに都心は、なかなか手を出しにくい」と、投資家の方から聞いたことがあります。
2016年の不動産投資でいいますと、やはりROI(利回り)が10%あれば、なかなか良いという状況ではないでしょうか。

その点、サイトへの投資は利回りがいい

しかしながら、サイトへの投資というのは、利回りが良いのが特徴です。
サイトの値付けにもよりますが、平均してROI(利回り)は60%はかたいです。
案件によっては、利回りが100%を超えるサイトもあります(つまり、年内に投資金額は回収できてしまうわけです。)
非常に魅力的ですよね。
資本があまっている法人は、本業とはまったく異なるジャンルのサイトを購入されていくケースもあります。
それだけ、投資案件としてオモシロイ!という方が、増えている証拠でもあると思います。

サイト投資へのメリットは、こんなものも!

さらに、サイトは不動産とは異なるポイントがあります。それは、「利益に上限がない」ということです。
例えば、4室のアパートを購入し、1部屋7万円で貸すとします。そうなると、「4×7万円=28万円」となりますよね。
 
では、この利益を2倍にするにはどうしたらいいでしょうか・・・?
家賃を2倍にする?これは現実的ではありません。もう1棟購入する?また大きな額を投資する必要がありますよね。
 
では、月に28万円の収益があるwebサイトを2倍にするには・・・?
これは、現実的に可能です。
・ページ数を増やす(アクセス数を増やす)
・CV率をあげる工夫をする
・seo対策をして、検索順位をあげる
・無料のSNSを活用して、拡散させる
・メルマガ等で、コストをかけずに見込み客を開拓していく
 
などなど。
施策はいくらでもあるわけですし、上記のほとんどをコストかけずにアクションできます。
 
2倍どころか10倍の利益になることも夢ではありません。情報空間でのビジネスになりますので、上限がないわけですよね。
(フェイスブックや、LINEなどのネットビジネスが儲かる理由1つでもあります。)
 
それに対して、物理空間での不動産投資に関しては、どうしても限界があります。
以上を考慮すると、いかにサイトへの投資が魅力的かがわかると思います。

注意その1!サイトへの投資をするときに気をつけること

しかしながら、サイト投資へのデメリット面も十分に理解しておく必要があります。
それは、「グーグルという検索エンジン上でのビジネスであること」ということです。
つまり、アルゴリズムがまったくわからない、グーグルという未知の畑で農業を営んでいるという状況なのです。
いきなり、大型の台風がきたり(過去にあったペンギン、パンダアップデートなど)、野生の動物に食い荒らされてしまう(某レンタルサーバーでのワードプレスへの大量スパム)など。
こういったことが起こり、せっかくのサイトが台無しになる、ということも考えられます。ぜったいにない、との保証もありません。
 
ですから、購入の際にこういったリスクを受けやすいサイトか?と見極める必要があります。
しかし、どうしても販売者と購入者だけですと、こういったことは見抜きにくいです。
なぜなら、売却者は売りたいので、良いことしか言わないのです。ですから購入するにしても、必ず業者が仲介をしてることが大切なのです。

注意その2!サイト購入後に気をつけること

これは一概には言えませんが、「過去にサイト運用の経験があった方がいい」ということです。
なぜか?
それは、「サイト企画→立ち上げ→運用→成功」という、一連の流れを経験しておいた方が、買収後の運用に非常に有利だからです。
当たり前の話なのですが、ついつい魅力的な案件を目にしてしまうと、忘れがちですご注意ください。
 
もちろん社長自身に経験がなくても、社員やスタッフで運用できるようであれば、一任してもいいでしょう。
また、買収したサイトジャンル運用に詳しい法人をコンサルにつけたり、代行で運用してもらうという選択もあります。
とにかく、思い切って買ってみたはいいけど、この先どうしたらいいの?という状況は避けておいてほしいのです。
(※割とある話ですから、ご注意いただきたいポイントです。)
 
たとえ購入金額が100万円だとしても、大事な資本を投下していることには変わりません。
不動産のように目の前に形としてあるものではないからこそ、安易な選択をしがちですが、しっかりと先を見据えた購入判断をしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
以上が、サイトを資産として運用していきたい方に向けたメッセージでした。
 
良い案件ほど、多くの人が飛びつきますので、判断力が鈍ることもわかります。しかしながら、そんなときこそ投資家としのて実力が試されているのです。
 
良い案件は、必ずまた出てきます。
「今回は手を出さずに待つ」という選択も、非常に賢いということを覚えておいてください。
 
お読みくださり、ありがとうございました。
 
続きはこちらになります。
>>2、自分の事業を加速させるために
>>3、ライバルサイトを自分のものにする
>>4、そのほか(システム、アクセス、外部リンクに目を向ける)

TOPへ戻る

お問い合わせ・ご相談など
お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

受付時間/9:00~18:00 休業日/土・日・祝

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム