fbpx

サイト買収する前に知るべき記事作成3つのキーワード選定方法とコツ

投稿日:

最終更新日:

サイトを買収する前に知っておきたい記事作成のキーワード選定3つの方法とコツ

「上位表示されているサイトはどうやってキーワードを選んでいるんだろう?」

「基本的なキーワード選定は知ってるけど、アフィエイリターはどうしてるんだろう?」

と、考えたことはないですか?

今回は、サイト売買の仲介だからこそわかる、サイト買収する前に知るべき記事作成3つのキーワード選定方法とコツや、売り手と買い手のやりとりで垣間見える世界も含めて、解説していきます。

ぜひ、最後までご覧いただき、サイト運営の参考になれば幸いです。

キーワード選定の3つの方法とコツ

サイト買収でサイト運営が初心者の方にとっては、キーワード選定が今後のサイト運営の鍵を握るため、身につけないといけないスキルでもあります。

代表的な3つの方法とコツについて紹介していきます。

1.キーワードツール

無料ツールとなり、もしかしたら利用者が一番多いのが、こちらではないでしょうか。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

ツールの検索窓に記事にしたいジャンルやキーワードを入力することで、複合キーワードを含めたキーワードが一覧で表示されます。

キーワード関連取得ツール

実際に、現在Googleで検索されているキーワードが一覧で表示されます。

また、表示されているキーワードをクリックすると、Googleの検索が表示されて、実際のキーワードに関する順位が表示されるので便利です。

Google以外にも、Yahoo!知恵袋などの質問サイトの関連情報も表示されるため、多方面からキーワードに対しての需要が確認できます。

2.Googleの検索エンジン

いつもの検索と同じように、Googleの検索窓にキーワードを入力します。

すると、ページの一番下に入力したキーワードに関連する複合キーワードが表示されます。

よって、ここに表示されている2語目以降からのキーワードと合わせて、記事を書けばよいということです。

Googleの検索エンジン

3.Yahoo!の虫眼鏡キーワード

今度は、Yahoo!を使った検索です。Google同様に、検索窓に対象キーワードを入力する方法です。

Yahoo!虫眼鏡

GoogleもYahoo!も、検索の基本は、需要のある関連キーワードを知ることで、自分が書けそうなキーワードを絞っていくことが目的です。

キーワードをわかったところでも、質の高い記事が書けないと意味がありません。

たくさんあるキーワードの中から、「ニーズがあるキーワード」「自分が書ける内容」に当てはまるものを選ぶとよいでしょう。

コツ①ニーズがあるキーワード

自分が書きたい記事より、読まれる記事が大前提です。自己満足ではなく、誰かの役に立つような興味・関心のあるキーワードを探していきましょう。

そもそもの軸がぶれていると、全体的にぶれてしますので、基本中の基本となります。

コツ②自分が書ける内容

そのキーワードに関して、記事にできるほどの知識や情報を持っているでしょうか。執筆できる内容であれば、意味がありません。

上記の2つが大前提で、そこにプラスして、以下の2つがあればなお良し、です。

コツ③自分が得意な分野

さらに、記事内容が得意なものや経験から語れるものであれば、なお良いでしょう。書けることと、得意なことは、また別問題です。

ただ、知っていることより、できることの方が重要なことと同じです。

コツ④誰も書いていないニッチなコンテンツ

誰もが書いている、似たり寄ったりの記事であれば、差別化されません。

かゆいとろこに手が届くような、「それ知りたかった!」と思わずクリックしていまうようなニッチなコンテンツであれば、尚良しです。

さらに、この2つ「自分が得意な分野、誰も書いていないニッチなコンテンツ」があれば、より上位に表示される可能性が高まるでしょう。

まずは、自分のブログを読んでもらうためにも、「世間の需要を知ること=キーワード選定のスタート」となります。

検索スキルの差は、価値観の差

また、上記のキーワードの選び方以外にも、世の中のトレンドや、人気のツイートを知る方法として、ランキングがわかるアプリは、トレンドブログを書く方にとっては、一般的かもしれません。

先日もスカイプ面談の中で、普段のキーワード選定の話題が出るのですが、衝撃的なことがありました。

トレンドブログ初心者である買い手様は、かつては、紙媒体のメディアで有名な企業にお勤めの方でした。

ニュース番組の芸能ニュースでよく目にする出版社の元記者の方で、今までのネタの追い方は、朝のニュースで知った芸能人のスキャンダルがあれば、足を運んで現場に張り込むということを常識としてされてきたそうです。

そんな買い手様から「記事ネタはどうやって探しているんですか?」と、売り手様に質問にがありました。

売り手様は当たり前のように「ツイッターランキングアプリです」と回答されたのですが、そのアプリの存在や、テレビやYahoo!ニュースより情報が早いという仕組みを知った途端、カルチャーショックのような反応でした。

業界が違えば、常識は違いますが、もはや、スキャンダルを紙媒体や号外の新聞といて見る価値はどこにあるのだろうかと感じた出来事でもありました。

ネット社会がこれほど当たり前になった今、検索スキルの差は、働き方や価値観の違いまでも大きく差をつけるものかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。サイト買収する前に知るべき記事作成の3つのキーワード選定方法とコツについて、解説してきました。

・キーワードツール

・Googleの検索エンジン

・Yahoo!の虫眼鏡キーワード

<おまけ>

・Yahoo!リアルタイム検索 for Twiter(アプリ)

ぜひ、今後のサイト運営の参考にしていただければ幸いです。

最後まで、ご覧頂きましてありがとうございました。

もし宜しければ、「ブックマーク」や「お気に入り登録」をして、何度も読み返して知識としてください。きっと今後も参考になるはずです。

あなたのサイト売買が成功されることをお祈りしております。

 

【あなたにオススメしたい記事】

>>サイト売買の流れとは?初めて買収するときの手順と注意点

>>99%の人はサイト運営のモチベーションが下がるワケ

>>サイト売買(サイトM&A)で比較して安く早く買収するコツ

>>サイト売買(サイトM&A)で売却後に買主よりクレームがきました<実話>

>>サイト売買の方法&やり方7つのステップ!注意点やコツなど(売却編)

uritai7kaitai2

botan

TOPへ戻る

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『サイト買収する前に知るべき記事作成3つのキーワード選定方法とコツ』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

∧ PAGE TOP