fbpx

サイト売買を不動産投資の利回りと比べてみる

投稿日:

最終更新日:

ここ最近、投資先の一つとして、サイト買収を検討される方が増えてきました。

時流もあると思いますが、不動産投資より「リスクが低い」「借金を負う必要がない」「利回りが良い」「資金回収が早い」という点で、徐々に、確実に、サイト買収が広がりつつあります。

めずらしいところでいうと、エンジェル投資家からの資金を元に、一つに全額投資をするのは怖いので、「不動産・株・サイト」という形で資金を分割して検討する方もいらっしゃいます。

不動産投資とサイト投資

何よりも、利回りが大きく違います。

利回りとは、「年間の収入」を「購入価格」で割ったものです。

不動産の利回りは、良くて10%程です。

例えば、仮に1,000万の不動産を購入したとして、年間の収入が100万円だったとします。そうなると、資金回収できるまでに10年掛かります。

しかし、サイトの利回りは平均で50〜60%は固いです。

ということは、わずか2年間で資金回収することも可能です。不動産投資よりも5倍早く資金回収ができます。そういった面で、不動産投資よりもリスクが少なく、利回りが良い投資先として視野に入れる方が増えている背景があります。

利回り=サイト買収額

サイトの利回りが約2年間で資金回収できることから、サイト売却金額も「直近6か月の平均営業利益×20〜24ヶ月」と最近は高くなってきています。こちらも理にかなった市場価格だと納得できます。

ただ、その反面、買収した方は安く買いたいため、交渉が入ります。その結果、着地が17ヶ月や15ヶ月、ジャンルによって10ヶ月など様々ですが、スタート地点の計算式は変わりません。

買収額が変わる要因としては、将来性を考えた時に、上がり調子のサイトなのか、下降一直線のサイトなのかによっても大きく変わってきます。

サイト買収のメリット・デメリット

不動産よりサイト投資が優れている点として、保有することでの維持費がかかりません。

不動産であれば、物件を保有することで修繕費やメンテナンス費が発生します。

また、新たに収入源を増やそうとすると、新たな物件を購入しないといけませんが、サイトであればページを作成するだけです。

その新規作成した1ページが大きく収入を得ることもあるため、サイト買収はやり方によっては、夢のような投資となり得ます。

逆に、利回りが出にくいパターンもあります。それは、「ネット集客」と「買収した事業に対する専門的な知識」がない場合です。

「ネット集客」とは、SEOの知識、ライティングスキル、写真の撮り方など、ネットに特化した集客の知識がないとやはり簡単ではありません。

また、買収した事業に関する専門的な知識がない場合も難しいのは容易にイメージが付くと思います。

例えば、ECサイトを購入したのに、商品の知識はもちろん、仕入れ値の調整や仕入先との調整などある方がアドバンテージが高いはずです。

ポータルサイトを買収したのであれば、例えば掲載店舗を増やすこと(=新規ページが増えること)がサイトの価値であることに理解がなければ難しいはずです。

投資先の一つとして、サイト買収回収を視野に

とはいえ、不動産投資をされる方の属性として、サイト投資に興味にある方は少ないです。実感値ですが、クラシック音楽が好きな方がアニソンを好きになるくらいの確率でジャンルが違います。何を投資先として持つかのステータスに近いかもしれません。

が、そういった方がサイト投資の価値を知らないだけで、知ればやらない手はないことはすぐに理解できます。言わば、時間の問題です。

最近では有名なかぼちゃの馬車の不動産投資の事件もありました。

ベクトルが一気にサイト投資に向いた時に、大きな波が来ると感じています。本質を理解すれば、投資先の一つとして選ばない手はないはずです。

あなたの投資先の検討の参考になれば幸いです。

 

【あなたにオススメしたい記事】

>>サイト売買のたった4つのコツ【買収編】これさえ抑えば成功できる

>>1分で分かるサイト売買の手数料について【買収編】

>>サイト買収を失敗してしまう人の具体的な3パターン

>>サイト売買の方法&やり方6つのステップ!注意点やコツなど(買収編)

>>あなたがサイトを買収できるようになるたった1つのコツ

uritai7kaitai2

botan

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『サイト売買を不動産投資の利回りと比べてみる』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

∧ PAGE TOP