Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

サイト売買,M&Aを成功させるには、いつから何を準備するべきか?

投稿日:

最終更新日:

59b63d7651c8a7004acff923e75f2a00_s

「サイトをすぐに売りたい!」

「はやく〇〇みたいなサイトを買収したい!」

よく相談されるのですが、サイト売買,M&Aはすぐにはできません。

 

サイト案件によっては、それこそ億のお金が一気に動くこともあるのです。

 

なかなか、このような金額を、いきなり明日払う企業はありません。

 

ただし!サイト売買の時間を短縮する方法はあります。それが、今回のテーマである準備についてです。

この記事をお読みいただければ、サイト売買をスムーズに行うために準備期間や準備内容が明確になります。

サイトを売ることを検討されている方はもちろん、買収を考えている方も、ぜひご覧ください。

 

そもそも、サイト売買はどのような流れなのか?

サイト売買では、下記のステップで進むことが一般的です。(あくまで仲介業者が間に入っている前提です。)

 

1、サイト査定、デューデリジェンス(資産査定)

2、販売活動

3、価格交渉&譲渡先決定

4、譲渡契約書作成

5、リーガルチェック

6、サイト移管作業

7、検収

8、サポート期間

9、完了

 

このようなステップがあり、それぞれに専門的な知識が必要になってきます。

とくに価格交渉や契約書では、非常に揉めることもあり、大変なこともあります。弁護士、社労士、税理士、弁理士など、様々なスペシャリストのサポートが必要になるときもあります。

仲介業者をはさむと、かなりスムーズに進みますが、これだけのステップがあるためどうしても時間がかかってしまうのです。

 

だいたいどれくらいの期間をみたらいいのか?

上記ステップを終えるまでには、1〜12か月は見たほうがいいでしょう。

だいぶざっくりしていますが、案件によってはCoC条項(サイト保有者が変わった際、あらかじめ取引先に許可を求める必要がある契約)が入っているものもあり、すべての取引先をまわっていると1年はあっという間です。

ただし今回のテーマである、「サイト売買,M&Aの準備と内容」をしっかり理解して、アクションしていけば、可能な限り時間は短縮されます。

 

1、準備はいつから?!

まず気になる準備開始ですが、結論から言いますと早ければ早いほどいいです。

法人そのもののM&Aになると、それこそ3年前から準備した方がいいのですが、サイト売買,M&Aに関しては事業譲渡に近いため、そこまで時間はかける必要はありません。

また、仲介会社が販売活動をしている間に準備を進めることも可能ですから、おおまかな準備期間として3か月前くらいからはじめておくことをオススメします。

だいたいのサイトであれば、3か月あれば十分です。(その間に仲介会社に案件を依頼しておくと、さらにスムーズにいきます。)

 

もちろん、子会社が保有している1つのサイトとその社員を譲渡する、ということであればまた話は変わってきます。

この場合のコツとしては、準備を派手にしないことです。

何やら社長が書類をまとめている、親会社の社長が頻繁にくる、知らない人(仲介会社スタッフ)がよく会社にくる・・・など、スタッフの疑心を掻立てることはしないことです。

「どうせ、この会社は売られるのだ」と、社員の士気が下がってしまっては、譲渡先の企業が大変苦労し、立て直すことができないかもしれません。

このあたりは、慎重に仲介会社と進めるべきです。決して1人で進めないことです。

 

2、準備する内容は?

例えば、

・アフィリエイトサイトであれば、特別単価の引き継ぎは可能か?ASP担当者に確認しておく

・取引先との契約書を見直して、運営者が変わると不都合が生じるようであれば、内容を検討しておく

・ネットショップであれば店長にノウハウが依存しているケースが多いので、あらかじめ運営マニュアルを作成しておく

 

など、買い手目線になって、先回り先回りで準備されておくことを推奨しています。

(もしわからない場合は、担当の仲介会社スタッフに問い合わせてみるといいでしょう。)

 

ちなみに、準備を考える視点としては、以下のとおりです。

ざっくりと2つの視点から考えてみると、売りたいサイトの準備や、いずれアクションすることなどが見えてきます。

 

サイト内部要素

商品、在庫、商標、ドメインやサーバー、コンテンツ、顧客情報(メルマガ、ログイン情報、送付先住所など)、取引先情報、その他著作権に関わる情報、など。

サイト外部要素

お客、取引先(実店舗がある場合、賃貸している不動産も含む)、スタッフ(外注含む)、ASP、各SNS媒体、など。

 

これらの2つの視点で、あらかじめ準備できるものはしておいた方がいいでしょう。かなりスムーズにいくと思います。

 

また、ここだけの話・・・。

仲介会社スタッフもやはり人間ですから、積極的に準備&アクションをしてくれるサイト売却者に対しては、本気になります。

せっかく縁をつないでくれる仲介会社に全力で動いてもらうためにも、売りたい人の本気度が試されていることもあるのです。

ぜひ1つ1つ積極的な姿勢で、仲介会社とタッグを組んで売却を進めていってください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ざっとまとめただけでしたが、サイト売買の道筋はご理解できたかと思います。

また、時間がかかるサイト譲渡に関しても、あらかじめ準備されていることが1つでもあると、時間短縮になります。

 

ぜひ、サイト売買,M&Aを成功させて、御社の事業発展にお役立てください。

ご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

uritai7kaitai2

botan

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『サイト売買,M&Aを成功させるには、いつから何を準備するべきか?』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

お客様の声


「他にはないサービスだ」と思い依頼。

面倒な作業の代行は全てしてくれたので、気づいたらサイト譲渡が終わってしまう感覚でした。

»»詳しくはこちら

お客様の声


ここまで親切で丁寧なサイト売買業者様は、他にありませんでした。

»»詳しくはこちら

お客様の声

僕のような面倒くさがり屋には、激推しします(笑)

»»詳しくはこちら

お客様の声


とても親身になって対応していただき、また色々相談にも乗っていただきました。

»»詳しくはこちら

お客様の声

株式会社サイトマート
代表取締役 彦坂康太郎さん

安心、納得して購入することが出来ました

資産を増やすためにWebサイトの購入を検討していたところ、サイトマさんで気になる案件があり、購入の依頼をさせていただきました。

取引のやり取りから契約書の作成まで、非常に丁寧な対応をしていただき、安心して取引を進めることができました。

特に、購入者側としては最も気になる収益やアクセスに関する情報等もきっちり情報開示いただけたので、納得した上での購入ができて本当に良かったです。

私は過去に5回ほどWebサイトを購入した経験があります。サイトマさん以外も利用したことがありますが、サイトマさんが最も信頼できました。

サイト売買のプラットフォームを提供している業者はたくさんありますが、購入者と売却者のことを本当に考えて運営しているところは少ないです。そんな中、サイトマさんは貴重なサービスだと感じています。

また機会があれば、是非また利用したいです。

>>毎月限定数の無料査定に申し込む<<

∧ PAGE TOP