サイトは売ろうと思って売れない!サイト売買、サイトM&Aの真実とは?

投稿日:

最終更新日:

サイトM&Aサイト売却サイト売買

「サイトは売ろうと思っても売れない」

これを聞いた限り、「どういうことかな?」と疑問に思いませんでしたか?

今回ご紹介するのは、サイトは売ろうと思っても売れないという事と、どうしたら売れるかという事についてです。

是非、記事の最後まで目を通してくださいね。

制作費100万円のサイトだからといって、100万円で売れるとは限らない

実際こちらの記事をご覧になられている方は、サイトオーナーの方が多いかと思います。

サイトを売ろうとオーナーのあなた自身が思っていても、サイトはなかなか売れません。

どういうことかといいますと、そもそもサイト売買というのは、売り手のあなたと買い手がいます。

重要なのは、ここの間での取引は、「双方が合意をした金額で取引される」ということです。

 

売り手であるあなたが100万円でサイトを売りたいと思っていたとしても、実はこのサイトに買い手さんが「100万円の価値がある」と判断しないケースもあるんです。

どういうことでしょうか?

 

例えば、システムなど組み込んだり、人件費等を換算して、あなたのサイトが100万円で作られたとしましょう。

しかし、なかなか運営がうまくいかず、サイトが立ち上がらない・・・。

そこで、かかったコストを回収したいと思い、100万円で売りたいと思ってもそのサイトに100万の価値を見出して買ってくれる人がいるのか?という話になってきます。

あなた自身は100万円を使ってこのサイトを立ち上げました。

手放す時、準備資金の100万円を回収したいと思って売ったとしても、買い手さんからみたら「100万円」の価値があるかというのは分からないのですね。

(買い手さんからしたら、同じ100万円使うなら、自分がいいと思うサイトを0から作った方がいい、と思うことが多いです。)

サイト売買では、買い手と譲渡金額の折り合いをつける

買い手さんがあなたのサイトを見た時、「素晴らしいサイトだとは思いますが、100万円では買えませんが、50万円なら買ってもいいかな」という話が出たとします。

この時、あなたとしては、どうしても100万円で売りたいわけです。

ですが、色々な買い手さんを探がしても、平均して50万円くらいだったら出しても良いという方が多いとすると、この折り合いをあなたがどうつけていくか?という話になってきます。

 

考え方としては、3つあります。

1、諦めて50万円などで売却し、少しでも投資金額を回収する

2、「絶対に100万円ではないと駄目だ」と、100万円でも買ってくれる新しい買い手さんを探してくる

3、50万円で買ってくれそうな人を説得して、100万円で買ってもらう交渉をする。

 

あくまで考え方ですので、結果的に売却できない、ということも良くあります。

だったら、30万円でもいいから売っておけばよかった、と思うのが人間です。

こういった部分もサイト売買では簡単ではないところなのです。

サイト売却はペンを売るのとは全く違います

たとえばペンを製造して売るとなった時、製造原価が50円だとします。

さらに、人件費、広告宣伝費などを含めると、150円くらいで売らないと利益が出ない計算になるとします。

そうして、メーカー希望価格として、コンビニなどで150円で置かせてもらい、売れ始めて利益が出て大量生産化していくという事が、普通の商品やサービスの提供方法だと思います。

 

しかし、ウェブサイトは、売り手と買い手の双方が納得して、お互い合意した金額で取引が進みます

ペンを売るときとはわけが違います。

極端な話、1円でも合意してしまえば、それで売買が成立します。

ですので、あなたが提示した金額で必ず売れる保証は、まずないと思った方がいいです。

 

つまり、先ほどのペンのように、「これだけコストかかってるんだから、150円じゃないと売りたくないんです!」という思考では、いつまで経ってもサイト売却はできないでしょう。

そうではなく、買い手さんから見て、『これは投資すべき事業だ』という認識を持たれるサイトでないと、あなたの希望だけを押し付けるだけでは、譲渡はできません。

 

いいサイトはつくれる、商品をネットで販売できる、でも、サイトの売却はできない・・・。

こんな人たちをたくさん見てきました。

ここまでお読みいただければわかるかと思います。

そもそも、サイト売買に対する認識が違うと、あなたのサイトは1円でも売却はできないでしょう。

サイト売却専門「サイトマ」では、売却のプロが適正価格で売却をサポート!

上記では、あなたが提示した金額で必ず売れる保証はないと述べましたが、場合によっては、あなたの希望金額より高い金額でサイトが売れる事もあります。

サイトマは、売却専門で行なっておりますので、サイトを拝見させて頂ければ、「市場ではこれくらい(●●円)で取引されているので、これくらい(△△円)で売りに出してみましょう」ということでお話をさせていただきます。

そして、100万円で市場に売りに出してみた時に、予想どおり100万円で手を上げてくれる買収者さんと取引させて頂いているのが現状です。

 

ただ、中には「自分で自分のサイトを売ってみたい!」という方もいると思います。

そういった場合は、サイト売買の市場の金額を観察して、「これくらいで売れるのかな」という目処をつけ、市場の平均に合わせた譲渡金額の提示が良いでしょう。

なぜなら、その方が売却率が圧倒的に高まるからです。

サイト売却における目的・優先順位3つ

サイト売却において、大きな優先順位が3つあります。それは、

1、 金額

2、 時期

3、 買い手の人柄・リテラシー(頭脳レベル)

の3つです。

 

1つ目の金額は、文字どおりです。

できるだけ高く売りたい」、「最低でもこの値段で売りたい」などという事です。

 

2つ目の時期に関しては、「早く売りたい」、「今月以内に売却して新しいことがやりたい」などという方です。

また、入退院を繰り返してサイトのお客様に迷惑をかけているから、1日でも早く売りたいという方も、中にはいらっしゃいます。

 

そして3つ目の買い手の人柄・リテラシー(頭脳レベル)は、その人の人間性であったり、計画的に真剣にサイト購入を考えてくれているかという事です。

なぜ買い手のリテラシー(頭脳レベル)が大事かと言いますと、中には、無計画にサイトを買ってしまい、一切更新をしていないという買い手さんもいらっしゃいます。

焦らず事前にリサーチや、買収判断をしっかりすれば、そういうことはないのです。

 

しかし、頭脳レベルに関しては人それぞれの個人の能力なので否定も肯定もできません。

なかには一切契約書を読まずに、変なサイトを買ってしまった!と、騒ぎ立てる方もいます。

こうなると大変です。詐欺だの裁判だの、あることないこと並び立てますので、精神的にもかなり参ってしまいます。

これも相手の頭脳レベルですので、致し方ないですが、売却前にしっかりと相手を選ぶことも重要です。

 

これだけは覚えておいてください。

優秀な買い手さんに譲渡すれば、必ず社会のためになるのです。

あなたのサイトを、非常に聡明な方に譲渡することができれば、あなたのサイトに来ているお客様・ユーザーに非常に貢献できます

(※逆に契約書が読めない方に譲渡してしまうと、運営マニュアルなども読めないため、サイトをぐちゃぐちゃに壊してしまいます…。)

そのようなことを考えると、買い手の人柄・リテラシー(頭脳レベル)も非常に重要なポイントだと分かりますよね。

 

(※日本人は、とくにこのビジネスレベルが高くない方が多いです。

契約書、ファイナンス、マネジメントなど、ビジネスに長けている方への譲渡が望ましいです。)

 

また、中にはクレーマータイプのお客さんもいます。

すごい金額を出してくれたのに、譲渡してみたらかなりクレームを言ってきたり、譲渡前にも「ああしろ」「こうしろ」とうるさかったりなど、一定数いるのも現実です。

あなたが早く売りたいと考えていると、すぐに交渉してきた人に売却したくなります。

しかし、あなたと買い手さんの人柄や人生観が共通していないと、良い取引はできません。

せっかく譲渡できたのに精神的に追い詰められるということでは苦労しか残りません。

くれぐれも、上記の優先順位の3つがあることを覚えていてください。

サイトは、「売却」するのではなく、「譲る」と考えましょう

サイトを売ろうとする時、上記の3点を考慮し、お互いが納得する契約書を作成して譲渡という形になります。

上記のペンの例のように、製造の原価から考えて店頭に置いて売れた時にどれくらいの利益がでるかという製造・メーカーの発想ではいけません。

そうではなく、自分のサイトを「譲る」と思って頂くと、優先順位の3つ目の「買い手の人柄・リテラシー(頭脳レベル)」というのは非常に重要になってくることが分かりますよね。

 

売却時期も大事で早い事に越したことはないです。

ですが、「譲る」という言葉を考えた時、「焦って譲る」「急いで譲る」という言葉は、おかしな感じがしませんか?

「焦って売る」「急いで売る」ならわかりますが、「譲る」という言葉の深い意味を考えると、やはり慎重に丁寧にサイト売却を進めていくべきなのです。

金額や時期などの優先順位もあると思います。

しかし、「譲渡」という意味をじっくり考えて、慎重にサイト売買をしてほしいと思います。

 

少し精神的なコラムになりましたが、実は本当に重要なことです。

そして、多くの仲介業者や、サイト売買に関わる人が、この部分をオープンにしておりません。

ぜひとも、あなたは慎重に進めて欲しいと思います。

 

uritai7kaitai2

botan

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『サイトは売ろうと思って売れない!サイト売買、サイトM&Aの真実とは?』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-966-862

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

お客様の声


「他にはないサービスだ」と思い依頼。

面倒な作業の代行は全てしてくれたので、気づいたらサイト譲渡が終わってしまう感覚でした。

»»詳しくはこちら

お客様の声


ここまで親切で丁寧なサイト売買業者様は、他にありませんでした。

»»詳しくはこちら

お客様の声

僕のような面倒くさがり屋には、激推しします(笑)

»»詳しくはこちら

お客様の声


とても親身になって対応していただき、また色々相談にも乗っていただきました。

»»詳しくはこちら

お客様の声

株式会社サイトマート
代表取締役 彦坂康太郎さん

安心、納得して購入することが出来ました

資産を増やすためにWebサイトの購入を検討していたところ、サイトマさんで気になる案件があり、購入の依頼をさせていただきました。

取引のやり取りから契約書の作成まで、非常に丁寧な対応をしていただき、安心して取引を進めることができました。

特に、購入者側としては最も気になる収益やアクセスに関する情報等もきっちり情報開示いただけたので、納得した上での購入ができて本当に良かったです。

私は過去に5回ほどWebサイトを購入した経験があります。サイトマさん以外も利用したことがありますが、サイトマさんが最も信頼できました。

サイト売買のプラットフォームを提供している業者はたくさんありますが、購入者と売却者のことを本当に考えて運営しているところは少ないです。そんな中、サイトマさんは貴重なサービスだと感じています。

また機会があれば、是非また利用したいです。

>>毎月5サイト限定の無料査定に申し込む<<

∧ PAGE TOP